美容師の仕事の年収・やりがい・本音はコレ

お金を稼ぐ方法ネット>>お金の悲喜>>美容師の仕事の年収・やりがい・本音はコレ

美容師の仕事の年収・やりがい・本音はコレ

biyousi

美容師 仕事の年収・月収

美容師の仕事の年収は平均280万円で、
月収は23万円、ボーナスは年間で6万円といった所です。

アシスタント時代の月収は13万円〜17万円程と言われており、
激務の割に低収入です。

ですが、スタイリストになれば独立の道も開け、
収入は大きく変わります。

美容院「Earth」のオーナーである國分利治さんは
創業一代で年収3億円を実現したと言われています。

スタイリストの仕事の年収や月収は、
独立する場合、仕事がなければ収入は0ですが、
大成功すれば億を稼ぐ事も可能な世界です。

スポンサードリンク

美容師 消える職業?消えない職業?

美容師は消える職業?消えない職業?という声も聞こえますが、
美容院は全国に約22万店舗もあり、就職に困る事はありません。

最近では、高齢化に合わせたシニア層向けのハートフル美容師が誕生したり、
得意分野を持つサロンが増えています。

様々な方向性で働く事が出来る美容師は、
消える職業?消えない職業?と思うどころか、
これからも必要とされる職業です。

美容師 将来性・安定性

美容師の将来性は、サロン勤めの場合、
長年働いても大幅な収入アップを期待する事は出来ません。

安定性の面は、ボーナスや退職金などが無い企業が多く、
決して恵まれているとは言えません。

その為、30歳を超えたあたりから独立開業する美容師が多くみられます。

美容院の店舗数は大変多く、
生き残る為には高度な技術や独自のサービスが必要となります。

独立後の将来性や安定性は、
全て自分の実力にかかっています。

美容師 仕事のやりがい・本音

大変なイメージの美容師ですが、
毎日がやりがいに溢れています。

美容師の仕事のやりがいは、
自分が作り上げたスタイルでお客様が綺麗になる事です。

仕上がったスタイルを気に入ってくれた時の
達成感はたまりません。

ただ、営業時間外にレッスンを行う為、
労働時間が長く、
その割に給料が恵まれないなというのも美容師の本音です。

ヘアスタイルの撮影やトレンドの勉強など、
カット以外の仕事に関われる事が、美容師の仕事のやりがいですね。

美容師 仕事の良い点

美容師の仕事の良い点は、
おしゃれが出来る事です。

好きな髪色や髪型をして、
トレンドのファッションを楽しむ事が出来ます。

そして、カットの技術や美容についての知識が高まり、
自身に活かせます。

また、美容院は費用的に出店しやすく、
独立開業出来る所も美容師の仕事の良い点です。

スポンサードリンク

美容師 仕事の悪い点

美容師の仕事の悪い点は、
労働時間が長く体力的にも精神的にもハードな割に、
収入が低い事です。

そして、ハサミやレッスンに使うウィッグ代なども自腹になります。

更には、
ただでさえ少ない休みが講習で埋まることもあります。

パーマ液やカラー剤により、
手荒れや水泡を引き起こす事も、美容師の仕事の悪い点です。

美容師 仕事の内容

美容師の仕事の内容は、主にカットやカラーリング、
パーマなどをお客様のオーダーに添って行う事です。

髪の手入れやヘアセット方法のアドバイスも行います。

他にも、冠婚葬祭時の着物の着付けやメイクなども、
美容師の仕事の内容になります。

美容師 仕事に必要な資格

美容師の仕事に必要な資格は、
厚生労働大臣が発行する美容師免許になります。

美容師免許は、美容学校を卒業し
国家試験に合格する事で取得する事が出来ます。

美容学校には、昼間制、夜間制、通信制の3つの種類があり、
2年制の美容学校を卒業すれば、最短で美容師免許を取得する事が出来ます。

美容師 仕事に必要なスキル

美容師の仕事に必要なスキルは、
確かな技術と優れた美的センスです。

その他に、お客様のニーズに合ったヘアスタイルを提案する能力や、
お客様を楽しませるコミュニケーション力が、
美容師の仕事に必要なスキルといえます。

スポンサードリンク

美容師の仕事の年収・やりがい・本音はコレに関連する記事

人気記事ランキング