ベビーシッターの仕事の年収・やりがい・本音

お金を稼ぐ方法ネット>>所詮この世は金と愛>>ベビーシッターの仕事の年収・やりがい・本音

ベビーシッターの仕事の年収・やりがい・本音

baby

ベビーシッター 仕事の年収・月収

ベビーシッターの収入は全体の平均に比べ、やや低い水準になっています。これは、ベビーシッターとして働いている人の大半が派遣社員やアルバイト、パートといった非正規の働き方をしていることに関係があるようです。
ベビーシッターの時給は平均で約1000円~1400円となっています。そこから計算すると、月収では約16万円、多くもらっている人でも40万円程度となります。その一年分が年収となります。
ベビーシッターは取得している資格によっても収入が大きく左右される職業ですので、ベビーシッターとして収入を上げたい人は、関連する資格を多く取得しておくほうがよいでしょう。

スポンサードリンク

ベビーシッターの仕事は、消える職業?消えない職業?

近年では出産後も働く女性が増え、それにつれてベビーシッターの需要が伸びている傾向があります。今後は働く女性の割合がさらに増加することが予想されていますので、ベビーシッターの需要も今後増えこそしますが、減ることはないでしょう。新たに家事代行サービスなどとのサービスと組み合わせる業者が出てくるほど、現在ではベビーシッターを必要とする人が増えています。
そのため、ベビーシッターは消えない職業ということができます。今後も消える職業となることなく、存在しつづけるでしょう。

ベビーシッター 仕事の将来性・安定性

安定性に関しては、その働き方にもよるでしょう。正社員として働けば毎月安定した収入が望めますが、非正規雇用であった場合は、安定性は低いと言わざるを得ません。
将来性に関しては中々高いといえます。近年の働く女性が増加傾向にあるだけでなく、映画館やショッピングモールといった商業施設に託児所が併設されるケースが増えています。そこから考えると、ベビーシッターの需要は今後も伸び続けるでしょう。資格によって収入をアップさせることも出来ますので、将来性に関しては高いといえます。

ベビーシッター 仕事のやりがい・本音

ベビーシッターは子どもと深く、じっくりと関わることの出来る職業です。幼稚園や保育所の教諭と異なり、一人、もしくは二人の子どもとじっくりとか変わっていくことで、その子どもの成長の課程を両親とは違った視点で楽しむことができ、それがやりがいに繋がるという声を多く聞きます。
また、大手のベビーシッター会社に所属している場合は、他の会社に比べて高額な収入を得ることが出来ます。夜間や深夜に子どもを預けたいというニーズに応えた場合は、その分高額な収入を得ることも期待でき、がんばればがんばった分だけ収入が増えることもやりがいに繋がる……という本音を持っている方も多いようです。

ベビーシッター 仕事の良い点

ベビーシッターの仕事は、子どもを見守り、お世話をすることです。そのため、子どもとその保護者との信頼関係を築くことが出来、必要とされる喜びを感じることが出来ます。人の役に立つ仕事がしたい人にとっては、これは良い点であるといえます。
また、現在ではベビーシッターの職についている人は基本的に非正規で働いている人が多くいます。収入が安定しないというデメリットもありますが、自分の都合や予定に合わせた働き方が出来るのは魅力的です。スケジュールにおいてある程度自由が効く環境で働きたい人にとっては、良い点といえます。

ベビーシッター 仕事の悪い点

子どもの安全を第一に考える必要があるため、仕事中は気を抜くことが出来ません。怪我や健康状態には常に気をつけておかなくてはならず、万が一の場合には即座に所属する会社と保護者に連絡をとる必要があります。それだけベビーシッターという職業には大きな責任があります。これは、リラックスした環境で仕事を行いたい人にとっては悪い点であるといえます。
加えて、仕事に入る前には保護者と打ち合わせを行いますが、その際に保護者からのいろいろな要望があります。子どもの安全のためにもおろそかにすることが出来ず、中々セオリーというものが通用しません。融通の効かない人にとっては、それもまた、悪い点であるといえるでしょう。

スポンサードリンク

ベビーシッター 仕事の内容

基本的には、保護者の代わりに子どもの世話をするのがベビーシッターの仕事内容になります。活躍する場は個人宅や託児所など様々です。
お世話の内容は様々で、たとえば一緒に遊ぶことはもちろん、トイレや食事、入浴の世話、読書、勉強のサポート、幼稚園への送迎など、多岐にわたります。
近年では、依頼者の代わりに家事を行う家事代行サービス、子どもの世話を見るのと同時に英語やピアノなどといった習い事も教える家庭教師のサービスを並行して行う場合もあります。

ベビーシッター 仕事に必要な資格

ベビーシッターになるのに必要は特にありません。ですが、民間資格の『認定ベビーシッター資格』を取得しておくと、その後の就職に有利なだけではなく、依頼主からの信頼も得やすいので、取得しておいたほうがよいでしょう。
取得には、指定された2つの研修を受講していることと、ベビーシッターの実務経験があることの2つが条件となります。
またその他にも、『保育士』『幼稚園教諭』子どもの急な体調不良に対応出来る『看護師』の資格を取得していると、優遇される傾向があるようです。

ベビーシッター 仕事に必要なスキル

基本的には必要なスキルというものはありません。誰にでもなることが出来るのがベビーシッターです。逆に英語力や楽器といったスキルがあれば、それを強みにしたベビーシッターになれるというのも、この仕事のメリットです。
ただし必要な資質として、『子ども好き』というものがあげられます。常に子どもと接するわけですから、子どもが好きでなければベビーシッターになるのは難しいでしょう。
また、依頼主の大切な子どもを預かるわけですので、責任感も重要です。子どもの安全を守り、成長を手助けするという強い責任感がなければ、ベビーシッターを続けていくことは難しいといえます。

ベビーシッターの仕事のまとめ

ベビーシッターは、人によって千差万別です。子どもの話し相手になることが得意な人もいれば、英語を教えることの出来るベビーシッター……スキルにかなりのバラつきがあるのが、このベビーシッターという職業の特徴です。目指す理想のベビーシッターが人によって違います。
ですがいずれの場合も、子どもへの強い責任感を持つことが必要です。それがなければ、依頼主からの信頼を得ることは出来ず、子どものお世話を頼む人は決して増えることはありません。
今後は益々ベビーシッターの需要は増えていきます。そんな中でベビー知ったーとして生き残っていくためには、スキルの取得はもちろん、誠実に子どもと向き合い、子どもの安全と成長を第一に動くことが出来るベビーシッターが生き残っていくことでしょう。

スポンサードリンク

ベビーシッターの仕事の年収・やりがい・本音に関連する記事

人気記事ランキング