バーテンダーの仕事の年収・月収は働く場所の規模次第。英語ができればやりがいもアップ!?

お金を稼ぐ方法ネット>>お金の悲喜>>バーテンダーの仕事の年収・月収は働く場所の規模次第。英語ができればやりがいもアップ!?

バーテンダーの仕事の年収・月収は働く場所の規模次第。英語ができればやりがいもアップ!?

バーテンダー 仕事の年収・月収

バーテンダーの仕事はホテルやバーで、お客様のご要望に添ったお飲み物を提供する仕事です。バーテンダーの仕事は年収はおよそ300万円からと言われています。月収は所属するホテルやバーの規模に左右されますし、実力のあるバーテンダーであれば高収入もありえるかもしれません。しかし、他業種と比べてそれほど高給取りの職種とは言えないようです。実力に応じた収入であるため、経験・スキル、人脈に応じて年収が上がる可能性があります。

スポンサードリンク

バーテンダーの仕事は、消える職業?消えない職業?

バーテンダーとひとことで言っても、その範囲は幅広く、広くホスピタリティ分野の仕事と言えます。バーテンダーは飲み物を扱う仕事ですので、飲食業がある限り消える職業ではないですが、安定して仕事をするにはスキルと適性が必要です。グローバル化が進んでいるので、もし英語でも仕事ができれば日本国内だけでなく海外へも活躍の場が広がるでしょう。バーテンダーとして実力が認められれば世界中で活躍することが可能です。

バーテンダー 仕事の将来性・安定性

組織に所属するか、独立開業して仕事をするかは本人次第ですが、バーテンダーとして培ったスキルは国内外で役に立つでしょう。バーテンダーとしての実力があれば、仕事は途切れることなく、将来性・安定性は高いです。ただし、一人前になるまでにある程度の下積み期間が必要と言われています。常に実力を磨き、どこでも通用するようなスキルを身につけることができれば、経験に応じてステップアップすることができます。どこか名だたる名店に勤めた経験があればアピールでき、次の職場を見つけるにも有利に働くでしょう。

バーテンダー 仕事のやりがい・本音

バーテンダーの仕事のやりがい・本音は、腕次第でどこでも仕事ができるところにあります。ホテルやバーはどこにでもあるし、開業も可能なので、住む場所は選びません。大都市には日本人向けホテルもありますし、海外で働きながら日本のお客様相手の仕事をすることもできます。飲み物をサーブし、おもてなしをすることに情熱を傾けられる人に向いていると言えます。バーテンダーの最大の仕事のやりがいは、お客様との出会いと言えるでしょう。オリジナルのカクテルを提供したり、お客様を獲得する独自の工夫は容易ではありませんが、独自のサービスで世の中に貢献できることはバーテンダーのやりがいといえるでしょう。

バーテンダー 仕事の良い点

バーテンダーの仕事の良い点としては、実力さえあれば世界がどんどん広がる点です。様々な広告や出版物に携わることができます。多くの人々の目に触れる作品を創造できるやりがいある仕事です。仕事の一環として例えばグルメ取材ができたり、旅行などができるのも、バーテンダーの仕事の良い点と言えるでしょう。

バーテンダー 仕事の悪い点

バーテンダーの仕事の悪い点は、下積み時代が長く、一人前になるまではどうしても低収入であるという点です。夜間がメインの仕事ですので、家庭生活と両立が難しいですし、耐えられずに転職する人は多いです。客商売、水商売の不安定さもあります。固定客がつくまでは収入が安定しないこともあるでしょう。

スポンサードリンク

バーテンダー 仕事の内容

バーテンダーの仕事の内容は、奥が深く、幅広いスキルが必要になってきます。例えばバーテンダーの仕事にも、飲み物のジャンルや対象となるお客様によって細分化され、それぞれに異なる専門性が必要です。責任感がしっかりある人物かどうか、同時に複数のお客様に対してスムーズに飲み物を提供する機敏さがあるかどうかはバーテンダーの仕事をするにあたって重要です。

バーテンダー 仕事に必要な資格

バーテンダーの仕事に絶対必要な資格というものはありませんが、多くのバーテンダーは実地で学びながら複数のバーなどで下積みをします。過去にバーテンダーとして勤務した経験があれば、経験者として優先的に採用される可能性は高まります。バーテンダーとして最初の仕事を得るには、敷居の高い名店ではなく、人が足りていない人気店で下積みをさせてもらうのがきっかけとしてはおすすめです。はじめは収入が低くても、実力と固定客がつけば実績になるので、まずは経験を積ませてもらうのが一人前のバーテンダーになる近道と言えるでしょう。

バーテンダー 仕事に必要なスキル

バーテンダーの仕事に必要なスキルは、スムーズに飲み物を提供する技術と探求心です。お客様ごとに要望は異なりますし、スピードをもってさまざまな飲み物を提供しなくてはなりません。喜ばせたいというサービス精神と、期待値を常に少し上回る努力は必須でしょう。いずれにせよ、クライアントの求める質と価格に合わせ、飲み物を仕上げて提供する、コミュニケーションがとりやすい、なども必須です。常に新しいスキルを身につけることと、向上心を保つことはバーテンダーの仕事に必要なスキルです。

バーテンダー 仕事のまとめ

バーテンダーの仕事は、お客様の要望に添ったお飲み物を提供することです。組織に属する、独立する、形はさまざまながらもバーテンダーという職種は専門性・実力を磨けば安定性が高く将来的に消えない職業と言えるでしょう。やりたい仕事をするためにはまずは下積み時代を乗り越えて、収入を安定させ、固定客の信頼を得てバーテンダーとして多くの人から認められることが重要です。志を捨てずにがんばりましょう。

スポンサードリンク

バーテンダーの仕事の年収・月収は働く場所の規模次第。英語ができればやりがいもアップ!?に関連する記事

人気記事ランキング