消える職業?消えない職業?ブックデザイナーの仕事の年収・やりがい・本音

お金を稼ぐ方法ネット>>仕事・資格の年収>>消える職業?消えない職業?ブックデザイナーの仕事の年収・やりがい・本音

消える職業?消えない職業?ブックデザイナーの仕事の年収・やりがい・本音

book

消える職業?消えない職業?ブックデザイナー 仕事の年収・月収

ブックデザイナーの収入は働き方や実績によって、大きく左右されます。平均で考えても、年収では100~400万、月収でも10万円以下~40万前後……とかなりの開きがあります。
天野喜孝さんのようにグラフィックデザイナーやイラストレーターがブックデザイナーの仕事を兼任している場合が多いのも特徴で、その場合はグラフィックデザイナーやイラストレーターの収入の平均額も考慮に入れたほうが良さそうです。
売れっ子のブックデザイナーの場合は、年収で4000万円オーバーの場合もありますが、そこまで上り詰める事ができるブックデザイナーはほんの一握りといえます。

スポンサードリンク

ブックデザイナーの仕事は、消える職業?消えない職業?

本が売れないと言われて久しい昨今ですが、それでも紙で出来た書籍は、未だ根強い人気のある媒体となっています。よほどのことがない限り、今後もその状態は続くことでしょう。
このことから考えると、ブックデザイナーの仕事は今後も消えない職業として残り続けるといえます。
ただし、今現在イラストレーターやグラフィックデザイナーとの兼任として仕事をしているブックデザイナーが多くいるため、仕事そのものはなくならないものの、『ブックデザイナー』という呼び名はなくなってしまうかもしれません。そういう意味では、消える職業となる可能性もゼロではないといえます。

消える職業?消えない職業?ブックデザイナー 仕事の将来性・安定性

安定性に関しては難しいといえます。ブックデザイナーの仕事は基本的に一部の経験豊かで実績も豊富なブックデザイナーに集中する傾向があります。加えて、昨今の出版不況が重なり、経験や実績が乏しいうちは、少ない収入でやっていくことを覚悟しなければならないでしょう。
逆に言えば、経験を積み実績が認められれば、安定的かつ大量に仕事が依頼されることになるともいえます。そうなってしまえば独立して稼ぐことも可能なため、ブックデザイナーの仕事に将来性がないわけではないといえます。だだし、その域まで上り詰めることが出来るのは、ごく一部の人だけであるという点だけは、忘れないようにしなければなりません。

消える職業?消えない職業?ブックデザイナー 仕事のやりがい・本音

書籍というものは、息の長いものです。読書家の人であれば、手放したくない本、人生を変えた本というのが一冊や二冊はあります。
ブックデザイナーにとって、誰かにとってのそんな本を作り上げられることは、何よりも大きな仕事のやりがいになるとのことです。
ただし、その勤務時間の長さから、多くのブックデザイナーの方が共通して、『プライベートを切り離せない』という嘆きにも似た仕事の本音をお持ちのようです。

消える職業?消えない職業?ブックデザイナー 仕事の良い点

自分が手がけたものが形として世の中に残ることを、良い点として挙げる方が非常に多いです。書籍は一度出版されれば長い間存在し続ける嗜好品です。たとえ出版が終わっても、素晴らしい書籍であれば、古本屋や誰かの本棚にずっと存在し続けます。その点を良い点と捉えている方は多いようです。
また、場合によってはイラストレーターや写真家といった複数のスタッフと、目的意識を持って働けるという点を仕事の良い点として挙げる方もいらっしゃいます。やはり複数人で一つのものを作り上げる楽しさというのは、中々他の仕事では味わえないものです。

消える職業?消えない職業?ブックデザイナー 仕事の悪い点

ブックデザイナーは本のデザインを行うという点で、クリエイター色の強い職業といえます。そのため、クリエイター色特有の『休む時間が持てないほど、業務に携わる時間が長い』という悪い点があります。そのため生活との両立が難しく、神経をすり減らしてしまい退職してしまうブックデザイナーの方もいらっしゃいます。
別の側面では、デサインの良し悪しを決めるには実はクライアントや顧客、自身の上司などではなく、その本を手に取る読者です。そのため、何が正解なのか見えづらい部分があり、その点をブックデザイナーの仕事の悪い点として挙げる方もいらっしゃいます。

スポンサードリンク

消える職業?消えない職業?ブックデザイナー 仕事の内容

簡単に言うと、書籍のデザインを行うのがブックデザイナーの仕事の内容です。似たような仕事でエディトリアルデザイナーがありますが、あちらが本の中身を読みやすさも考慮して機能的にデザインするのに対し、ブックデザイナーは本の外観をデザインするという違いがあります。
書籍の魅力が伝わり、かつ大量の本が並ぶ書店内において目を引くデザインを制作します。色の度合いや写真、イラストの配置、フォントの選定や場合によっては紙の質感なども考慮してデザインをする必要が出てきます。近年では、良質なデザインをする一部のブックデザイナーに仕事が殺到するという傾向があります。
現在ライトノベル等のブックデザインを多く手掛け、TVアニメにもなった『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』などのデザインを手がけたシイバミツヲさんシイバケンヂさん兄弟ですが、その仕事量が時に話題となります。一時、50冊のライトノベルの新刊のうち、半数が兄弟のデザインだったという珍事が発生したこともあります。

消える職業?消えない職業?ブックデザイナー 仕事に必要な資格

ブックデザイナーになるのに必要な資格は特にありません。なり方ですが、大学や専門学校を卒業した後、出版会社やデザイン事務所で経験を積んだ後、ブックデザイナーになるのが一般的なようです。
現在では中々ブックデザイナー一本で仕事があるわけではなく、多くはグラフィックデザイナーやイラストレーターが兼任している場合がほとんどです。その為、ブックデザイナーとしての経験を積むのは、グラフィックデザイナーやイラストレーターになってから……と割りきったほうが良いかもしれません。

消える職業?消えない職業?ブックデザイナー 仕事に必要なスキル

本の内容や魅力をデザインで表現する必要が有るため、読解力とデザイン力がブックデザイナーの仕事に必要なスキルといえます。
また、魅力的なデザインを制作するためにも、世の中に対してアンテナを張り続け、優れたデザインを貪欲に吸収する意欲も必要になります。著名なブックデザイナーである重原隆さんは、とあるジャズのレコードのジャケットデザインにヒントを得て、ドラッカーの名作『プロフェショナルの条件』の装丁を行い、大ヒットに導いています。
加えて、近年ではパソコンのソフトを利用してデザインをする場合が多いため、ある程度のパソコンスキルも必要になるでしょう、フォトショップやイラストレーター等数多くのソフトを利用して制作する関係上、媒体によって効率的にソフトを使い分けるスキルがあると、かなりブックデザイナーの仕事に有利といえます。

消える職業?消えない職業?ブックデザイナーの仕事のまとめ

クリエイター色の強い職業なため、経験や実績に乏しい下積み時代は厳しい生活を強いられます。また、たとえ充分に経験を積んだ後であっても、現在の状況では一部の実績あるブックデザイナーに仕事が集中する状況がつづいており、自身に仕事が回ってくるかどうかは分かりません。非常に厳しい状況が続いているのが現状です。
さらに昨今の出版不況も重なっている為、ブックデザイナーとして生き残っていくにはかなりの覚悟が必要となるでしょう。仕事のまとめとしてはかなり厳しいものがありますが、そう言わざるをえないのが現実です。

スポンサードリンク

消える職業?消えない職業?ブックデザイナーの仕事の年収・やりがい・本音に関連する記事

人気記事ランキング