カメラ組立工の仕事の年収・やりがい・本音

お金を稼ぐ方法ネット>>所詮この世は金と愛>>カメラ組立工の仕事の年収・やりがい・本音

カメラ組立工の仕事の年収・やりがい・本音

camera

カメラ組立工 仕事の年収・月収

カメラ組立工の収入は全体の平均に近い水準です。具体的には年収で約530万円、月収で35万円というデータが出ています。
平均年齢が約42歳、平均勤続年数が約15年と、他の職業に比べてやや長めなところに理由があるのかもしれません。月の平均残業時間が約16時間なので、比較的プライベートの時間とのパランスも良いといえます。
また、カメラ組立工には極めて精密な作業が必要とされ、作業には熟練を要します。それもまた、比較的高い収入の理由につながっているのかもしれません。

スポンサードリンク

カメラ組立工の仕事は、消える職業?消えない職業?

カメラ付携帯電話の台頭により、コンシューマー向けのカメラはニーズが減り続けている傾向があります。ただしその半面、一眼レフカメラに代表される高級カメラに関してはプロやアマチュアといったカメラマンのニーズが消えることはありません。特に日本の一眼レフカメラは世界中で高い評価を得ています。
そのため、国内のカメラ組立工は消えない職業といえます。高い技術がある限り、消える職業となることはないでしょう。生産規模は小さくなるかもしれませんが、消えるということはないでしょう。

カメラ組立工 仕事の将来性・安定性

安定性に関しては、個人のスキルにもよりますが、決して低くはないといえます。日本のカメラ製品は非常に高い技術と精密性で世界中において極めて高い評価を得ています。生産拠点が海外に移転するケースが増えていますが、一眼レフカメラに代表される高級品に関しては国内で生産する傾向があり、今後も続くものと思われます。そのため、少なくとも悲観するようなことにはならないと思われます。
将来性に関しても同様に、着実に実績と経験を積んでいけば、決して低くはないといえます。

カメラ組立工 仕事のやりがい・本音

カメラ組立工が製造しているカメラは、その技術力から世界中で高い評価を受けているものです。自身が作っているものが世界中のプロの間で高い評価を得ているという事実は、カメラ組立工にとっての誇りとなり、大きなやりがいとなります。
また、カメラ組立工の作業内容は、非常にハイレベルな組み立て技術で組み立てられています。そういった組み立て技術を自身が持っていることもまた、強い誇りを感じられるという本音もあるようです。

カメラ組立工 仕事の良い点

カメラ組立工の仕事は、一つのカメラを組み立てて仕上げるものです。そのため、『物を作っている』という実感が強く、モノづくりの仕事に従事したい人にとっては、その点は良い点であるといえます。たくさんの部品を組み立て、一つのカメラが出来上がっていく過程は、まさにモノ作り。その喜びを感じることが出来る数少ない仕事の一つがカメラ組立工です。
また、カメラを組み立てていくことで、カメラの中味を知り、どのような仕組みになっているかを知ることが出来ます。これは、機械が動く仕組みに興味がある人にとってはとても良い点であるといえます。

カメラ組立工 仕事の悪い点

カメラの組み立てという仕事は、非常に地味で忍耐力が必要な仕事です。さらに正確でムラのない作業スピードが要求されるので、地道な作業が苦手な人にとっては、これは悪い点といえるでしょう。
また、日本のカメラの売りである高品質さは、その高い技術力に支えられています。地味な作業を精密に行うには、卓越した技術力が必要となります。一朝一夕で身につく技術ではないという点も、悪い点といえるかもしれません。

スポンサードリンク

カメラ組立工 仕事の内容

たくさんの部品を組み立て、一台のカメラに仕上げることがカメラ組立工の仕事です。扱う部品のほとんどが0.02ミリ以内の許容誤差で作られている非常に精密なもので、それらせ正確に組み立てていくことによって、はじめてその性能を十二分に発揮します。
部品の種類には機械部品、ガラス部品、電気部品に分かれます。作業手順に従って、ネジ締め、かしめ、接着、給油といった作業を行います。
近年ではフィルム用カメラからデシタルカメラへと、組み立てるカメラの種類が変わってきているようです。

カメラ組立工 仕事に必要な資格

カメラ組立工になるのに必要な資格は、特にありません。ただし、ハンダ付け作業に関連する『鉛作業主者』、有機溶剤の使用状況を管理する『有機溶剤作業主任者』、技能検定『光学機器製造技能士(光学機器組立作業)』などは、カメラ組立工に関わる資格と言われています。
なり方ですが、学校を卒業したのち、カメラメーカーに就職するのが一般的なようです。高校卒業程度の知識があれば、特に制限はないようです。誰でもなれる職業といって差し支えないようです。

カメラ組立工 仕事に必要なスキル

手先の器用さが、カメラ組立工に必要なスキルといえます。カメラ組立工には非常に精密な作業が要求されます。そのため、手先の器用さは必須といえます。
また、忍耐力も必要と言われています。毎日、決められた台数の組み立てを、決められた作業方法と手順で行う必要があるためです。
その他に、組立する際に使用するハンダ付けに関する知識や技術、有機溶剤に関する知識なども、持っていると便利でしょう。
また組み立てるものは機械なので、機械に関する知識や、光学機器に関する知識があると、便利かもしれません。

カメラ組立工の仕事のまとめ

カメラに関しては、日本は高い技術力に裏打ちされた精密な製品により、非常に高い評価を得ています。そして、その高い評価を支えているのが、高い組み立て技術を持つカメラ組立工です。
近年では、コンシューマーカメラにおいては生産拠点が海外に移されるケースが頻発していますが、高級一眼レフカメラの組み立てにおいては、日本の独壇場といえます。カメラ組立工の高い技術に裏打ちされた高品質なカメラの数々は、世界中のカメラマンに愛されています。
そういった製品を組み立てられる技術を持つカメラ組立工は、まさに日本の代表ともいえる人たちです。ある意味では、日本の工業製品の代名詞ともいえます。
『日本の代表』とまとめることが出来までしょう。高い技術力が賞賛されるケースの多い日本ですが、カメラ組立工はその代表ともいえます。

スポンサードリンク

カメラ組立工の仕事の年収・やりがい・本音に関連する記事

人気記事ランキング