介護支援専門員の仕事の年収・やりがい・本音

お金を稼ぐ方法ネット>>所詮この世は金と愛>>介護支援専門員の仕事の年収・やりがい・本音

介護支援専門員の仕事の年収・やりがい・本音

caremane

介護支援専門員 仕事の年収・月収

介護支援専門員の収入は、年齢や働き方によって大きく変わります。
具体的に見た場合、平均の年収は370万円、月収では約26万円というデータがあります。
他の職業に比べ、基本給がやや安く設定されており、その分手当て等が高額に設定されている傾向があります。そのため、収入が高くなる傾向があるようです。介護職の収入は比較的低い傾向がある中で、介護支援専門員の収入は決して悪く無いといえます。

スポンサードリンク

介護支援専門員の仕事は、消える職業?消えない職業?

介護支援専門員の仕事は、介護が必要な要介護者の方の相談にのり、介護サービスを紹介することがメインといえます。今後は社会の高齢化にともなって介護事業も必要不可欠な時代に突入するため、介護支援専門員という仕事は決して消えない職業ということが出来ます。特に、きめ細やかな相談やケアは、日本人が得意な分野の一つです。その意味でも、介護支援専門員の仕事は決して日本から消える職業となることはないでしょう。

介護支援専門員 仕事の将来性・安定性

安定性は、その働き方によります。正社員として働いている人であれば安定した収入が機体できますし、パートなどの非正規の職員として働いている場合は、決して安定しているとはいえないでしょう。
将来性に関してですが、中々判断の難しいところがあります。今後の高齢化社会から考えると、それを司る介護支援専門員の将来性は高いといえるでしょう。ですが、今後生き残っていく介護支援専門員は、相談者の相談に真摯に取り組み、適切なプランを立てて介護サービスを紹介出来る介護支援専門員のみと言われています。単に介護サービスと要介護者をつなぐだけの介護支援専門員の場合、今後はコンピュータに職を奪われてしまう可能性も指摘されています。その事から考えると、真摯に仕事に取り組まないかぎり、決して将来性は高いとはいえないかもしれません。

介護支援専門員 仕事のやりがい・本音

高齢の方や要介護者の方たちの中には、介護がなければ日々の生活すら難しい人たちもいます。そういった人たちの力になり、適切な介護サービスを紹介することで、要介護者の日々の生活を支え、利用者に喜んでもらえた時、なにより強いやりがいを感じるという介護支援専門員の方は多いようです。
また、中には介護サービスを受けることに抵抗を覚える人もいます。そういった人たちが、自分が必死に考えたプランを受け入れ、介護サービスを受け入れ、イキイキとした毎日を過ごしているのを目の当たりにしたとき、より強いやりがいを感じる……という本音を持つ介護支援専門員の方もいるようです。

介護支援専門員 仕事の良い点

介護支援専門員の仕事のキモは、相談者の悩みに応じた介護プランを立て、相談者の力になってあげることです。そのため、相手からの感謝の言葉を受け取りやすく、それがやりがいの一つに繋がります。これは、人の役に立ちたいと思っている人にとっては、とても良い点となるでしょう。
また、介護支援専門員は介護業界の中でもポジションの高い職業です。収入が低いと言われている介護業界の中でも、比較的高い水準の収入を得ているのはそのためです。介護業界に進みたい人であれば、日々の収入が上がるという点は、良い点であるといえます。

介護支援専門員 仕事の悪い点

いかに介護職の中でも収入が比較的高いといえども、やはり全体平均で見た場合はそれほど収入が高い部類ではなく、自身の家族を養うのも一苦労という方は多いようです。特に介護職員に比べて大きな責任を背負っている立場でありながら、収入がそれに見合わないケースが多いようで、その点は悪い点といえます。
また、介護保険制度が5年ごとに更新されるため、その制度の変化についていき、臨機応変に立ちまわる必要がある点も、悪い点といえます。中には、その制度の変更についていくのがやっと……という方もいるようです。

スポンサードリンク

介護支援専門員 仕事の内容

端的に言うと、お年寄りと介護保険サービスをつなぐのが介護支援専門員の仕事です。比較的最近に出来た職業で、大きく分けて『介護相談』『介護プランの作成』『要介護認定の書類作成代行』に分かれます。
ご本人やご家族、地域包括支援センターから依頼が入ったところから、介護支援専門員の仕事はスタートします。本人や家族と面談を繰り返し、かかりつけの病院や介護サービスと連携をとって、本人にとってもっとも適切な介護プランをたてて、介護サービスを紹介します。
相談者が新たに介護保険サービスを利用したい等の場合は、新たに要介護認定の手続きが必要になりますが、書類作成には専門知識がどうしても必要なため、その申請書類の作成を代行する場合もあります。

介護支援専門員 仕事に必要な資格

介護支援専門員になるには、介護支援専門員実務研修受講試験に合格する必要があります。各都道府県が実施している試験で、毎年一度、10月に実施されます。
この試験に合格するためには、保険、福祉、医療に関する国家資格を持ち、5年以上、900日の実務経験が必要になります。そのため、介護支援専門員になるには、まずは介護職について、経験を積むことが必須です。
また、国家資格を持ってなくても老人福祉施設や在宅介護業務などで5年から10年の実務経験があれば、受験することは出来るようです。ただし認められるのは実務経験のみで、家族の介護経験などは含まれません。

介護支援専門員 仕事に必要なスキル

まずは、コミュニケーションスキルが必要なスキルと言われています。介護を受ける人からの相談を受け、適切なプランを組み、介護福祉士や理学療法士と円滑な連携を組むためには、コミュニケーションスキルは必要不可欠です。
また、介護支援専門員の仕事には、書類作成や給付管理といった事務仕事がとても多いので、事務処理能力のスキルも必要なスキルといえます。テキパキと素早く事務処理を行うスキルは絶対に必要なスキルといえます。

介護支援専門員の仕事のまとめ

今後、介護を必要とする人は絶対的に増えてきます。そのため、介護支援専門員の需要は今後も伸び続けることでしょう。今現在も、人手不足の状況が続いているようです。
介護支援専門員の仕事は、ダイレクトに人の役に立つ仕事で、強いやりがいを得ることの出来る仕事です。確かに収入が低いというのは悪い点ですが、それをおぎなって余りあるやりがいに魅入られて、この仕事を続けている人も決して少なくありません。
まだまだ生まれてばかりの職業ゆえの苦労も多いですが、今後も重要度はとても高い職業とまとめることが出来ます。利用者の相談に真摯に耳を傾ける介護支援専門員になることができれば、なにより強いやりがいを感じながら仕事に取り組む事ができるでしょう。

スポンサードリンク

介護支援専門員の仕事の年収・やりがい・本音に関連する記事

人気記事ランキング