プロボクシング選手の仕事の年収・やりがい・本音!極限まで自分を追い込む仕事!

お金を稼ぐ方法ネット>>お金の悲喜>>プロボクシング選手の仕事の年収・やりがい・本音!極限まで自分を追い込む仕事!

プロボクシング選手の仕事の年収・やりがい・本音!極限まで自分を追い込む仕事!

vboxingmurata

プロボクシング選手 仕事の年収・月収

プロボクシング選手の仕事の年収・月収はとても薄給です。

プロボクシング選手としてデビューしても
世界チャンピオンにならなければ食っていけないといわれるほど厳しい世界であり、

日本チャンピオンクラスでも
バイトと掛け持ちで試合をこなしているケースは珍しくありません。

駆け出しのうちはファイトマネーはチケットで現物支給ということも多く、
仕事の年収・月収が安いどころか赤字になってしまうこともよくあります。

プロボクシング選手 消える職業?消えない職業?

プロボクシング選手は非常に厳しい仕事ですが、
消える職業?消えない職業?という疑問はあまり聞かれません。

全世界にファンがいる人気スポーツですし、
成功すればビッグドリームをつかめる仕事です。

プロボクシング選手として己を磨いて人間的、
社会的な成功を目指す人は後を絶ちません。
消える職業?消えない職業?という不安は不要です。

スポンサードリンク

プロボクシング選手 将来性・安定性

プロボクシング選手を目指す限り、
将来性・安定性といった言葉とは無縁だと覚悟しておきましょう。

プロボクシング選手はそもそも生活そのものが不安定なほど薄給ですし、
たとえチャンピオンにまで上り詰めたとしても
たった一度の敗戦ですべてを失ってしまう厳しい世界です。

プロボクシング選手は活躍次第で大成功が望めますが、
何の保証もない将来性・安定性とは無縁の世界です。

プロボクシング選手 仕事のやりがい・本音

プロボクシング選手にとっての一番の仕事のやりがい・本音は、
己と極限まで向き合うことです。

プロボクシング選手はあらゆるスポーツ・格闘技の中で最も自分を追い込む競技です。

生と死のギリギリまで自分を追い込むことでしか見えない世界を一度でも体験した人たちは、
これこそがこの仕事のやりがい・本音であり危険な競技に命を懸けられる理由だと語ります。

プロボクシング選手 仕事の良い点

プロボクシング選手という仕事の良い点は、
実力勝負の世界だという点にあります。

己の才覚と拳ひとつで勝負するプロボクシング選手には、
出自や過去の経歴など全く関係ありません。

リングに上がればすべての選手は平等に扱われ、
実力のみで勝負が決することになります。

誰であろうと関係なく、
純粋に裸一貫の実力のみで勝負できるのが、
この仕事の良い点です。

スポンサードリンク

プロボクシング選手 仕事の悪い点

プロボクシング選手という仕事の悪い点は、
常に死と隣り合わせの危険に身をさら差なければいけない競技であることです。

色々な安全対策は講じられているものの、
試合中の事故で後遺症を負ったり亡くなってしまうプロボクシング選手は後を絶ちません。

それだけ危険な競技なのに、
トップまで上り詰めなければ生活すらままならないほど何の保証もない低い待遇であることも、
この仕事の悪い点です。

プロボクシング選手 仕事の内容

プロボクシング選手の仕事の内容は、
トレーニングと試合です。

ボクシングの試合は体の負担が大きいため、
1年間で3~5試合程度しかこなせません。

それ以外の日は毎日厳しいトレーニングと
駆け出しのうちは生活費稼ぎのためのアルバイトに明け暮れる毎日です。

プロボクシング選手が最も厳しいスポーツであるといわれる最大の理由が、
試合前の減量です。

仕事内容の中でも最もきつい減量ですが、
失敗すれば試合を行うことすら不可能です。

プロボクシング選手 仕事に必要な資格

プロボクシング選手という仕事に必要な資格は、
プロボクサーのライセンスです。

日本ボクシングコミッション(JBC)が実施するプロテストに合格して
ライセンスを取得しなければ、プロとしての第一歩を踏み出すことはできません。

プロボクシング選手という仕事に必要な資格はプロライセンスだけですが、
誰でもとれるものではなく32歳までという年齢制限や健康状態による制限があります。

プロボクシング選手 仕事に必要なスキル

プロボクシング選手という仕事に必要なスキルは、
強靭な精神と肉体です。

己をぎりぎりまで追い詰めなくてはいけないプロボクシング選手は、
強靭な精神と肉体が無ければ厳しい選手生活に耐えることができません。

仕事に必要なスキルはとてもシンプルなものですが、
ファンを獲得するためのサービス精神や支えてくれる人たちへの感謝の心もとても大切です。

スポンサードリンク

プロボクシング選手の仕事の年収・やりがい・本音!極限まで自分を追い込む仕事!に関連する記事

人気記事ランキング