カーデザイナーの仕事の年収は1000万円。やりがいは自分がデザインした車を街で見かけること。

お金を稼ぐ方法ネット>>仕事・資格の年収>>カーデザイナーの仕事の年収は1000万円。やりがいは自分がデザインした車を街で見かけること。

カーデザイナーの仕事の年収は1000万円。やりがいは自分がデザインした車を街で見かけること。

カーデザイナーの仕事の年収・月収

カーデザイナーの仕事の年収や月収は、所属している企業やデザイン事務所の規模にもよりますが、どちらにおいても専門職としての地位が認められつつありますので、30歳代で700万円前後の年収を得ている人もいます。一般的な初任給は、月収20面円程度ですが、フリーとして独立して起業した場合には、年収1000万円を超える人もいます。

スポンサードリンク

カーデザイナーの仕事は、消える職業?消えない職業?

日本を代表する自動車メーカーのトヨタの売り上げは、毎年世界の上位にランクインしていることや、これからは新しい燃料を使ったタイプの自動車の供給が求めれられていく事からもわかるように、自動車業界の需要は今後も安定していると言えます。カーデザイナーはそこで活躍する仕事ですので、消えない職業として存在し続けるでしょう。

カーデザイナーの仕事の将来性・安定性

これまでデザインしてきたガソリン車に加えて、今後はハイブリッド車や電気自動車、あるいは水素自動車など、カーデザイナーの手がけなければならない分野はどんどん広がっていっています。このことからもカーデザイナーの仕事の将来性は非常に高いものであるので、それに伴ってカーデザイナーの仕事の安定性もますます増していく仕事であると言えます。

カーデザイナーの仕事のやりがい・本音

自分がデザインを手がけた自動車が製品として売り出され、世間から評判を得た時にカーデザイナーとしての仕事のやりがいを感じる事ができるでしょう。また自分がデザインした車を街で見かけると、とても誇らしくなるそうです。

また、一台の自動車のデザインを作り上げるまでには、技術者やマーケティングスタッフとのたび重なる討議を重ねることが必要ですので、みんなで力を合わせて完成した時にやりがいを感じる事ができますが、この点が大変だと言う本音も聞かれます。

カーデザイナーの仕事の良い点

カーデザイナーの仕事の良い点は、自分の好きな「自動車をデザインする事」で、収入を得ることが出来る点です。自分のデザインが好評で、その車が売れれば年収もどんどんたかっくなり、関係する人たちと気持ちよく楽しくコミュニケーションできること。

また、自動車のデザインのモデルチェンジは、一定の期間で常に行われているものなので、仕事の受注が切れ目なく行われる点もあげられます。さらに、自分がデザインした自動車が街中を走る様子を見ることが出来るのも良い点としてあげられます。

カーデザイナーの仕事の悪い点

カーデザイナーの仕事の悪い点は、基本的に自動車のデザインのモデルチェンジが半年に一回のペースで行われるので、コンスタントにデザインを考え続けなければならないという点です。

しかも、自分のデザインが選ばれるためには厳しい競争を勝ち抜かなくてはなりません。デザインが採用されないと評価も年収もだだ下がります。また自動車メーカーの仕事以外は開発業務にまでは携われない。
また、納期のある仕事なので、納期が迫ってくると仕事を家に持ち帰ったり、徹夜仕事が続き、仕事の事が頭から離れない点も、カーデザイナーの仕事の悪い点にあげられます。

スポンサードリンク

カーデザイナーの仕事の内容

カーデザイナーの仕事の内容は、自動車やオートバイ、あるいは自転車などの乗り物のデザインをすることです。しかし、自動車などは外観だけをデザインすれば良いのでなく、素材や機能性を考え、内装などのインテリア部分も含めて、すべてを考慮したしたデザインをしなければならないので、幅広い知識が必要とされる仕事です。

具体的な仕事内容は、カーデザインの企画(車両設計コンセプトや外内装造形、外国車の動向チェツク)、手描きやパソコンでアイデアスケッチ、プレゼンテーション、コンセプト論議、図面化(CADなど) 材質や色等の選定、エンジニア・設計•生産部門との折衝など。他にも新車の評価。雑誌の執筆。

カーデザイナーの仕事に必要な資格

カーデザイナーの仕事に必要な公的な資格はありません。しかし、自動車をデザインするには、外観ばかりのデザインばかりでなく、エンジンの構造や機能に対する知識も持っていなければならないので、大学や短期大学、あるいは専門学校などで、美術やデザイン学の勉強だけでなく、自動車関係の機械工学の勉強をしておくことも必要です。

カーデザイナーの仕事に必要なスキル

カーデザイナーの仕事に必要なスキルは、デザインに対する基礎知識だけではなく、他には見られない特徴的な発想力とセンススキルです。さらには自動車の外観のデザインだけでなく、環境に配慮したり、空気抵抗を少なくして燃費の向上を目指す必要性が求められていますので、それらの方面の知識も必要になってきています。

カーデザイナーの仕事のまとめ

毎年のように行われている各自動車メーカーの新車発表会では、いつも目を惹きつけるような自動車が展示されており、その中には時代を代表するようなデザインになるものもあります。これは洋の東西を問わず、製造から数十年経っても「往年の名車」として、多くのマニアから愛される自動車になっています。これからもそんなデザインを生み出すカーデザイナーが求められるでしょう。

スポンサードリンク

カーデザイナーの仕事の年収は1000万円。やりがいは自分がデザインした車を街で見かけること。に関連する記事

人気記事ランキング