ビューティーアドバイザーの仕事の年収・やりがい・本音

お金を稼ぐ方法ネット>>所詮この世は金と愛>>ビューティーアドバイザーの仕事の年収・やりがい・本音

ビューティーアドバイザーの仕事の年収・やりがい・本音

beauty-advisor

ビューティーアドバイザー 仕事の年収・月収

ビューティーアドバイザーの収入は所属する企業によって変わります。
全体の平均では年収で570万円、月収で47万円というデータがあります。はじめから収入が言いわけではなく、勤続を重ね、店舗運営責任者や新人研修などを任されれば、収入がアップしていきます。
また、この職業の特徴として、売上実績に応じてインセンティブが発生します。実績を残せば残した分だけ収入アップに繋がります。
40歳前には引退される方が多い業界ですので、生涯収入という観点でいくと、そこまで高額なわけではないようです。

スポンサードリンク

ビューティーアドバイザーの仕事は、消える職業?消えない職業?

女性にとって化粧品は決して欠かすことの出来ないものです。また近年では、男性も化粧品を使うようになってきており、男性の基礎化粧品なども販売されるようになってきています。
ビューティーアドバイザーは化粧品を販売する仕事ですので、必然的にビューティーアドバイザーという職業はなくなることはないといえます。確かに近年ではビューティーアドバイザーの雇用形態が変化しつつありますが、職業そのものは消えない職業といえます。働き方や対面販売という形は変化するかもしれませんが、消える職業となることはないでしょう。

ビューティーアドバイザー 仕事の将来性・安定性

安定性に関してですが、、近年ではビューティーアドバイザーは非正規雇用が増えてきています。従来であれば化粧品メーカーに雇用されるケースがほとんどだったのですが、現在では販売店や百貨店の契約社員というケースが増えています。アルバイトやパートに比べると比較的安定はしていますが、それでも安心出来る立場とはいえません。
将来性に関してですが、近年ではインターネットのオンラインショップが台頭してきており、店頭販売での化粧品売り場が縮小されつつあるというデータが出ています。そのため将来性においてもあまり高いとは言えないのが現状です。自分の強みをしっかり出していかないと、今後ビューティーアドバイザーとして生き残っていくのは難しいかもしれません。

ビューティーアドバイザー 仕事のやりがい・本音

やはりお客様の『キレイになれてうれしい』という言葉を聞いた時に、大きなやりがいを感じるという方は多いようです。メイクひとつで人は印象が変わります。メイクの出来でその日一日の気分も変わります。自分がおすすめした化粧品、メイクのやり方でお客様がキレイになり、お客様がうれしそうにしている姿を見ると、とても大きなやりがいを感じるといいます。
またもっと直接的な部分で、売上実績が自身の収入に反映されるという点にもやりがいを感じている人が多いようです。自身のがんばりがわかりやすい形で評価されるのはやはりうれしいものです。そういったところにやりがいを感じるという本音を持っている方は多いようです。

ビューティーアドバイザー 仕事の良い点

ビューティーアドバイザーの方は、常に最新のメイクを勉強し続ける必要があります。普段からメイクをするのが好きな人や、化粧品に興味がある人の場合は、好きなことを仕事に直結させ、流行を追い続けることが出来ることは良い点といえるでしょう。
また、もう一つのうれしい特権として、最新のメイク技術や道具、新商品を無料で試す機会が多いというのもうれしい点です。メイクが好きな人にとっては、これはとてもうれしい良い点であるといえます。

ビューティーアドバイザー 仕事の悪い点

ビューティーアドバイザーの良い点として実績に応じて収入が増えるという点がありますが、裏を返せば結果を出せない場合は収入は増えません。企業によっては売上目標を設定しているところもあり、プレッシャーの中で仕事をしたくない人の場合、これは悪い点といえるでしょう。
また近年では、非正規の人の割合が増えていることが問題視されています。同じ仕事をしていても収入面において正社員と非正規の職員では収入面でかなりの開きがある場合も多く、その点は悪い点といえます。

スポンサードリンク

ビューティーアドバイザー 仕事の内容

端的に言うと、化粧品を販売することがビューティーアドバイザーの仕事となります。
百貨店や駅ビル、ドラッグストアなどでお客様の相談にのり、お客様にぴったりな化粧品を紹介します。実際にお客様の手の甲に化粧水や乳液をつけてもらったり、実際にメイクを施して発色を確かめてもらうこともあります。訪問販売という形を取って販売するビューティーアドバイザーの方もいます。
人によって肌質や髪質は千差万別です。それに応じたカウンセリングを行うのもビューティーアドバイザーの重要な仕事です。それが化粧品の売上につながります。
近年では女性だけでなく、男性向け化粧品も増えています。そのため、女性だけでなく男性のビューティーアドバイザーも増えてきています。

ビューティーアドバイザー 仕事に必要な資格

ビューティーアドバイザーになるのに必要な資格は特にありません。
なり方ですが、学校を卒業した後にビューティーアドバイザーの募集をしている企業に応募するのが一般的になります。
実際にはビューティーアドバイザーに必要な知識や技術はかなりハイレベルになります。そのため、美容師の専門学校を卒業した後にビューティーアドバイザーとなる人もいます。実際に募集要項で美容系専門学校卒を優遇するケースも多いようです。
ビューティーアドバイザーにとって有利な民間資格もありますので、適時取得していくと良いでしょう。

ビューティーアドバイザー 仕事に必要なスキル

基本的には接客業の部類には入りますので、接客スキルは必要なスキルといえます。特に、お客様に分かりやすく説明出来るスキルは必須といえます。ビューティーアドバイザーの仕事の一つは、お客様に適切な化粧品を紹介することです。おすすめする化粧品の特徴、利点などを分かりやすく、的確に説明出来るスキルは必須といえるでしょう。
また、メイク技術も必須といえます。実際にお客様にお試しで化粧を施すケースもあります。そういった際にハイレベルなメイク技術は必要になります。

ビューティーアドバイザーの仕事のまとめ

非常に専門性の高い仕事ではあるのですが、近年ではややオンラインショップに押され気味になっている職業です。
ですがメイクと化粧品は日々の生活に欠かせないものです。ビューティーアドバイザーの助言は必須といえます。
また化粧品は、売上が景気に左右されないというメリットがあります。確かに職の安定性・将来性において疑問視されるケースの多いビューティーアドバイザーですが、こういった利点もあります。
中々大変な部分も多い職業ですが、今後も欠かせない職業であるとまとめることが出来ます。今後は確かなスキルを持った人が生き残っていくことでしょう。

スポンサードリンク

ビューティーアドバイザーの仕事の年収・やりがい・本音に関連する記事

人気記事ランキング