CADオペレーターの仕事の平均年収は400万円。女性は結婚して子供ができても続けていける!

お金を稼ぐ方法ネット>>お金の悲喜>>CADオペレーターの仕事の平均年収は400万円。女性は結婚して子供ができても続けていける!

CADオペレーターの仕事の平均年収は400万円。女性は結婚して子供ができても続けていける!

CADオペレーターの仕事の年収・月収

CADオペレーターの仕事の年収や月収は、これまでの経験と今持っている技術力によって、大きな差が出てきます。CADオペレーターの平均的な年収は、400万円程度ですが、経験も技術力もある人の年収は、600万円程度にもなるでしょう。また、契約社員や在宅ワークをする人もいるので、契約社員なら月収18万円程度、在宅ワークなら出来高払いとなるので、月収10万円程度にしかならない人もいます。

CADオペレーターの仕事を得られやすいのは、機械や電気や情報の専門知識を持っていたり、理工系学校卒だったり、ポリテクや職業訓練校でモノづくりの基礎を学んでいる人ですね。

スポンサードリンク

CADオペレーターの仕事は、消える職業?消えない職業?

「物を作る」という作業には、必ず図面が必要となります。ですから、その図面を作成する際に、CADソフトを駆使する事が出来、正確で緻密な図面を作り出す事が出来るCADオペレーターの存在は、現在でも、欠かす事の出来ないものとなっています。そのため今後も、CADオペレーターの仕事は消えない職業として存在し続けるでしょう。

CADオペレーターの仕事の将来性・安定性

現在、CADソフトの進歩は目覚ましく、設計士やデザイナーがCADソフトを使って図面を作成する場合も出て来ています。そのため、単にCADソフトを使いこなせるだけでは、CADオペレーターとしては重宝がられません。ということで、CADオペレーターの仕事の将来性は十分にありますが、それが安定性につながるかどうかは、微妙なところです。

CADオペレーターの仕事のやりがい・本音

CADオペレーターの仕事のやりがいは、自分が描き上げた図面をもとにして、エンジニアや職人などが、機械や製品や建物などを作り上げていく過程を一緒に経験する事が出来ると言う点でしょう。さらに、それらの物が完成した時には、さらに大きな喜びを感じる事が出来るでしょう。

自分が描いた図面を基に実際に竣工されたものを見ると、やっていてよかったと実感するわけです。設計自体の本当の所はわからなくても、設計に携われていくのが良い点です。ただ、大きな物を作り上げるための図面を作成するのは大変過ぎるという本音も聞かれます。

CADオペレーターの仕事の良い点

CADオペレーターの仕事の良い点は、多くの業界から必要とされているので、自分の好きな業界を選び易いという点でしょう。また、自分でその分野の専門知識を深める事で、単に指示されたとおりに図面を描き上げるだけでなく、自分の意見を出せるCADオペレーターを目指す事も出来るので、スキルアップを目指す人にはふさわしい仕事であるという点もあります。

絵を描くのが好きで、黙々と物を作ることも好きな人にはとても向いている仕事です。好きな事に集中出来、達成感を感じられ、専門職ですから全く雑用もありません。集中力をものすごく使うので毎日、仕事時間が過ぎるのが早く感じられます。自分の仕事が終われば、他の人の状況に関係なく、定時退社ができるのも魅力です。

複雑で高度なモデリングが出来る3Dモデラー資格を持っていれば、さらに高度な技術者として認識されるのでモチベーションが上がります。設計者と一緒に、そのフォローをしながら働く場合は、3Dモデルを作成し、そのモデルで特に強く力のかかる箇所や、力の大きさ等の条件を設定し、強度計算等もします。温度計算・三角関数や物理の知識も得られます。

また、物が実際に出来上がっていく行程を一通り見ることができます。自分が作ったCADモデルが実際に1つの部品として世に出ることは素晴らしい実感をもたらします。

資格や学歴が無くてもCADを操作できれば年収400万円以上になる点。CADオペレーターも派遣で働くと。派遣先の仕事が終われば、また違う仕事現場に行くため、たとえ人間関係がうまく行かなくても、数年間の我慢で済む。

CADオペレーターの仕事の悪い点

CADオペレーターの仕事の悪い点は、やはり、納期に追われる仕事なので、会社に泊まり込みをしたり、徹夜をしたりとして、納期内に図面を仕上げなければならないと言う点でしょう。

非正規雇用の場合は、自分の描いている図面の内容を説明されないまま、とにかく速く描くことを求められます。まるで自分が機械になったような気分がすることもあるようです。しかも仕事量に波があり、先月は鬼のように忙しかったのに、今月は全く仕事が無いこともあります。収入の安定がほしいところです。

同じ図面を複数人で扱うことが多いため、誰かの作成が遅れたり、間違ったりした時に、責任転嫁されやすい。

また、椅子にずっと座ったまま、パソコンを見続ける仕事ですので、ドライアイになり視力が低下する。腰痛や肩こりに悩まされてしまう点も悪い点としてあげられます。独りで黙々と作業する事が多く、1日中誰とも話さない事が多いため、話し好きな人には向かない仕事です。

図面を書く以外の仕事、いわゆる雑用がとにかく多いのも悪い点です。雑用だけで丸1日潰れることもあります。男性ばかりの職場が多く、飲み会などで多少の言葉のセクハラに遭うこともあります。

さらには、常に専門知識を獲得し続けていかなければならない点もあげられます。海外向けの2D図面作成には英語の知識も必要ですし、使用するツールは、企業方針により、全て英語表記の場合もあります。これらに対応しなくてはならない点が悪い点です。

最近、工事現場では設計師や現場の人でもCADを使える人が増えている。また単価の安い海外へ仕事をメールで業務を委託する事も多い。このままCADのオペレーターだけのスキルで一生働けいるかどうか、不安は大きい。

今後は、国内のCADオペレーターは、若くても知識や経験が豊富な人が生き残る。キチンとミス無く図面を起こせて、更に設計者をフォロー出来ることが必要。また設計者と深い信頼関係を築けるかどうかが大事になる。

スポンサードリンク

CADオペレーターの仕事の内容

CADオペレーターの仕事の内容は、設計士やデザイナーからの指示を受けて、CADという図面作成支援のパソコンソフトを使いながら、いろいろな図面を作成する事です。CADを使いこなす事で複雑な図面を、2次元で描く平面図や3次元で描く立体図で表現する事ができます。2次元図面は部品の詳細設計や構想図、カタログに掲載する収まり図や部品図、取り扱い説明書など。3次元の図面は、試作組み立てのための3Dモデルなど。これらの図面は、建築や機械、電気系統など、さまざまな分野で活用されています。

機械メーカーでCADオペレーターとして働き、3Dモデラーを専門的行う場合は、設計者が考えたアイディアをCADツールを使って3Dモデリングする。更に2D図面化する。それから解析ソフトを使い、シュミレーションし分析する。もう少し具体的に言うと、搬送機械の図面作成や修正CADデータの出力、データ送受信、強度計算書の作成、事務、経理、他にもちろん様々な雑用(コピー取り、電話番、お茶出し)など。

建築関係で派遣で働く場合は、派遣先でのCAD図面作成や修正、電話対応、工事書類作成や修正など。

建築用金属製品メーカーの場合の一日の仕事の流れは、 始業・朝礼→ 設計部内の打ち合わせ、一日の業務内容の共有→ メンバーそれぞれが自分の担当業務を遂行→ 設計(建物の図面を読み取り、CADを使って設計作業)→ 終業前・設計部内で各メンバー同士の進捗状況を共有。

自動車ボディパーツの金型設計会社での仕事内容は、成形シミュレーション(ボディのデザイン決定後、成形シミュレーション。プレスした際に亀裂やシワが発生しないよう、専用ソフトに金属の材質や厚さ、プレスの角度や圧力などの数値を入力・解析、金型基本形状の最適化を行う)→金型構造設計(3D-CAD(CATIA)で設計図を作成。仕様どおりの成形ができ、構成部品がぶつからない、加工できる、パネルを取り出せる、プレスマシンに載ることが必要十分要件)→NCデータ作成(金型を製作する加工機を制御するためのプログラムの作成、加工機が安全に効率的に自動稼働する加工データを作成)

CADオペレーターの仕事に必要な資格

CADオペレーターの仕事に必要な資格には、必須ではありませんが、持っていた方がいい資格がいくつかあります。その中でも最もメジャーなものが「CAD利用技術者試験」です。これは、「3次元CAD利用技術者試験「と「CAD利用戯儒者試験(2D)」と「CAD利用技術者基礎試験」の3つに分かれていて、それぞれもいくつかのレベルに分かれています。これらの資格を持っていると実務経験者として見なされ、就職に有利となります。他にもCADトレース技能審査、建築CAD検定試験、3次元CADトレーサー認定試験、3次元CADアドミニストレーター認定試験などがあります。

CADオペレーターの仕事に必要なスキル

CADオペレーターは、常にデザイナーや設計士と連携を取りながら、指示通りの図面を描き上げていかなければならない仕事なので、CADオペレーターに仕事に必要なスキルは、コミュニケーション能力でしょう。また、作業をしていく過程で、図面の修正や変更はたびたび出て来るものですから、それにきちんと応える几帳面さも必要になるでしょう。使用するツールも盛り沢山です。様々なCADを仕事で使いながら習得できるチャンスがあります。CATIA、NX、I-deas、SolidWorks、Inventor、AutoCAD、Creo、OneSpace Designer、VectorWorks、CADWe’ll Tfas、JW-CAD、CCR-5000、OrCAD、E-CADなど。

CADオペレーターの仕事のまとめ

現代社会には、パソコンが欠かす事の出来ないものになっています。その中でCADオペレーターは、そのパソコンを縦横無尽に駆使して、依頼主が希望するような図面を作り出す仕事ですので、CADソフトの進化により、その重要性はますます増大していくことになるでしょう。顧客のニーズにこたえる事の出来るCADオペレーターを目指しましょう。

CADオペレーターとして経験を積み、常に勉強していけば、高齢者になっても食べていけます。また、女性の場合は結婚して子供ができても続けていける仕事です。

スポンサードリンク

CADオペレーターの仕事の平均年収は400万円。女性は結婚して子供ができても続けていける!に関連する記事

人気記事ランキング