キャディの年収・やりがい・本音

お金を稼ぐ方法ネット>>所詮この世は金と愛>>キャディの年収・やりがい・本音

キャディの年収・やりがい・本音

キャディ 仕事の年収・月収

キャディの仕事はプロキャディの場合、月収はおよそ30万円、年収はおよそ360万円となります。さらにプロトーナメントの賞金から1割ほどが得られます。
ハウスキャディの場合は月収およそ17万円から25万円、年収はおよそ220万円から300万円ほどとなります。正社員として働く場合は残業代が支給されるゴルフ場もあり、交通費など各種手当もあります。

スポンサードリンク

キャディは、消える職業?消えない職業?

キャディは今後も消えない職業ですが、ゴルフ場で働くハウスキャディは減少傾向にあります。
2015年にはゴルフ場が主なターゲットにしてきた顧客が65歳以上となるため利用者が減少してきています。
キャディにはプロについてホールを回るプロキャディと、ゴルフ場で働くハウスキャディがありますが、どちらも職業としては消えないものの、必要とされている人材の数は少なくなってきています。

キャディ 仕事の将来性・安定性

キャディの仕事の将来性は、ゴルフ人口の減少に伴い、求められるキャディの数も減少しているためあまり良くありません。ハウスキャディとして正社員で働く場合は安定性のある収入を得ることも可能です。
プロキャディの場合は、担当するプロが賞金を獲得しなければ高い収入を得られません。さらにツアーに同行する場合の移動費や宿泊費も自分で出すことがほとんどで、安定性のある収入を得ることが難しい仕事です。

キャディ 仕事のやりがい・本音

キャディの仕事のやりがいは、ハウスキャディの場合、ゴルフを安心して楽しんでもらえるよう立ち回りできたときです。ただゴルフバックを運ぶだけでなく、楽しく会話をして場を盛り上げて利用者が満足してくれた時にもやりがいを感じます。
プロキャディの場合はプロへのアドバイスを行ったり、プロが集中力を切らさないよう対応が必要になるのが本音で、ゴルフに対する知識が豊富でなければなりません。

キャディ 仕事の良い点

キャディの仕事の良い点は、ゴルフをする人たちと会話をしながら楽しく仕事ができる点です。
ゴルフ場では単純にゴルフバックや荷物を運ぶだけでなく、の場の雰囲気を楽しんでもらえるように笑顔で場を盛り上げ、楽しく仕事を行えることも良い点です。
キャディになるための資格も必要なく、知識と経験、そして体力があれば仕事ができるのも良い点です。

キャディ 仕事の悪い点

キャディの仕事の悪い点は、ゴルフに対する知識がなければゴルファーとの会話もできず満足したプレーをしてもらえない点です。
キャディは荷物を運ぶだけでは仕事ができず、1回で8キロ以上も移動する仕事です。また、気遣いも重要で、コースを外れて球が飛んだ場合に「フォアー」と大きな声で叫んで周囲に危険を知らせるなど、とにかく健康と体力が必要なことが悪い点です。

スポンサードリンク

ページ:

1

2
スポンサードリンク

キャディの年収・やりがい・本音に関連する記事

人気記事ランキング