ケースワーカーの仕事の年収・やりがい・本音

お金を稼ぐ方法ネット>>お金の悲喜>>ケースワーカーの仕事の年収・やりがい・本音

ケースワーカーの仕事の年収・やりがい・本音

ケースワーカー 仕事の年収・月収

ケースワーカーとは、病気の患者さんや障害をもつ人やその家族、1人暮らしの高齢者など、困難に直面し困っている人の相談に乗り、救済措置を採る仕事です。福祉事務所や老人福祉施設、養護施設、精神保健福祉センターなどで働く場合が多いです。児童相談所も職場の一つです。ケースワーカーとして仕事をした場合の年収はおよそ300万円からと言われています。月収は職階に左右されますが、公的機関に勤務することが多いので、比較的に安定収入となります。経験年数に応じた収入であることが多く、経験に応じ年収が上がる可能性があります。

スポンサードリンク

ケースワーカーの仕事は、消える職業?消えない職業?

ケースワーカーとひとことで言っても、対象とする相手によって幅広い種類の仕事があります。高齢者、自動、障害者などそれぞれ専門に担当することがほとんどです。社会福祉に携わる仕事なので、将来的に消える職業ではないですが、ケースワーカーとして安定して仕事をするには専門的な勉強と採用試験突破が不可欠です。ケースワーカーとしての適性および能力が認められれば、順調に出世することができるでしょう。

ケースワーカー 仕事の将来性・安定性

ケースワーカーとしての資格と経験があれば、将来性・安定性は高いです。ただし、一人前のケースワーカーになるまでには競争率の高い試験を突破する必要がありますし、採用後も常に知識や判断力を磨く必要があります。法的知識と適切な判断力を身につけることができれば、経験年数に応じて職階があがり、部下を指導監督する管理職になることができます。

ケースワーカー 仕事のやりがい・本音

ケースワーカーの仕事のやりがい・本音は、社会福祉という非常に重要かつ社会的意義のある仕事に日々携わることができる点にあります。困難な状況にある相談者を救い行政の支援を提供する重要な仕事です。社会福祉に対する情熱があり、奉仕の精神にあふれた人物に向いています。悩みや障害を抱えた人を支えることはケースワーカーの最大の仕事のやりがいと言えるでしょう。

ケースワーカー 仕事の良い点

ケースワーカーの仕事の良い点としては、経験によって仕事の幅が広がる点です。さまざまな関係者、特に医療従事者や行政との折衝や連携が求められます。社会的弱者である相談者の支えとなる、大変やりがいのある仕事です。個人との接点が多く、社会的意義が大きいのはケースワーカーの仕事の良い点と言えるでしょう。専門職であることから、ステップアップの機会も多くありますので大きな夢を描くことができます。

スポンサードリンク

ケースワーカー 仕事の悪い点

ケースワーカーの仕事の悪い点は、すぐには解決できない複雑な問題に取り組む点です。病気や障害、貧困などの重いテーマに接する仕事であり、感情に流されず冷静に判断することが求められます。ケースワーカーをの経験があれば、特定の分野において専門性を高め長期的に働くことができます。経験や専門知識を生かして、地域を問わず転職が可能です。

ケースワーカー 仕事の内容

ケースワーカーの仕事の内容は、幅広く専門性が必要になってきます。例えばケースワーカーの仕事は細分化され、それぞれに異なる専門性が必要です。社会福祉といっても、支援する相手によって必要とされる知識は異なります。いずれにせよ与えられた職務を全うし、相談者の課題解決に貢献することが非常に重要です。責任感がしっかりある人物かどうか、奉仕の精神があるかどうか、専門知識の勉強などはケースワーカーの仕事をするにあたって大切です。

ケースワーカー 仕事に必要な資格

ケースワーカーの仕事に就くには、専門の勉強をして社会福祉主事の資格を取得した上で自治体の地方公務員採用試験に合格する必要があります。競争率は高く、多くのケースワーカーは採用試験対策のための学校に通って準備をします。採用試験を突破し、希望の自治体に採用されることがまず第一関門です。ケースワーカーとして仕事をするには、試験勉強とともに人格および判断力が問われます。公務員で安定しているから、などの安易な志望動機ではもし合格して採用されたとしてもその後の勤務に耐えることはできないでしょう。

ケースワーカー 仕事に必要なスキル

ケースワーカーの仕事に必要なスキルは、専門知識と熱意です。社会福祉に携わりたいという強い思い、奉仕精神があることが大前提でしょう。いずれにせよ、医療や行政とのチームワークが求められ、チームメンバーをとりまとめる統率力がある、円滑なコミュニケーションが可能、などは必須です。常に法律知識を新しくしながら、精神力、判断力を磨くこと、複雑な課題に接しながらも心身ともに健康を保つことはケースワーカーの仕事に必要なスキルです。

ケースワーカー 仕事のまとめ

ケースワーカーの仕事は、社会的弱者を支援する重要な仕事です。ケースワーカーという職種は知識、経験を積めば安定性が高く将来的に消えない職業です。相談者を支え、社会福祉に貢献するためには実務経験が欠かせません。ケースワーカーとして一人前と認められるにはある程度の経験年数が必要になります。志を高く持って、まずは資格取得のためそして採用試験突破のためにがんばりましょう。

スポンサードリンク

ケースワーカーの仕事の年収・やりがい・本音に関連する記事

人気記事ランキング