ブライダルプレイヤーの仕事の月収・年収は?やりがいは幸せな人を見ながら演奏できる点。

お金を稼ぐ方法ネット>>お金の悲喜>>ブライダルプレイヤーの仕事の月収・年収は?やりがいは幸せな人を見ながら演奏できる点。

ブライダルプレイヤーの仕事の月収・年収は?やりがいは幸せな人を見ながら演奏できる点。

ブライダルプレイヤー 仕事の年収・月収

ブライダルプレイヤーの仕事の月収は20万円~くらいです。年収にすると120万円~。それは、1回のブライダルでのギャラがだいたい2万円~で、週末しかお仕事がなかった場合です。ブライダルプレイヤーとして名が知られて来れば、たくさん稼げたりできますし、今は、ブライダルプレイヤーと兼用してセレモニープレイヤーもあり、そちらと合わせて行うと収入が一気にアップし仕事もなくならないそう。

スポンサードリンク

ブライダルプレイヤーは消えない職業

ブライダルプレイヤーのお仕事は、今現在の結婚式の形がさまざまに変化してきています。レストランウエディングもありますし、海上ウエディングだって。そんな中、生演奏にも注目を浴びています。この世で結婚する人がいる限り消えない職業でしょう。ただの結婚式、披露宴の堅苦しいものが少なくなっている今だからこそ、さまざまにアレンジをしてくれるブライダルプレイヤーの必要性は感じます。

ブライダルプレイヤー 将来性・安定性

ブライダルプレイヤーの将来性は、ずっとブライダルプレイヤーとして進むのであれば、流行のウエディングソングから、流行の結婚式の光景など基本的なブライダルについてを把握しなければいけません。その都度テイストや、お金のかけることが変わってくるものなのです。安定するには、個人でやるよりもどこかの事務所に入ったり、派遣会社に入るとお仕事はたくさんあると思います。

ブライダルプレイヤー 仕事のやりがい・本音

ブライダルプレイヤーのやりがいは、新郎新婦を始め、そこに来た人たちに喜んでもらえる演奏ができたときに感じるでしょう。ウエディングには音楽は絶対に必要なものですよね。その音楽を生で演奏し場を盛り上げることができると、やりがいがうまれます。しかし、仕事の不安定さや、時代の流れについていくことも大事なので、アンテナは常に張っていないといけない職業ですね。

ブライダルプレイヤー 仕事の良い点

ブライダルプレイヤーの良い点は、幸せな人を見ながら演奏できるということでしょう。人生で一番輝く瞬間に立ち会い、そして演奏して音楽で彩る仕事は「ありがとう」が飛び交う幸せなお仕事です。さまざまな人たちが見られるので楽しく過ごすことができるお仕事です。そこにいる人たちが楽しんでもらうということがやりがいになるのだそうです。

ブライダルプレイヤー 仕事の悪い点

ブライダルプレイヤーの仕事の悪い点は、ブライダル関係ということもあり、土日に集中して仕事が入ってしまったり、平日お仕事がなかったりする。クラッシックしかしたことがない人にとっては、今はやりの曲のアレンジなどは邪道な感じもするかもれしません。派遣などで行く場合は孤立することもあります。ピンポイントな仕事なので、周りの人との人間関係をつくることが難しいそう。

ブライダルプレイヤー 仕事の内容

ブライダルプレイヤーの仕事内容は、結婚式や、披露宴でピアノやエレクトーンなどを演奏して会場の雰囲気を盛り上がるお仕事です。入場や、乾杯、キャンドルサービス、新郎新婦から両親への手紙の場などなどの、各場面で新郎新婦やゲストのリクエストに応じたBGMを演奏します。演奏技術を最大限に活かし、結婚式という場を彩りを添えるお仕事なのです。

スポンサードリンク

ブライダルプレイヤー 仕事に必要な資格

ブライダルプレイヤーになるための資格はありません。しかし、演奏者としての最低限のレベルはあります。目安としては、ヤマハ音楽振興会の音楽能力検定6級以上が求められています。実力の目安としてなので、いざ職場で必要とされるものではないかもしれません。基本的には、音楽大学などに通っていたりするだけでは、ブライダルプレイヤーになることはできず、ある程度のブライダルの知識も必要になっていきます。

ブライダルプレイヤー 仕事に必要なスキル

ブライダルプレイヤーに必要なスキルは、広いジャンルの演奏技術が必要になっていきます。クラシックに限らず、今流行っているブライダルソングもたくさんあります。そういったものとアレンジをしたり、演出するスキルも必要とされます。その場の雰囲気による、応用する力も求められることでしょう。場面に合わせて雰囲気から作りだすというのもブライダルプレイヤーにとって必要なことなのです。

ブライダルプレイヤー 仕事まとめ

ブライダルプレイヤーは、ブライダルの知識を含み、人生で最高の瞬間を音楽で演出するお仕事です。そこには、その場の対応能力であったり、新郎新婦のリクエストなどで結婚式や、披露宴を一体化する能力も必要になってくるのです。しかし、楽しい場には間違いないのでその場で音楽と一緒につながれる素敵なお仕事だと思います。

スポンサードリンク

ブライダルプレイヤーの仕事の月収・年収は?やりがいは幸せな人を見ながら演奏できる点。に関連する記事

人気記事ランキング