介護福祉士の仕事の年収・やりがい・本音

お金を稼ぐ方法ネット>>お金の悲喜>>介護福祉士の仕事の年収・やりがい・本音

介護福祉士の仕事の年収・やりがい・本音

介護福祉士 仕事の年収・月収

介護福祉士の収入は、他の職業に比べてやや低い水準となっています。具体的には、平均で年収250~400万円程度、月収でも15~17万円と、全国平均とくらべても水準の低さは否めません。
介護福祉士は国家資格となります。そのため、収入には介護福祉士の資格手当が付く場合があります。それに加えて休日割増や夜勤手当などで収入の底上げを行うことが出来る分、ヘルパー2級などと比べると若干高い水準となりますが、それでも低い水準であることは確かです。

スポンサードリンク

介護福祉士の仕事は、消える職業?消えない職業?

とある雑誌の記事で、『30年後に残る仕事、消える仕事』という特集が組まれたことがあります。その中で介護福祉士は『ロボットにはやってほしくない仕事』として紹介されています。やはり介護の仕事は、人間にやってほしいという本音があるようです。
また、日本は現在高齢化が問題となっており、介護が必要な人の数が増加傾向にあります。その流れの中で、介護福祉士へのニーズも高まっているという現状があります。
そういったことから考えると、介護福祉士は消えない職業といえます。消える職業となることなく、残り続けていくものと思われます。

介護福祉士 仕事の将来性・安定性

安定性に関しては、難しい部分があります。介護業界の職業の中でも比較的重要な役割を与えられる機会が多いようですが、やはり収入の低さがネックとなって離職する人が多いようです。一方では常に人手不足の業界ですから、たとえ職を失ったとしても介護福祉士としてなら次の職場を探しやすいというメリットもあります。
将来性に関しても同様です。介護業界の人手不足に加え、近年では介護報酬の見直しや、介護福祉士の採用数に応じて施設に補助金を出す制度等もできつつ有り、必然的に介護福祉士へのニーズが高まっています。
収入面から考えるとまだまだ将来性が高いとは言えませんが、介護福祉士の国家資格を取得しておけば、少なくとも職に困ることはないでしょう。その意味では、将来性は悪くないといえます。

介護福祉士 仕事のやりがい・本音

介護福祉士の仕事は、突き詰めていくと、『誰かの役に立つ仕事』です。介護福祉士の仕事をしていると、利用者から『ありがとう』と言われたり、深々と頭を下げられる機会がとても多いといいます。そのような機会がある職業というものは中々ありません。これは介護福祉士ならではのやりがいといえます。
また、自身が介護に入っていることが、その利用者の笑顔を引き出すケースもあります。そういった瞬間、介護福祉士の人はなにより強いやりがいをえることが出来るといいます。高齢で痴呆症の利用者が、こちらが飾った花を見て『きれい……』と笑顔を見せてくれた時に、この仕事をしていてよかったと思えたと、体験を交えて本音を語ってくれる人もいます。

介護福祉士 仕事の良い点

現在、介護業界は常に人手不足に悩まされているのが現状です。そのため国家資格の介護福祉士さえ取得しておけば、簡単に職場を変えることが出来、異いろいろな職場を経験して自身にぴったり合った職場を探すことが出来ます。これは良い点といえます。
また、介護業界そのものが、現在では成長産業と捉えられています。低水準の収入も見直され、正社員の介護福祉士も増加傾向にあります。そういった、業界の成長を肌で感じる事ができるのも、介護福祉士の良い点の一つといえるかもしれません。

スポンサードリンク

介護福祉士 仕事の悪い点

常に人手不足でニーズがあり続けるといえば、逆に言えば離職する人が多いということです。低水準の収入や、その割に体力的、精神的な負担が大きいなど、理由は色々とありますが、長く続けには難しい職業といえるかもしれません。それは悪い点といえます。
また、職場が24時間体制で業務を行っている場合がほとんどであり、そこで働く介護福祉士は必然的に夜勤などのシフトを余儀なくされます。不規則な生活や体力的に厳しい仕事を繰り返す中で体調を崩す人が出てくるケースもあり、その点は介護福祉士の悪い点といえるでしょう。

介護福祉士 仕事の内容

介護福祉士の仕事は、日常生活が困難な高齢者や障害者などに対し、食事や入浴、排泄などの身体介護を行うのが仕事です。介護だけでなく、要介護者の家族が介護を行う場合のアドバイスや相談なども大切な仕事となります。
具体的には、食事や排泄、衣服の着脱などの介護を行う『身体介護』、日常的な家事全般を援助する『生活援助』、家族や介助者に対しアドバイスを行う『助言、・相談』、家族や近隣の人たちと良い関係が築けるように支援する『社会活動支援』が挙げられます。
比較対象にホームヘルパーがよく挙げられますが、ホームヘルパーが公的資格なのに対し、介護福祉士は国家資格です。仕事内容はほぼ変わらないのですが、ホームヘルパーに比べて介護福祉士の方が、就職や収入面において有利と言われています。

介護福祉士 仕事に必要な資格

介護福祉士のになるには、介護福祉士の国家資格を取得する必要があります。取得するには養成施設を卒業するか、実務経験を3年以上積んだ上で、国家試験に合格する必要があります。
2015年に制度の変更があり、養成施設に通っていても国家試験の受験が必要不可欠になりました。現在はちょうど移行期であり、養成施設では旧カリキュラムと新カリキュラムが同時に進行している状況です。

介護福祉士 仕事に必要なスキル

まずなによりも、正しい介護技術を身に着ける必要があります。介護福祉士は、時に家族や介助者の相談にのるケースがあり、その場合は正しい介護知識がなければ相談に乗ることが出来ません。また、正しい介護知識は、過酷な身体的負担を和らげ、自身の身体を守ることにも繋がります。
また、コミュニケーションスキルも重要です。相手の声に耳を傾け、相手が何を求め、何を考えているのかを的確に掴み、相手のことを主もいやる気持ちは重要です。
意外なところで、冷静に物事を見る目も大切です。相手の話に耳を傾けるだけでなく、冷静に物事を判断して助言をしたり、客観的に記録に書くなど、冷静に物事を見つめる機会が多いのも特徴です。

介護福祉士の仕事のまとめ

過酷な職業で、その上収入が低く、離職者が多くて人手不足という、とても苦しい立場に立たされているのが介護福祉士という職業です。
ですが、現在は介護業界の盛り上がりと政府の呼びかけや政策により、その立場も若干向上しつつあります。今まさに伸びてきている職業が、介護福祉士なのです。
また人手不足であるということは、職に就きやすいというメリットでもあります。国家資格が必要な資格ではあるのですが、その分取得してしまえば職に困ることもないでしょう。業界全体が、今まさに改善しつつあるとまとめることが出来そうです。

スポンサードリンク

介護福祉士の仕事の年収・やりがい・本音に関連する記事

人気記事ランキング