映像カメラスタッフの収入・年収は下請け番組制作会社だと300万円。キー局や地方局などのテレビ局は1000万円。

お金を稼ぐ方法ネット>>お金の悲喜>>映像カメラスタッフの収入・年収は下請け番組制作会社だと300万円。キー局や地方局などのテレビ局は1000万円。

映像カメラスタッフの収入・年収は下請け番組制作会社だと300万円。キー局や地方局などのテレビ局は1000万円。

映画やテレビなどの映像を撮影する際にはさまざまな専門機材が使われているため、多くのスタッフが制作に関わっているものです。

そんな映像カメラスタッフの仕事について、就職先や収入面なども含めて解説します。

スポンサードリンク

1.テレビ業界と映画業界で異なる撮影スタッフの仕事

スマートフォンやデジカメが普及したことで、今では誰でも手軽に動画が撮影できる時代となりました。

一方では動画投稿サイトで見られるそうした素人の動画と、テレビや映画に使われるようなプロの撮影した動画ではクォリティの点で明らかな差があります。

映像としての画質や表現力の差は撮影機材の違いにもよりますが、カメラを扱うスタッフの力量も映像の質として反映されているものです。

プロの撮影現場では大勢のスタッフが互いに役割分担し合いながら映像を作り上げており、カメラマンだけでは仕事が成り立ちません。

テレビ番組の制作会社では、ドキュメンタリー番組やバラエティ番組・スポーツ中継・ドラマ・音楽番組などの企画・撮影から編集までが主な仕事です。

映画の撮影部門を担当する映像制作会社では撮影監督が照明技師や露出計測などを行う撮影助手に指示を出し、撮影助手の間でもチーフの下で機材を管理するセカンドや雑用係のサードで役割分担がされているのです。

2.テレビ局と番組制作会社で年収に格差も

テレビ業界の例で言えば放送される番組の多くが番組制作会社を下請けとして制作されており、ニュースなど一部の番組はキー局や地方局などのテレビ局が独自に制作しています。

NHK職員全体の平均年収が1000万円を上回ると言われているように、民法キー局も含めた大手のテレビ局はカメラマンなどの撮影スタッフも全般に高収入です。

一方で下請けの番組制作会社は正社員の場合でも年収300万円から600万円程度と差が見られ、地方の会社や中小規模の会社ほど収入は少なくなります。

カメラマンを始めとするテレビ業界の映像スタッフのうち、高収入が期待できる大手テレビ局や番組制作会社は人数も少ないのが現状です。

映像カメラマンの中には独立後にフリーランスとして仕事を請け負っている人も少なくありませんが、その場合の収入はカメラマンとしての腕によります。

優れた能力と業界への人脈を持つフリーの映像カメラマンには年収1000万円以上を稼いでいる人がいる一方、仕事がなくなると収入ゼロになるという世界です。

3.待ち時間が長がく時間に不規則な仕事

テレビ業界や映画業界で映像カメラスタッフとして働いている人の大半は、番組制作会社や映像制作会社に就職して給料をもらいながら撮影の仕事をしています。

前述の通り撮影の手順や使われる機材はテレビ番組撮影の場合と映画撮影の場合では異なりますが、どちらの現場でもまずアシスタントとしてさまざまな雑用をこなすことから始めるのが一般的です。

映像の仕事に憧れてこの業界に入りながら、雑用ばかりの仕事に幻滅して挫折する人も少なくありません。

テレビ業界でも映画業界でも撮影の仕事は時間が不規則で、一般の会社員のような定時という概念がないのも特徴です。

出演する俳優やタレントの都合で撮影スケジュールは大きく左右され、撮影はしばしば深夜に及んで長時間の残業を強いられる例も珍しくありません。

撮影スタッフには長い待ち時間に耐えるだけの忍耐力と体力が求められることから、離職率も全般に高い傾向が見られます。

スポンサードリンク

4.クリエイティブな仕事に充実感

このように撮影現場の仕事はハードな上に、ドキュメンタリー番組や報道番組・映画ロケによっては悪天候の中での屋外撮影を強いられることもあります。

契約社員やアルバイトなど非正規雇用のアシスタントは時給1000円程度が平均的な相場ですので、仕事の大変さと比べて割に合わないと感じる人も少なくありません。

テレビ業界や映画業界の第一線で活躍しているカメラマンの多くはそうやって下積み時代に技術を身につけ、現在の地位を築き上げたものです。

映像の仕事は機材の扱いなど技術面だけでなく、クリエーターとしてのセンスも求められます。

多忙な撮影現場ではすべてのアシスタントに基礎から指導するだけの余裕はありませんが、先輩たちの仕事ぶりをよく観察すれば技術とセンスを身につけることも十分に可能です。

そうやって経験を積むごとに撮影現場で重要な役割を与えられ、クリエイティブな仕事にやりがいと充実感を感じられるようになります。

5.映像関係の大学や専門学校で学ぶのが業界入りの近道

テレビ業界も映画業界も就職するのに必要な資格なども特にないため、映像が好きな人であれば誰でもチャレンジできる仕事です。

そうは言っても映像の仕事には機材の取り扱いや映像編集など、さまざまな専門知識が求められます。

そうした基礎知識を芸術関係の大学や映像関係の専門学校で学んでおけば、テレビ局や番組・映像制作会社に就職した後でも仕事に役立つものです。

専門学校の中にはテレビ業界や映画業界にコネクションを持つ学校もありますので、就職の際には何かと有利になってきます。

大手のテレビ局では正社員・職員の採用に学歴を重視する傾向も見られますが、番組制作会社や映像制作会社の多くは学歴不問としているところが大半です。

特に中小規模の番組制作会社は離職率が高いため求人数も多く、新卒者だけでなく中途採用でもチャンスがあります。

そのような番組制作会社のアシスタントから始めて経験を積んだ後、フリーランスとして独立した人も少なくないものです。

仕事はハードだが貴重な経験を積める映像カメラスタッフ

大半の映像カメラスタッフは、平均以下の収入でハードな仕事に日々取り組んでいます。

映像の世界はインターネットにも広がりを見せているだけに、将来的には業界構造の変革も予測されます。

現在の映像業界で魅力的な映像を制作するだけの実力を身につけた人は、そうした将来に向けて大きな可能性を持つことになります。

スポンサードリンク

映像カメラスタッフの収入・年収は下請け番組制作会社だと300万円。キー局や地方局などのテレビ局は1000万円。に関連する記事

人気記事ランキング