建築施工管理技士の収入・年収は1000万円。建築工事の工程・品質・安全を管理

お金を稼ぐ方法ネット>>お金の悲喜>>建築施工管理技士の収入・年収は1000万円。建築工事の工程・品質・安全を管理

建築施工管理技士の収入・年収は1000万円。建築工事の工程・品質・安全を管理

建設業関係の資格にはいろいろな種類がありますが、中でも建築施工管理技士は就職に有利と言われる国家資格の1つです。

建築施工管理技士になると収入はどう増えるのか、仕事内容や試験の難易度も含めて紹介します。

スポンサードリンク

1.建築工事の工程・品質・安全を管理

建築工事や土木工事・電気工事などの種類を問わず、どの工事でも計画・設計から施工までの全体を管理する責任者が欠かせません。決められた工程に従って工事が適切に行われているかどうかを監督する工程管理に加え、事故のないよう工事を安全に進めるための安全管理もそうした責任者の役割です。いわゆる工事現場の所長ですから、段取りや予算等の全てを仕切り動かします。全能感があるこの仕事にやりがいを感じる人も多いです。工事現場に問題が起こらず、順調に進んでいて、するべきことをキチンとこなしていれば、休憩を好きな時に取れるのはいい点ですね。

工事の発注者が満足できるだけの工事品質を確保するための品質管理や、工事を予算内に施工するための原価管理も同様に求められてきます。それらの総括責任者となる施工管理技士には建築・土木・電気工事・管工事・造園・建設機械の6種類があり、建造物の建築工事を担当するのが建築施工管理技士です。

一定規模以上の建築工事を行う際には、建築施工管理技士を主任技術者または監理技術者として現場に配置しなければなりません。建設会社が建設業許可を得るには営業所ごとに専任技術者を置く必要がありますが、建築施工管理技士はその資格も有します。

2.大手建設会社では年収1000万円以上稼ぐ人も

建築施工管理技士には1級と2級の2種類があって、1級の方が請け負える仕事の幅が広く試験難易度も高いのが特徴です。1級建築施工管理技士は一般建設業に加えて特定建設業の営業所で専任技術者になれる他、規模の大きい建築工事の施工管理を担当することができます。

規模の小さい工事の施工管理を担当できる2級建築施工管理技士は、一般建設業の営業所でのみ専任技術者に就任可能となる限定的な資格です。いずれも資格取得には一定の実務経験を積むことで試験の受験資格が得られるため、ゼネコン・建設会社や工務店・ハウスメーカーなどで働きながら合格を目指すことになります。

建築施工管理技士の収入はそうした就職先や1級と2級の違いによっても変わってきますが、推定される全体の平均年収は約500万円です。ゼネコンなど大手建設会社に勤務する建築施工管理技士の中には、1000万円以上という高額の年収を得ている人も少なくありません。

3.多忙な職務で残業も多く責任の重い仕事

建築施工管理技士は一般の会社員より高収入に結びつきやすい職業ですが、1級の資格を持つ人材は建設業界全体で不足しているため、仕事が多忙な点は覚悟しなければなりません。2級建築施工管理技士の場合は、請け負える建築工事の規模に上限が定められています。

これに対してあらゆる規模の工事で施工管理を担当できる1級建築施工管理技士は、どの建設会社にとっても貴重な人材です。施工管理技士は工事計画書の作成や設計事務所との打ち合わせに加え、工事現場での指導・監督に至るまで幅広い業務をこなしていかなければなりません。

規模の大きな工事になればなるほど仕事内容は複雑となるため残業が増え、工事の進行につれてさまざまなトラブルの発生も予想されます。請負金額が億単位に達する建築工事の最高責任者を務めるプレッシャーは想像以上で、失敗が許されないという重い責任を背負わなければならない仕事です。責任が重いので残業や休日出勤が半端なく多いです。建築現場は1つのミスが命取りになります。ミスに気付かずに現場で作業がが進んでしまったら大事故になりますから、プレッシャーが凄いです。このため、休みの日でも工事現場の事を考えてしまうのは、この仕事の悪い点です。工事について確認することや必要な書類作成等が多くて、ふと気づいたら、終電間際だったこともあります。工事をしている期間中は週一日しか休めませんので、家族や友達と会話したり、一緒に行動することが出来ません。

具体的な仕事内容は、まず便所掃除、朝礼、朝礼司会、昼礼司会、指示書を作成し配布、職人や材料の手配、日報を記入、各種施工図作成、各種施工計画書作成、全体工程書や月間工程書及び三週工程書作成、測量墨出し、混在している作業の工程を調整、定例会議出席、協議会の司会進行、安全パトロール、労働基準監督署対応、道路使用許可の提出、近隣住民への対応やご挨拶、安全書類、会社への提出書類作成、施工図を作成、工程の管理、施工計画書類作成、各種段取り策定・実施、予算管理、毎月の請求書精算書作成、予算書作成など。

商業施設内装施工管理をする場合は、見積書を見ながら、どうやって利益を上げるか知識や経験を振り絞ります。とにかく安く工事を完了できるかが大事です。そのため工事が始まれば朝7時には現場へ出勤します。経験豊富な職人さんたちは、自分で勘所をわきまえて動いてくれます。しかし新人の職人さんの場合は、指示書を作成して細かく指導することが必須です。工事現場はいつも変化し、動き、言わば生きています。毎日現場で、新しいルール決めや不明な点や工程の確認をします。安全面も怠りなくチェックします。お客様だけでなくゼネコンや内装会社、設計会社、下請業者などから年中電話やメールが山ほど来ます。次から次へと対応し、何とかしなくてはなりません。例えば、下請業者が何かミスをすれば施工管理が責任を取らされます。神経も体力も根こそぎ費やすハードな仕事です。体力とタフなメンタルが求められます。

スポンサードリンク

4.安定した収入が得られ将来性の点でも有利

肉体異常に精神面でタフな人でないと務まらないと言われるほど激務が予想される建築施工管理技士にも、職業としての大きな魅力があります。

特に1級建築施工管理技士は大手ゼネコンから中小企業の工務店に至るまで、喉から手が出るほど欲しがる人材です。

転職を考える際にも建築施工管理技士の資格が大きく物を言い、通常であれば就職が難しくなる40代以上の人でも採用されやすいと言われています。

大手建設会社に就職が決まれば安定した収入が得られ、仕事の実績を積み重ねるごとに高年収が得られるようになるものです。

多くの人が力を合わせて大きな建造物を造るという仕事にも、他の職業にない充実感や達成感が得られます。

そうした仕事のやりがいは現場で働く作業員1人1人と共有できるものですが、建築施工管理技士は工事の総括責任者として人一倍大きな喜びを味わえるのです。

5.資格取得には学科試験と実地試験の合格が必要

建築施工管理技士の資格を取得するには、1級2級とも学科試験と実地試験からなる国家試験に合格しなければなりません。

いずれも学歴を問わずに受験できますが、大学・短期大学・高等専門学校・高校の指定学科卒業ごとに必要とする実務経験が細かく決められています。

1級建築施工管理技士試験の最終合格率は例年15%前後で推移しており、合格率が30%を上回る2級よりも難関です。

受験資格を得るのに必要な実務経験年数も以前より短縮されており、高校指定学科卒業者であれば最短8年で1級建築施工管理技士の資格取得が可能となりました。

先に2級の資格を取得し、さらに実務経験を積んで1級合格を目指すというのが建築施工管理技士になる一般的なコースです。

1級の合格率は難易度が高くなりますが、仕事を続けながら通信講座などを利用して勉強し合格した人も少なくありません。

一度資格を得れば将来の転職にも有利となりますので、建築業界で働く人は取得を検討してみるといいでしょう。

安定した将来性が見込める建築施工管理技士の仕事

公共施設からマンション・オフィスビルなど民間建造物に至るまで、どの建築現場でも建築施工管理技士がリーダーシップを発揮することで工事が円滑に進められています。

収入は就職先企業の規模や経営状態によっても左右されますが、建設業界に属する企業に採用されやすい建築施工管理技士は将来性という点でも有望です。

スポンサードリンク

建築施工管理技士の収入・年収は1000万円。建築工事の工程・品質・安全を管理に関連する記事

人気記事ランキング