自動車組立工の仕事の年収・やりがい・本音

お金を稼ぐ方法ネット>>仕事・資格の年収>>自動車組立工の仕事の年収・やりがい・本音

自動車組立工の仕事の年収・やりがい・本音

car-assembly-worker

自動車組立工の仕事の年収・月収

自動車組立工の仕事の月収や年収は、働いている人の立場や勤めている企業の規模にもよります。自動車組立工の仕事には、期間工と言って、半年間などの短期間に集中して働く立場の人がいますが、この人たちの月収は40万円近くになることもあります。一般的な正職員の場合だと、40代で月収30万円程度、年収は600万円程度です。

スポンサードリンク

自動車組立工の仕事は、消える職業?消えない職業?

現代社会では、ガソリン燃料の自動車の燃費を向上させたり、排出ガスの少ないハイブリッドカーや電気自動車などが注目され、自動車業界はそれらの製造に追われている状態です。そのため、自動車製造の根幹を担う自動車組立工の仕事の重要性はますます高くなり、消えない職業としてこれからも存在し続けることは確かなことです。

自動車組立工の仕事の将来性・安定性

自動車産業は今、ハイブリッドや電気、水素など、ガソリンに変わる新しい燃料を使う自動車の開発に各社でしのぎを削っています。他にも、自動走行や自動停止など、自動車に求められる性能には留まることがありません。そのため、自動車組立工の仕事はこれからも多くの需要が見込まれ、その将来性と安定性は確固たるものがあるでしょう。

自動車組立工の仕事のやりがい・本音

自動車組立工の仕事のやりがいは、同じセクションの仲間と力を合わせて、一台の自動車を完璧に完成することができた時に感じることができるでしょう。週単位で出荷ノルマなども設定されていますので、その達成にも満足感を感じることができます。ただそのためには、根気よく集中力を持って作業に当たらないといけないので、それが大変だという本音も聞かれます。

自動車組立工の仕事の良い点

自動車組立工の仕事の良い点は、「自分がこの自動車の組み立てを担っているんだ」という自負を感じながら作業できることでしょう。注文が殺到した時に頑張って働くと、高収入を得ることができる場合もあるのも良い点です。また、きちんとしたローテーションで勤務時間が割り振られているので、休日が分かりやすいという点も良い点です。

自動車組立工の仕事の悪い点

自動車組立工の仕事の悪い点は、ベルトコンベヤーによって部品が流れてくるので、自分のポジションで段取りが悪くなると、全体に影響を与えてしまうこともあり、常に気を抜くことができないという点があります。また、長い時間同じ姿勢でしなければならない作業もあるので、腰痛などを起こすこともあるという点もあげられます。

スポンサードリンク

自動車組立工の仕事の内容

自動車組立工の仕事の内容は、ベルトコンベヤーの上を流れてくる自動車のさまざまな部品や材料を組み立てて、部品ユニットや自動車本体を作っていく仕事です。一般的に、自動車を完成させるにはさまざまな工程がありますが、自動車組立工はエンジンやトランスミッション、車軸などの部品を組み立てたり、車体やフレームを板金して、自動車を完成させます。

自動車組立工の仕事に必要な資格

自動車組立工の仕事に必要な公的な資格はありません。一般的に高校卒業後、採用される場合が多く、その際にも普通科や工業科などの卒業学科は問われません。また、新卒でなくても採用されることも多く、年齢や性別も関係ありません。就職後に職業訓練などを行い、自動車組立工のスキルアップを目指させる企業もあります。

自動車組立工の仕事に必要なスキル

自動車組立工の仕事は、ベルトコンベヤーの上を流れてくる部品を一定の時間内にきちんと組み立てていかなければならないことなので、自動車組立工の仕事に必要なスキルは、運動能力の敏捷性になるでしょう。手先の器用さも必要で、繰り返しの作業をある程度の時間続けなければならないので、集中力や注意力も必要になるでしょう。

自動車組立工の仕事のまとめ

自動車組立工場に行ってみるとわかることですが、一台の自動車には、数えきれないくらいの部品が使われています。また、最近の自動車は、電子化されている部分も多く、その配線などはますます複雑多岐になってきています。そのような部品の組み立てのひとつひとつを手作業で行う自動車組立工の仕事には、頭が下がる思いがします。

スポンサードリンク

自動車組立工の仕事の年収・やりがい・本音に関連する記事

人気記事ランキング