ベーシストの仕事の年収はアーティストにまでなれば1000万円。女性との出会いも多くモテます。

お金を稼ぐ方法ネット>>お金の悲喜>>ベーシストの仕事の年収はアーティストにまでなれば1000万円。女性との出会いも多くモテます。

ベーシストの仕事の年収はアーティストにまでなれば1000万円。女性との出会いも多くモテます。

ベーシスト 仕事の年収・月収

バンドマンの中にいるベーシストの年収は大体120万程度です。月収にすると20万円程度です。ベーシストだけでの収入は難しく、別の仕事をしている人や、別のバンドとの兼任もあります。しかし、ベーシストで儲かっている人の月収は100万円以上になることも。
いろんなアーティストに呼ばれるベーシストになれば、ステージごとにギャラを支払われることもあります。そのアーティストと契約して働くこともあります。
世界で一番有名で稼いでいるベーシストはポールマッカートニー。2014年で年収71億円です。彼は作詞作曲もしていますし、全世界でツアーも行っているので収入はものすごいあります。日本にもたくさんの有名ベーシストがいますが、彼らもバンドのメンバーだけでなくさまざまなアーティストと一緒にレコーディングや、ライブに参加して稼いでいるのです。そうなれば年収1000万円以上も可能です。

スポンサードリンク

ベーシスト 消える仕事?消えない仕事?

音楽・バンドがある限り、消えない仕事だと思います。しかし、ベーシストとして必要とされるように努力を怠れない職業です。ベーシストはどんどん増えているので、自分がいなくなっても次のうまいベーシストはたくさんいるのです。バンドのメンバーで活躍し、ファンをたくさんかかえたりしなければいけないですが、ファンがいて、知名度や、技術がしっかりしていれば消えることはありません。

ベーシスト 将来性・安定性

スタジオなどで働いているベーシストは、安定していない職業です。今や、音楽業界は厳しい世界です。生で音楽を聴くより、ネットでダウンロードして買い持ち運びながら聞き移り変わりも早いです。そこについていくために、日々の努力やトレンドを知らなければいけません。どんなものがベーシストとして必要とされるのか、将来性、安定性をふまえて仕事選びをしていかなければいけません。

ベーシスト 仕事のやりがい・本音

ベーシストという仕事は、好きなことを仕事にできています。好きな音楽にずっと浸りながらできる仕事です。やりがいは、人を喜ばせることのできる音楽を提供できるときにやりがいを感じるでしょう。ライブなど人がリアルにいる場面で弾くと気持ちよく演奏することができます。知名度が上がれば、いろんなライブに呼ばれることも多くなりメディアにとり上げられることも多くなるでしょう。バンドが有名になれば、ベーシストも知られていきます。

ベーシスト 仕事の良い点

ベーシストという仕事の良い点は、好きなことで稼ぐことができるということ。頑張って練習をし、腕を磨けば稼げるということです。スキルさえあれば、年齢関係なくずっと働いていられるお仕事です。個人事業主のような感覚で働けるので、自分のスケジュールは自由に組むことができます。定期的にライブなどがあれば、刺激を受けながら音楽活動を行えます。華やかなステージに立つため、異性との出会いも多くモテることもきちあ出来ます。

スポンサードリンク

ベーシスト 仕事の悪い点

ベーシスト仕事の悪い点は、よく耳にするのが「嫌いな曲も演奏しなければいけない。」です。音楽に携わる人間は、音楽の好き嫌いが誰しもあります。しかし、仕事としてベーシストをするのなら、嫌いな曲にあたることもあるでしょう。そんな時でも、プロとして仕事をこなさなければいけません。そのほかでは、収入が不安定。将来性がない。あくまでサポートする立場なので、名前が表に出ないため社会的に認知度が低い。経済的に不安定。などが挙げられ、年々、腰痛や関節痛にも悩まされるようです。体が資本の仕事でもあるのです。

ベーシスト 仕事の内容

ベーシストの仕事内容は、バンドや、楽曲の演奏、アレンジや作曲、レコーディング、イベント、ライブハウスでのライブ、アーティストサポート、ホテルなどでのBGM演奏することなどが主な仕事です。アレンジや、作曲もできる人に関してはそのほかの印税などが入る収入ベースができるので安定してくるかもしれません。そのほか、楽器の講師業をする人も多いです。練習できる場所と働く場所が一つになっているので多いようです。

ベーシスト 仕事に必要な資格

ベーシストに必要な資格はありません。ベースが弾ければベーシストになれます。音楽なので、人それぞれの感性がありまうが、弾くのが上手な人や、華がありカリスマ性があるベーシストは人気が出ます。ほかの楽器ができるとさまざまな音楽の幅も広がるので、他の楽器もできる人もたくさんいます。基本的な音楽の知識は必要になってくるので、好きな曲だけでなくさまざまな曲を把握していないといけません。

ベーシスト 仕事に必要なスキル

ベーシストの仕事に必要なスキルはもちろん、ベースをうまく弾くスキルです。これは日々の練習のたまもので、よく音楽を聴き勉強することです。その他では一人ではなかなか成り立たないベーシストなので、コミュニケーションも必要になっていきます。孤独な人もおおいですが、やはりセッションしたりするには、コミュニケーション能力が欠かせません。そして人を魅了するためのカリスマ性も必要になっていきます。

ベーシスト 仕事のまとめ

ベーシストという仕事は、ベースが好きで、ベースしかやったことがないひとでも、人脈さえつながれば、必要とされ、そしてまたライブや演奏に呼ばれることがでてきます。好きなことを仕事にし、それだけで食べていけるようになるには、作曲をしたり、そのほかの音楽性を将来のことも踏まえて考えていかなければなりません。でも音楽がすきで、ベースが好きでいつも音楽に触れていたい!と思う人ならばきっと夢をつかんで頑張ることができるでしょう。

スポンサードリンク

ベーシストの仕事の年収はアーティストにまでなれば1000万円。女性との出会いも多くモテます。に関連する記事

人気記事ランキング