美容師の仕事の年収・やりがい・本音

お金を稼ぐ方法ネット>>所詮この世は金と愛>>美容師の仕事の年収・やりがい・本音

美容師の仕事の年収・やりがい・本音

beautician

美容師の仕事の年収・月収

美容師の仕事の月収や年収は、アシスタントなのか売れっ子美容師なのかによって全く違ってきます。アシスタント時代は、月給10万円程度、年収も200万円程度ですが、正職員になると月収30万円、年収も500万円程度になります。カリスマ美容師として名高い松本拓馬さんや木村直人さんなどのように月収は50万円以上、年収も1000万円近くになる人もいます。

スポンサードリンク

美容師の仕事は、消える職業?消えない職業?

美容師の仕事は、お客様の髪の毛に直接手で触れるという人の手によるデリケートな仕事ですので、機械に頼ったり、ましてや、外国の人にお願いすることはなかなかできない仕事です。そのため、確実な技術力を持った美容師は常にたくさんのお客様から必要とされますので、美容師の仕事は消えない職業として存在し続けるでしょう。

美容師の仕事の将来性・安定性

美容師の仕事は、少子化によりトータルの数としては減っていますが、最近では高齢者施設で定期的にカットを行ったり、高齢者のお宅に訪問してカットやセットをするなどの福祉美容の分野での活躍も広がってきています。これらの点からも、確かな技術力を持っていると美容師の仕事の将来性や安定性はしっかりしたものになるでしょう。

美容師の仕事のやりがい・本音

美容師の仕事のやりがいは、やはり自分が仕上げた髪型にお客様が喜んでくれることでしょう。また、お客様の髪の毛のタイプにはさまざまな質があり、「あなたのカットが私にいちばん合っているわ」と言われるとさらにやりがいは増します。ただ、時には全く手に負えない髪質のお客様もいるので、その時には苦労するという本音も聞かれます。

美容師の仕事の良い点

美容師の仕事の良い点は、いつでも大好きなヘアスタイリングの仕事に携わることができるという点です。また、自分自身の努力により自分のテクニックが上がっていくことを感じることができるのも良い点です。さらには、自分の腕がお客様に気に入られ、専属の美容師として扱われるようになることがあるという点も良い点としてあげられます。

美容師の仕事の悪い点

美容師の仕事の悪い点は、アシスタント時代にはどうしても労働時間が長くなるという点があげられます。また、同様にアシスタント時代には、賃金が労働時間の割には低いという点もあげられます。さらには、常に手を使う仕事ですので、手荒れをしないようにいつも気を付けなければならないという点も悪い点としてあげられます。

スポンサードリンク

美容師の仕事の内容

美容師の仕事の内容は、美容院に来たお客様のシャンプーやブローをしたりカットをしたり、パーマをかけたりカラーリングをしたりして、最後にセットをして終わります。ヘアスタイリングだけではなく、トータルビューティーを売りにしているサロンでは、ハンドマッサージ、ネイル、エステ、まつげエクステなどという施術を行うこともあります。

美容師の仕事に必要な資格

美容師の仕事に必要な資格は、国家資格の「美容師免許」です。これは厚生労働省認定の美容学校の昼間部と夜間部なら2年間、通信科なら3年間の課程を修了することで、受験資格を獲得できます。そして、国家試験に合格できると美容師の資格を得ることができます。ですが合格すればすぐに開業できる訳では無く、アシスタントとして腕を磨く必要があります。

美容師の仕事に必要なスキル

美容師の仕事に必要なスキルは、まずはカットなどの施術を受けている間、お客様を退屈にさせないように豊富な話題を提供する話術が必要となります。また、さまざまな髪質のお客様がいるので、それぞれに合った髪型を作り出す技術も欠かすことができません。さらには、厳しいアシスタント時代を乗り越えるための根気も必要となるでしょう。

美容師の仕事のまとめ

身体の一部である髪の毛に触れる仕事である美容師は、お客様が少しでも嫌悪感を持ってしまうともう二度と来店してくれなくなりますので、非常に難しい職業ではあります。ですが一方、一度お客様に気に入ってもらうとずっとお付き合いができる仕事でもあります。自己研鑽に励み、確かな技術力を持つことを目指していきましょう。

スポンサードリンク

美容師の仕事の年収・やりがい・本音に関連する記事

人気記事ランキング