パン職人の仕事の年収・やりがい・本音はコレ

お金を稼ぐ方法ネット>>お金の悲喜>>パン職人の仕事の年収・やりがい・本音はコレ

パン職人の仕事の年収・やりがい・本音はコレ

pan

パン職人 仕事の年収・月収

パン職人の仕事の年収は平均295万円で、
月収は22万円、ボーナスは年間で26万円といった所です。

大規模なチェーン店で働くか、個人経営で小さなお店を開いて働くかによって、
収入にも差が出ます。

また、チェーン店の中でも、
従業員数が、100人未満の企業より、
1000人以上の大企業の方が、年収が高い傾向にあります。

スポンサードリンク

パン職人 消える職業?消えない職業?

近代のコンピュータ技術により、なんでも機械生産できる中、
パン職人の仕事は、機械だけではできない、数十年後も消えない職業であると言えます。

大きなパン工場では、機械生産もされていますが、
やはり人の手によって、繊細に作られたパン、焼きたてのパンのおいしさを求める需要はなくなりません。

そのためパン職人は、
これからも必要とされる職業であるのです。

パン職人 将来性・安定性

パン職人の将来性ですが、勤続年数によって、
収入の大幅なアップを期待することはできません。

しかし、大きな収入アップを目指すなら、
自分のお店を持ち、成功するのが将来性、安定性を期待する、
一番の近道です。

スーパーやコンビニでは、
機械で大量生産され安く、
かつ味も改良され続けおいしいパンが種類豊富に並んでいます。

そのパンよりも価値のあるパンを作り、
利益を出せるようになる事が、独立後の成功に繋がります。

パン職人 仕事のやりがい・本音

朝が早くて、大変なイメージのパン職人ですが、やりがいがある仕事です。

心をこめて作ったパンを、嬉しそうに選んでいるお客様の笑顔、
おいしいと言ってくれるお客様の声が、パン職人のやりがいです。

また、朝から数種類のパンを焼き上げなければいけない為、
早朝3~4時から作り始める事が殆どで大変である、
という点も、パン職人の本音です。

しかし、朝に焼きたてのパンが食べたいというお客様に提供し、
喜んでもらえるために、早朝からの営業をします。

パン職人 仕事の良い点

パン職人の仕事の良い点は、技術が身に付く事です。
パン作りだけでなく、調理パンなど包丁を使用しての調理では、

野菜の切り方や、
調理パンの具材の味付けなどの調理テクニックも学べます。

それらの技術を生かして独立開業できるのも
パン職人の仕事の良い点です。

スポンサードリンク

パン職人 仕事の悪い点

パン職人の仕事の悪い点は、
早朝から店舗の閉店までと労働時間も長く、
立ち仕事で、同じ姿勢でいることも多く、体力的にハードな点です。

そして、盆と正月くらいしか休みがなく、
プライベートの時間がとれないのも、
この仕事の悪い点です。

本当にパンを作る事にやりがいを感じていないと
この仕事は難しいでしょう。

パン職人 仕事の内容

パン職人の仕事の内容は、早朝からパン生地を作って、
発酵させ数種類のパンを焼き上げます。

また焼き上げたパンを店頭に並べます。
個人経営のパン屋の場合は、
接客やレジ打ちなどの仕事もあります。

開業をして、オーナーになった場合は、
仕入れから、売り上げの管理、新商品の開発なども大事な仕事です。

パン職人 仕事に必要な資格

パン職人の仕事に必要な資格は、必須な資格はありません。

しかし、パンやお菓子の専門学校に進学して、
パン作りの知識と技術を学び、パン職人としての実力を証明するために、
厚生労働省認定のパン製造技能士の国家資格を取得することができます。

また、独立開業するには、食品衛生責任者の資格を取得する事が必須となります。

パン職人 仕事に必要なスキル

パン職人の仕事に必要なスキルは、おいしさを追求する細やかな技術と、
パンの見た目も重要なため、美的センスも必要です。

また、朝早くから立ちっぱなしの作業をして、
何種類ものパンを焼き上げ、小麦粉や砂糖の業務用の重い袋を持ち上げたりする、
力仕事があるので、体力も大事なパン職人の仕事に必要なスキルといえます。

スポンサードリンク

パン職人の仕事の年収・やりがい・本音はコレに関連する記事

人気記事ランキング