カーディーラー営業の収入・平均年収は400万円から500万円。特約店契約を結ぶメーカーの車や保険などを販売するのが仕事

お金を稼ぐ方法ネット>>お金の悲喜>>カーディーラー営業の収入・平均年収は400万円から500万円。特約店契約を結ぶメーカーの車や保険などを販売するのが仕事

カーディーラー営業の収入・平均年収は400万円から500万円。特約店契約を結ぶメーカーの車や保険などを販売するのが仕事

自動車を購入する店にはディーラーと一般の販売店の2種類がありますが、新車の購入先としてはディーラーの信頼性が最も高いものです。

そんなカーディーラーで働く営業職について、収入や仕事の大変さを解説していきます。

スポンサードリンク

1.特約店契約を結ぶメーカーの車や保険などを販売

自動車には複数の販売ルートが存在する中で、トヨタや日産・ホンダといった特定のメーカーと特約店契約を結ぶカーディーラーは全国に販売網を持っています。

そうしたカーディーラーは新車だけでなく中古車も扱っており、自動車販売とアフターサービスが事業の大きな2本の柱です。

したがってカーディーラーに勤務する社員にも販売担当の人と整備担当の人に大きく分かれ、事務を担当する社員も含めてそれぞれ仕事内容が違ってきます。

このうち新車や中古車の販売を担当する営業職の社員は特約店契約を結んでいる自動車メーカーから車を仕入れ、さまざまな手段を使って顧客に対する営業を行うのが主な仕事です。

カーディーラー営業の仕事内容はそうした自動車の販売だけでなく、顧客に点検を勧めたり自動車保険の契約を行ったりするような仕事も含まれます。

ショールームに展示する車両の清掃から展示会・商談会の企画まで、営業の仕事は多岐にわたります。

具体的な仕事内容は、ショールームお客様対応。新車や中古車の販売 、付随商品の販売。車検、点検整備の獲得と見積り交渉。車両や整備に関するクレームに対応、納車や引き取り。自動車保険、生命保険販売。顧客情報管理も大切。JAF契約、自社関連クレジットカード販売、携帯電話販売、自動車関係の商品全て販売(タイヤ・バッテリー・エアコンフィルター・添加剤・ドライブレコーダー・ボディーコーティングなどなど無数)にはすべて目標、ノルマがある。

2.整備士より平均年収は高いが営業成績によって収入に差

カーディーラーに勤務する社員の中でも整備を担当する人は初任給が18万円から20万円程度と見られるのに比べ、営業職の社員は20万円から23万円程度と初任給も高くなっています。

それほど学歴を問われない整備職に対して営業職は大卒者が大半という採用事情が初任給の差に影響している面もありますが、そうした給料の差は平均年収にも反映されるものです。

カーディーラーの整備職には基本的に毎月決まった給料が支給されるのとは違って、営業職の社員には基本給プラス歩合給の給与体系が採用されるのが一般的です。

自動車の販売台数や保険加入実績といった営業成績に応じて給料が増える仕組みのため、好成績をマークしている社員と成績の振るわない社員の間ではどうしても給料に差が出てきます。

カーディーラー営業職全体の平均年収は400万円から500万円と推定されるだけに会社員の平均を上回る水準ですが、営業成績の高い社員がこの数字を押し上げているというのが実状です。

3.営業ノルマが厳しく離職率が高い傾向

営業が得意な人なら給料を増やすことも可能だとは言え、自動車は1台数百万円するのが当たり前というほど高額な商品だけに、そう簡単に売れるものではありません。

営業が得意な人と苦手な人で売上に大きな差が見られ、営業成績の低い人は給料が少なくなるばかりでなく精神的にもきつい思いをすることになります。

どのカーディーラーでも営業ノルマが厳しい点はある程度共通しており、目標とする自動車販売台数や売上の数字が1人1人に課されてくるのです。

大半の顧客は土日祝日の休みに自動車購入を検討するため商談に訪れるとあって、カーディーラーの店舗は休業日を平日に設定しています。

営業の仕事の厳しさはどの企業でも共通する部分がありますが、以上2つのマイナス要素が重なるカーディーラー営業は結果を出せない人にとって続けるのが難しい仕事です。

離職率が全般に高いことから、営業職の求人を頻繁に出しているカーディーラーも少なくありません。

スポンサードリンク

4.好成績を記録すれば高収入と達成感が得られる仕事

営業の仕事が得意な人というのはたいていコミュニケーション能力に優れ、状況に応じて臨機応変に対応できるような思考の柔軟性も兼ね備えているものです。

現在カーディーラーの営業職として活躍している人も、入社してすぐに好成績をマークした人ばかりではありません。

営業の仕事を通じてコミュニケーションスキルを高め、仕事のさまざまなノウハウを1つ1つ学びながら成長していった結果がそうした人たちの営業成績に結びついているものです。

カーディーラーの営業ノルマは確かに厳しいですが、そうした能力を身につけた人にとってはノルマの数字目標が仕事に取り組む大きなモチベーションとなっています。

努力の甲斐あってノルマを達成できたときは充実感も人一倍大きく、しかも営業成績が給料アップへとストレートに反映されていく点も営業職ならではの魅力です。

有名な海外メーカーの高級車を取り扱うカーディーラーの営業マンでは、年収1000万円以上を稼いでいる人もいます。

5.資格が不要の営業職は大卒以上の学歴が採用条件

カーディーラー営業の給料に反映される歩合給は売上金額に比例して増えるため、1台当たりの単価が高い高級車の販売を手がける営業マンほど営業成績が高年収につながりやすいものです。

特約店契約を結んでいる自動車メーカーによってもカーディーラー営業の年収に差が見られますが、単価が比較的低い軽自動車を扱う場合でも数を売れば好成績に結びつけられます。

そうした営業のノウハウはカーディーラーに就職して実務経験を積みながら身につけるのが一般的で、営業職として就職するのに必要な資格なども特にありません。

どのカーディーラーでも営業職の採用条件には大卒以上の学歴を挙げているとは言え、有名大学の出身でない人でも就職のチャンスは十分にあります。

大手自動車メーカーの正規代理店となっているほどのカーディーラーは福利厚生が充実しており、自動車を購入する際に最大20%程度の社員割引が受けられる点も見逃せません。

離職率は高いが、成績と経験により高収入を得られるカーディーラー営業

営業の仕事には向き不向きがあるため、努力すれば誰でも好成績をマークできるとは限りません。

この仕事を長く続けている人はカーディーラー営業の仕事に対する適応力を持ち、経験を重ねるほど平均以上の高収入を得ています。

そのような人は顧客からの信頼も厚いため、末永く良好な関係を続けて営業成績に結びつけているのです。

スポンサードリンク

カーディーラー営業の収入・平均年収は400万円から500万円。特約店契約を結ぶメーカーの車や保険などを販売するのが仕事に関連する記事

人気記事ランキング