客室乗務員(キャビンアテンダント)の収入・平均年収は470万円。体力を要するハードな仕事だが、安全で快適なフライトをサポートする仕事にやりがい

お金を稼ぐ方法ネット>>お金の悲喜>>客室乗務員(キャビンアテンダント)の収入・平均年収は470万円。体力を要するハードな仕事だが、安全で快適なフライトをサポートする仕事にやりがい

客室乗務員(キャビンアテンダント)の収入・平均年収は470万円。体力を要するハードな仕事だが、安全で快適なフライトをサポートする仕事にやりがい

キャビンアテンダントとも呼ばれる航空客室乗務員は、女性にとって昔から憧れの職業でした。

かつては高収入を得られる仕事と言われていた客室乗務員の現状について、仕事の大変さにスポットを当てながら見ていきます。

スポンサードリンク

1.さまざまな機内サービスと保安業務

旅客機の女性客室乗務員はかつてスチュワーデスと呼ばれ、女の子が将来なりたい職業の定番とされていました。

海外では男性の客室乗務員も珍しくないとあって、現在では性別によらず客室乗務員やキャビンアテンダントといった職名で呼ぶのが一般的です。

客室乗務員の仕事は機内サービスと保安業務に大きく分けられ、緊急時に乗客を誘導したりする役目や機内清掃なども含まれます。

乗客に機内食や飲み物を配ったり、新聞・雑誌・毛布などの配布と回収を行ったりするのが機内サービスです。

免税品等の機内販売やテレビ・オーディオ等の案内に加え、注意事項を伝えたり乗客の問い合わせに応じたりなど、フライト中の客室乗務員はさまざまなサービスに従事しています。

そうした機内サービスにも増して客室乗務員の重要な任務は、乗客の安全を守るための保安業務です。

離着陸の際の安全確認や非常用設備の説明だけでなく、機内を監視・巡回しながら必要に応じて乗客に注意を与える仕事もあります。

2.国内大手航空会社でも年収は減少傾向

航空中の機内ではちょっとした不注意や違反行為が乗客の命を危険にさらす重大な事態を招きかねないため、客室乗務員の果たす役割は極めて重要になってきます。

パイロットは基本的に操縦室を離れることができませんので、客室内の秩序維持に関しては客室乗務員が大きな責任を持つことになります。

そうした重い職務を担うだけに給与や手当などの待遇面でも客室乗務員は優遇されているように想像しがちですが、どの航空会社でも近年は客室乗務員の人件費を縮小する傾向にあります。

格安航空会社の参入で旅客業も競争にさらされており、日本を代表する大手航空会社と言えども客室乗務員は必ずしも高収入が得られる職業と言えなくなってきました。

客室乗務員全体の平均年収は470万円程度で、会社員の平均年収よりもやや高い程度にとどまっているのが現状です。

それも離職率の比較的低い大手航空会社のベテラン客室乗務員が、以前の給与体系に基いた高収入を得ているために平均年収を押し上げている面があります。

3.体力を要するハードな仕事

大半の航空会社では客室乗務員として採用後3年間は契約社員として雇用し、3年を経た後に正社員として昇格する方針を取っています。

契約社員の間は給与も1000円から1200円程度の時給で計算されるため、3年間は低収入に耐えながら仕事を覚えていかなければなりません。

勤務時間が不規則となりがちな客室乗務員を続けていくには、長時間の立ち仕事に耐えられるだけの体力も必要です。

機内食やドリンクを配布する際には重いワゴンを押して狭い通路を移動しなければならず、乗客の手荷物を収納スペースに持ち上げるような仕事にも力が要ります。

客室乗務員に身長制限や年齢制限があると噂されている背景には、身長が高く若い女性ほど高い位置にある収納棚へのアプローチや体力を要する仕事に有利だという事情もあります。

国際線のフライト業務では時差に悩まされる客室乗務員が多く、国際線でも早朝や深夜のフライトを担当する場合は睡眠時間が不規則となりがちです。

スポンサードリンク

4.安全で快適なフライトをサポートする仕事にやりがい

このように客室乗務員は体力的にハードな面があるため、体調管理には人一倍気を使う職業です。

契約社員の期間中に辞めてしまう人が多いのも仕事がきつい証拠ですが、一歩間違えれば命にも関わるフライト業務だけに精神面のストレスも加わります。

乗客の中には理不尽な苦情や要求を突きつけてくる人もいるだけに、接客の問題に悩む客室乗務員も少なくありません。

それも多くの女性が憧れる花形の職業ならではの宿命で、体力面や精神面のハードルをクリアしてこの仕事に適応できた人は大きなやりがいを実感しながら日々の業務に励んでいます。

乗客の安全を確保しながら快適なフライトをサポートする仕事には、他の職業にない充実感が得られるものです。

収入面でのアドバンテージはそれほど高くないとは言え、特に大手航空会社で働く客室乗務員は各種手当や福利厚生も充実しているだけに、安定した職業として長く働ける環境が整備されています。

5.航空各社の新卒採用と既卒採用

前述の通り多くの国内航空会社では客室乗務員をまず契約社員として採用し、勤務実績を積んで適性があると判断されれば正社員に昇格させる仕組みとなっています。

いずれも大卒・短大卒・専門学校卒を対象とした新卒採用に加え、離職率が高いという事情もあって既卒採用の動きも活発です。

ANAだけは新卒・既卒ともに正社員の雇用形態で採用を行っていますが、TOEIC600点程度以上の英語力や裸眼または矯正視力が両眼とも1.0以上という応募資格があります。

大手航空会社では毎年数百人規模で新卒者を採用しているとは言え、客室乗務員は人気の職業で応募者が多く競争率も非常に高いものです。

外資系航空会社ではそうした新卒や既卒の区別なしに採用試験が行われるのが一般的で、国内航空会社以上に語学スキルや身長制限が求められるケースも少なくありません。

乗客の中にはフライト中に気分が悪くなったり急病になったりする人もいるため、看護師経験を持つ人は既卒採用の際にも高く評価されます。

LCCの影響で年収は低下気味の客室乗務員

職業も国籍も多様な乗客から頼りにされる客室乗務員に成長できれば、長く続けるだけの自信も身についてきます。

心身ともにタフでないと務まらない面もありますが、客室乗務員は人生を大きく変える可能性を持ったやりがいのある職業です。

収入面だけでは測れない職業としての価値を持つのが、客室乗務員という仕事です。

スポンサードリンク

客室乗務員(キャビンアテンダント)の収入・平均年収は470万円。体力を要するハードな仕事だが、安全で快適なフライトをサポートする仕事にやりがいに関連する記事

人気記事ランキング