製パン工の仕事の年収・やりがい・本音

お金を稼ぐ方法ネット>>仕事・資格の年収>>製パン工の仕事の年収・やりがい・本音

製パン工の仕事の年収・やりがい・本音

製パン工の仕事の年収・月収

製パン工の仕事の月収や年収は、どのような規模の事業所に勤務しているか、働く形態がパートやアルバイトなのか、あるいは正職員なのかなどによって大きく違ってきます。正職員の場合は、平均して月収25万円程度、年収は500万円程度ですが、パートやアルバイトだと月収10万円程度、年収も200万円程度になります。

スポンサードリンク

製パン工の仕事は、消える職業?消えない職業?

現代の日本の食文化は、従来の米中心の文化から、パンなどを中心とする洋食文化へ移行しつつあります。朝食にパンを食べる人もだんだんと増え、自宅でなくコンビニやベーカリーショップでパンを購入して、通勤しながら食べる人も出てきています。そのため、製パン工の仕事は、今後も消えない職業として存在し続けるでしょう。

製パン工の仕事の将来性・安定性

ひと口に「パン」と言っても、賞味期限が数日の商品から、数カ月保存できる商品があったり、また冷凍状態で家庭に届けられる商品まであり、いろいろなタイプのパンが登場してきています。そのため大規模な工場で働く場合も、小さな個人経営のベーカリーで働く場合も、製パン工の仕事はしっかりとした将来性と安定性が確保されているでしょう。

製パン工の仕事のやりがい・本音

製パン工の仕事のやりがいは、自分が焼き上げたパンをお客様が喜んで手に取ってくれることでしょう。例えば自分の考案したパンが、そのベーカリーショップの目玉商品になったりすると、「この仕事をやってきて良かった」と実感することもあるでしょう。ただそのためには、一生懸命努力しなければならないのが大変だという本音も聞かれます。

製パン工の仕事の良い点

製パン工の仕事の良い点は、毎日「美味しいパンを作ろう」という意欲を持って仕事ができるという点です。また、技術を習得できると、家庭でも美味しいパンを作れるようになります。さらにスキルアップができると、自分で開業してベーカリーショップのオーナーになれる可能性も出てくるという点も、良い点としてあげることができるでしょう。

製パン工の仕事の悪い点

製パン工の仕事の悪い点は、個人経営のベーカリーなどでは朝食に間に合うようにパン作りを始めるため、夜明け前から作業に入らなくてはならないという点です。また、大規模な工場などで仕事をする場合は、ただ機械的にパンを作るだけで、お客様の顔も見えず、楽しさを感じることが少ないという点も悪い点としてあげられます。

スポンサードリンク

製パン工の仕事の内容

製パン工の仕事の内容は、製パン工場や個人経営のパン屋さんで、パンを製造する仕事です。小麦粉にイーストなどの原料を混ぜて発酵させ、成型した後、オーブンなどで焼き上げます。チョコレートやクリーム、あんなどを中に入れたり、トッピングしたり、あるいはパン自体をいろいろな形に作ったりと、その仕事は多岐に渡ります。

製パン工の仕事に必要な資格

製パン工の仕事に必要な公的な資格はありません。何も製パンに関する知識は無くても、仕事をしながら次第に覚えていくことができる技術が多いですが、食品に関する基礎的な知識を持っていると、それらの技術も体得しやすくなります。年数をかけて実務経験を重ねることで、製パン工のエキスパートとしての技術力を習得できるでしょう。

製パン工の仕事に必要なスキル

製パン工の仕事に必要なスキルは、まずは「お客様に喜んでもらえるようなパンを作ろう」という意欲でしょう。このような意欲が、頑張って働こうという気持ちにつながります。また、基本的には朝食に間に合うように、朝早くからの仕事になりますので、早起きが得意でないといけません。さらには、単純だけれど奥が深いパン作りの技術を体得しようという向上心も必要でしょう。

製パン工の仕事のまとめ

不思議なことに、製パン工が同じようなパンを焼いてくれても、美味しいパンとそうでないパンが存在します。そして、ひとつ美味しいパンがあると、そこで売られているパンのほとんどを美味しく感じてしまいます。これは、そこにいる製パン工の技術力の差なのでしょう。舌の肥えた現代人は、より美味しいベーカリーを毎日探し求めているのです。

スポンサードリンク

製パン工の仕事の年収・やりがい・本音に関連する記事

人気記事ランキング