書店店員の仕事の年収・やりがい・本音

お金を稼ぐ方法ネット>>お金の悲喜>>書店店員の仕事の年収・やりがい・本音

書店店員の仕事の年収・やりがい・本音

書店店員の仕事の年収・月収

書店店員の仕事の月収や年収は、その店員の身分が正社員なのか、パートやアルバイトなのかによってだいぶ違ってきます。正社員の場合は、平均すると月収は25万円から35万円程度、年収は400万円から500万円程度になりますが、パートやアルバイトの身分だと、月収は10万円程度、年収も130万円程度になります。

スポンサードリンク

書店店員の仕事は、消える職業?消えない職業?

子どもたちの活字離れが進んでいる今の日本では、小さな書店はどんどんと淘汰されて、現在は大型店舗の書店のみが生き残ってきている状態です。また、インターネットを通じての書籍購入も増えてきていますので、書店店員の総数としては減少傾向にありますが、店舗としての書店が全くなくなってしまうこと無いので、これからも書店店員の仕事は消えない職業と言えます。

書店店員の仕事の将来性・安定性

書店は全体的な数として減りつつありますが、書店は大型店に移行していきながら、これからも存在していくことでしょう。また、インターネットを使って書籍を購入する人も増えてきていますが、実際に書籍を手にとって選びたいと思う人や、書店の雰囲気が好きな人も多いので、これからの書店店員の仕事の将来性や安定性は、しっかりしたものがあると言えます。

書店店員の仕事のやりがい・本音

書店店員の仕事のやりがいは、自分が気に入った書籍のおススメのポップなどを書いたり、レイアウトを工夫したことで、その書籍の売り上げが伸びた時に感じることができるでしょう。自分の目に狂いは無かったと、自信を持つことにもつながります。ただそのためには、本を読み込まないといけなくて、なかなか時間が見つけられないという本音も聞かれます。

書店店員の仕事の良い点

書店店員の仕事の良い点は、いつも大好きなたくさんの本に囲まれて過ごすことができるという点です。もちろん仕事中に本を読むことはできませんが、新発売の本をいち早く手に入れることができたり、書籍や作家についての情報を素早くゲットできるのも、良い点としてあげられます。また自分が勧めた本をお客様が購入してくれた時にうれしさを感じる点も良い点でしょう。

書店店員の仕事の悪い点

書店店員の仕事はいつも室内にいてレジに立っているだけでよくて、きれいな仕事だと思われがちですが、書店店員の仕事の悪い点は、売れ残りの書籍を返却したり、段ボールに箱詰めされてきた書籍を本棚に並べるなどの仕事は、意外に重労働であるという点です。重たい物を運ぶことが多いので、腰を痛めたり、腰痛持ちになってしまう人もいるという点も悪い点です。

スポンサードリンク

書店店員の仕事の内容

書店店員の仕事の内容は、仕入れた書籍を決まった棚に入れたり、人気のある書籍を陳列したり、ポップ記事にまとめたりします。もちろんレジに立って会計作業もしますし、時には売れ残った書籍を返品する作業もあります。お客様のニーズを敏感に読み取り、売れ筋の書籍を目立つところにレイアウトしたりするのも重要な仕事のひとつです。

書店店員の仕事に必要な資格

書店店員の仕事に必要な公的な資格はありません。そのため誰でもすぐに始められる仕事ではありますが、基本的に本が大好きで興味がはないと、お客様の問い合わせに答えられない場合も出てきますし、重たい書籍を扱う仕事が重荷になってしまうこともあります。また接客業でもありますので、丁寧な態度で応じることも大切です。

書店店員の仕事に必要なスキル

書店店員の仕事に必要なスキルは、第一に本に対する知識が『豊富であることです。どのような種類の本が書店内のどこの棚に置いてあるかだけではなく、お客様のニーズに合う書籍がどれなのかを的確に判断できる知識も必要になります。さらに接客業ですので、笑顔でお客様に対応できるコミュニケーション能力も必要になるでしょう。

書店店員の仕事のまとめ

書店にいてたくさんの本に囲まれていると、用事が無い限りそこで何時間も過ごしたいと思ってしまいます。そこに、気の利いた書店店員さんが働いていてくれると、ますますそこに通いたくなってしまいます。書店全体の数が減ってきている昨今だからこそ、プロフェッショナルな書店店員がたくさんいる書店が生き残っていくに違いありません。

スポンサードリンク

書店店員の仕事の年収・やりがい・本音に関連する記事

人気記事ランキング