紡績運転工の仕事の年収・やりがい・本音

お金を稼ぐ方法ネット>>お金の悲喜>>紡績運転工の仕事の年収・やりがい・本音

紡績運転工の仕事の年収・やりがい・本音

紡績運転工 仕事の年収・月収

紡績運転工の収入は年収で平均約430万円、月収で約29万円というデータが出ています。平均年齢は39歳と平均的ですが、比較的勤続年数が長いケースが多く、そのため平均の収入額が上がっているようです。
残業も1日平均で約30分前後と比較的少ないケースが多く、プライベートの時間とのバランスも悪く無いようですただし、基本的に交代制を採用している工場が多いため、変則的な生活となることが多いでしょう。
逆に言えば、変則的なシフトを強いられているからこその、高い収入といえるかもしれません。

スポンサードリンク

紡績運転工の仕事は、消える職業?消えない職業?

人間の生活に必要不可欠といえる衣類等に代表される繊維に関わる仕事をしているのが紡績運転工です。ですので、紡績運転工は消えない職業といえます。
ただし日本国内に限定した場合、紡績の仕事は現在、人件費の安い海外に拠点を移すケースが増えています。国内の紡績産業が衰退している傾向があり、大企業だけでなく中小企業も生産拠点を海外に移しているケースが多いため、国内に限れば消える職業となるかもしれません。

紡績運転工 仕事の将来性・安定性

安定性に関しては、その働き方や雇用形態によります。アルバイトや派遣といった非正規雇用であればあまり安定しているとはいえないですし、正社員であればそれなりに安定しているといえます。
将来性に関しては、企業の規模に関わらず生産拠点を海外に移すケースが増えており、結果的に国内の紡績産業が衰退している傾向があります。そのため長い目で見た場合、国内での紡績運転工の仕事がなくなる、もしくは収入が減るという事態が考えられます。紡績運転工を続けていきたい場合は、所属する企業の規模や業績にも注意を向けなければならないでしょう。

紡績運転工 仕事のやりがい・本音

基本的に紡績工は流れ作業になります。スキルが必要な仕事でもあり、糸の均一性が重要視されます。糸が切れるというアクシデントが日常茶飯事であり、そのアクシデントから少しでも早く復旧し、生産量を上げることにやりがいを感じる人は多いようです。
ただし基本的には流れ作業であるため、仕事内容が単調になりがちです。そのため、もっと仕事内容に変化がほしいと本音の部分では思っている人も多いようです。

紡績運転工 仕事の良い点

紡績産業では働きながら勉強が出来る制度を設けている会社が多く、余暇を利用して資格や技能を習得するための制度が整っているところが多いです。その点を良い点として上げる人が多くいます。教科の種類や学習内容も、会社によって特色があるようです。
また、仕事は基本的に単調ではありますが、裏を返せばノウハウさえ習得できれば、あとはその繰り返しと応用です。一つのことにじっくりと取り組みたい人にとってこの点は良い点といえるでしょう。

紡績運転工 仕事の悪い点

やはり将来性に難がある点でしょう。現在では人件費の安い海外に生産拠点が移されるケースが増えています。そのため、紡績運転工としての仕事を国内で続けていくためには、人件費の安い海外と争わなくてはいけなくなってきます。収入の低下が考えられ、それはこの仕事の悪い点といえます。
また、その仕事内容は単調です。そのため、毎日の仕事に変化がほしい人にとっては毎日が同じ作業の繰り返しのなる紡績運転工の仕事は退屈に感じるでしょう。その点も悪い点といえます。

スポンサードリンク

紡績運転工 仕事の内容

天然繊維は繊維の長さが短く、連続した一本の長い糸に作り直す作業が必要になります。それが紡績と呼ばれる作業で、それを機会を使って行うのが紡績運転工の仕事内容です。いくつかの工程に分かれていますが、共通していえる事は、原料の供給のストップや製品の糸が途中で切れた場合などは、速やかに対処して生産を再開させることです。そのためには集中力や判断力が必要になります。また均一な品質の糸の生産が求められるため、糸が切れてしまった場合のつなぎ方などにも熟練した技術が求められます。

紡績運転工 仕事に必要な資格

紡績運転工になるために必要な資格は特にありません。
なり方ですが、学校を卒業した後に紡績会社に就職するのが一般的なようです。また、もう一つメジャーな方法として、公共の職業安定所からの紹介で就職するケースも有ります。
新入社員への教育が充実しているケースが多く、未経験だからと気負う必要もないようです。基礎的な知識の習得に一週間ほど。技能の習得に半年から一年ほど時間がとられるようです。必要な資格も無いことなどから、誰でも気軽になることが出来る職業といえます。

紡績運転工 仕事に必要なスキル

よく必要と言われているのが、手先の器用さです。紡績運転工に必要な作業には細かい作業が多く、それを問題なく行える手先の器用さが必要と言われています。
また近年では、コンピュータを利用した集中管理が行われているケースが増えており、そのためにもパソコンをはじめとしたコンピュータを自在に扱えるスキルも必要といえます。
それに関連して、近年では注意力、観察力、判断力も必要と言われており、紡績運転工に求められるスキルは多種多様になりつつあります。

紡績運転工の仕事のまとめ

今後のことを考えると、中々厳しい職業と言わざるを得ません。職業そのものが無くなることはないといえますが、国内においてはすでに衰退のはじまっている産業です。今後は
海外の人件費の安さと戦っていかなければならない関係上、収入の低下は覚悟しておいたほうが良いでしょう。
その反面、誰でもなれるという点や新人教育が充実しているという点はうれしいものです。この点は現在の仕事環境においては中々見られない、素晴らしい点です。もっとも、就業出来ても将来性には難があるのですが……
『衰退しつつある素晴らしい職業』というのが紡績運転工のまとめといえるかもしれません。新人の受け皿がしっかりしている産業が衰退しつつあるというのは、なんとも悲しい現実です。

スポンサードリンク

紡績運転工の仕事の年収・やりがい・本音に関連する記事

人気記事ランキング