ベルパーソン(ホテル)の収入・年収は300万円。ホテル利用客を客室まで案内するのが仕事

お金を稼ぐ方法ネット>>お金の悲喜>>ベルパーソン(ホテル)の収入・年収は300万円。ホテル利用客を客室まで案内するのが仕事

ベルパーソン(ホテル)の収入・年収は300万円。ホテル利用客を客室まで案内するのが仕事

ホテルマンは映画にも取り上げられるほど人気のある花形の職業ですが、ホテル内には役割分担があるものです。

その中でもお客様を客室まで案内するベルパーソンについて、仕事の大変さや収入についてまとめてみました。

スポンサードリンク

1.ホテル利用客を客室まで案内

ホテルに宿泊する際にはまずフロントでチェックインを行い、その後でベルボーイやベルガールといったベルパーソンが泊まる部屋まで案内してくれるものです。

宿泊客にとってベルパーソンはごく短時間だけ接するホテルスタッフの1人ですが、最初のおもてなし役を務めるだけにホテルの第一印象を大きく左右します。

そのため一流ホテルに勤めるベルパーソンは、言葉遣いはもちろん接客マナーや身だしなみに至るまできちんとしていなければなりません。

宿泊客の荷物を客室まで運ぶ役割もベルパーソンが担うことから、ある程度の体力も求められる仕事です。

部屋まで案内する短い時間にはホテル内の設備や非常口などについて説明し、必要に応じて観光案内を務める場合もあります。

専任のコンシェルジュやドアマンを設置していないホテルではベルパーソンがそれらの役目も兼務しなければならないため、極めて多彩な役割を1人でこなしてるのです。

2.平均よりも低い年収も離職率の高い一因

空調の効いたホテルに勤務しながら立派な制服に身を包んで宿泊客の案内役を務める職業だけに、ベルパーソンは高給の待遇で雇われているように思われがちです。

しかしながら現実のホテルマンは全般に給与水準がそれほど高くないと言われており、ベルパーソンもその例外ではありません。

ベルパーソンの初任給はホテルの規模によっても違いがありますが、20万円以下という例も少なくないものです。

年収にすると300万円未満のホテルが多数を占めており、約400万円と言われる会社員の平均年収を上回る大手のホテルは全体でも一部に過ぎません。

そうした点も一因となってベルパーソンは離職率が高く、長期間にわたってこの仕事を続けている人の方が少ないと言えます。

ベルパーソンには採用間もない社員を研修を兼ねる形で配属し、ホテルマンとしての経験を積ませようという方針を取っているホテルが多いほどです。

ホテルマンの中でも一流ホテルの支配人クラスになると、年収1000万円以上の高収入を得ている人もいます。

3.ほとんど立ちっぱなしの仕事はハード

長年にわたってベルパーソンを務めているベテランもまったくいないわけではありませんが、この仕事は基本的に立ち仕事で重い荷物を運ぶ必要があるため体力を要します。

宿泊客の案内をしていない間もベルパーソンは勤務時間中ずっとロビーに待機していなければならないのです。

キレイな制服を着ていてもベルパーソンの仕事はかなりの重労働で、場合によっては不審者が侵入したりしないかどうか監視する警備員の役割まで求められることがあります。

そのためベルパーソン全体の平均年齢も低い傾向が見られ、大半のホテルでは20代の人が担当しています。

一方でベルパーソンはホテル内の設備から近隣の観光情報まで幅広い知識を身につけなければならないため、単純な肉体労働ではありません。

宿泊客の中にはベルパーソンに対して横柄な態度を取る人もいますが、どのような場合でもホテルの名を汚さないよう接客マナーを守ることが求められます。

スポンサードリンク

4.一流ホテルでは有名人の案内を務めることも

ベルパーソンにはそうした仕事の大変さがある一方で、お客様を案内する役割ならではのやりがいも実感できるものです。

ホテルマンはそれぞれ担当部署ごとに果たす役割が大きく異なりますが、厨房担当や客室係・管理部門など裏方の部署ではお客様と直接顔を合わせる機会がほとんどありません。

その点でベルパーソンはたとえ短い時間でもお客様と間近に直接顔を合わせ、会話を交わすこともできる得な役回りとも言えます。

宿泊客によっては前述のように不愉快な思いを味わう場合もありますが、一流ホテルは芸能人や各界の有名人などにもよく利用されてものです。

そうした著名人と接する機会を持てる点もホテルマンが人気の職業とされているだけに、ベルパーソンはフロント係やルームサービスなどと並んでホテル内でも恵まれた役目だと言えます。

もちろん有名人でない一般の人が宿泊する場合であっても、客室まで案内を務める仕事に充実感を感じながら日々の勤務に励んでいるベルパーソンは多いものです。

5.ホテルマンとしての就職に役立つ資格

ベルパーソンを含めたホテルマンは全般にそれほど高学歴が求められず、採用されるのに必要な資格なども特にありません。

誰にでも平等に門戸が開かれている点がホテルという職場の特徴でもありますが、接客を主とする宿泊業だけに仕事をする上ではいろいろな知識も求められてきます。

専門学校などで観光やホテルに関する専門教育を受けた人は予備知識を持っているため、そうでない人よりホテル業界に就職した場合でも適応力が高いものです。

特に外国人の観光客やビジネスマンが多く利用する大都市のシティホテルなどは、ベルパーソンにも語学力が求められます。

外資系ホテルの中には、TOEIC高スコアに相当する英語資格取得を採用条件としているところもあるほどです。

ホテルに関する資格を取得しておけばベルパーソンとしての就職にも役立つ可能性はありますがが、ホテル実務技能認定検定は専門学校などに通っている人を対象とした団体受験のみ受け付けています。

次のキャリアを描きながら働きたいベルパーソンの仕事

何かと体力を要するベルパーソンは若い人ほど有利な職業で、一生の仕事と言うよりはホテルマンの入門編といった位置にあります。

ベルパーソンとして働くことで、ホテル内の幅広い知識と接客術が身につくものです。

若い頃にベルパーソンで経験を積んだ後に出世し、ホテル支配人になって高収入を実現させた人も少なくありません。

スポンサードリンク

ベルパーソン(ホテル)の収入・年収は300万円。ホテル利用客を客室まで案内するのが仕事に関連する記事

人気記事ランキング