自動車整備工の年収は300万円。電気自動車やハイブリットカーなど、コンピューターの知識も求められる

お金を稼ぐ方法ネット>>仕事・資格の年収>>自動車整備工の年収は300万円。電気自動車やハイブリットカーなど、コンピューターの知識も求められる

自動車整備工の年収は300万円。電気自動車やハイブリットカーなど、コンピューターの知識も求められる

自動車整備工の仕事の年収・月収

自動車整備工の仕事の月収は、およそ20万円から28万円、年収は300万円から400万円ほどとなります。また、高卒初任給でおよそ15万円、大卒初任給で17万円ほどとなります。
自動車整備工は勤続年数に応じて徐々に月収も増えていきますが、あまり多くはなりません。
大手ディーラーなど勤務する会社によっては年2回のボーナス支給があり、年収600万円以上を稼ぐことも可能です。

スポンサードリンク

自動車整備工は、消える職業?消えない職業?

自動車整備工は今後も消えない職業です。
車の整備や修理は必ず必要とされており、専門的な知識を持っていなければ取り扱うことのできない整備も数多くあります。最新の自動車はデジタル化が進んでいるため、部品の確認だけでは不具合を見つけることは難しく、コンピューターを使った自動車整備工の技術が必要となるため今後も消えない職業です。

自動車整備工の仕事の将来性・安定性

自動車整備工の仕事の将来性について、毎年新しい技術が搭載された自動車が発売されており、これらの整備にも対応する技術は需要があり将来性があります。さらにしっかりとした技術を持っていれば安定性のある収入を得ることが可能です。
自動車整備工はハイブリッドカーや電気自動車なども取り扱うため、今後はコンピューターや電気に強い自動車整備工も求められており、新しい技術に対応できれば将来性が見込めます。

自動車整備工の仕事のやりがい・本音

自動車整備工の仕事のやりがいは、自動車をプロの目でしっかりと整備して安全に乗ることができるようになった時にやりがいを感じます。
自動車整備工は車を運転する時の違和感から不具合を見つけることもあり、目に見えない危険を事前に防ぐことができます。
しかし、整備の際に見逃した不具合があった場合、大きな事故につながる可能性もあるのが本音で、しっかりとした整備をしなければなりません。

自動車整備工の仕事の良い点

自動車整備工の仕事の良い点は、しっかりとした整備技術を身につけることができれば仕事をする場所を選ばず働けることです。また、最先端の技術にも触れることができることも良い点です。適切な自動車整備や新車購入時のアドバイスにより、知人や友人から大きな信頼が得られる点。仕事をしながら新しい技術や知識を得られる。

有名ディーラーに勤務する場合は、社名による恩恵がありますし、メーカーでの研修(社内整備士検定が多い)で丁寧に技術を教えてもらえる。売上成績を上げれば早く出世出来る。報奨金制度が沢山ある点。

自動車整備工として経験を積むことで様々な自動車を整備できるようになり、経験を生かして別の整備工場へ転職したり、自ら開業することもできます。

自動車整備工の仕事の悪い点

自動車整備工の仕事の悪い点は、自動車整備の技術と知識を持っていなければ正しい整備ができない点と、自動車が作られた年代によっても整備方法が異なるため多くの知識が必要な点です。
自動車整備工は同じ車種をずっと取り扱うことは少なく、持ち込まれた車が海外製の場合もあります。様々な車種に対応できるよう技術と知識を持つ必要があることが悪い点です。簡易点検だけでも、全ての車を洗車&室内清掃しなくてはならない点。

お客様のことを考え、純粋に自動車整備士として頑張ってきた人はどんどん退職し、給料だけにこだわる自動車整備士はどんどん営業職へ配置転換されている。結果的に、特に目標を持っていない人間、意欲が低い人間が残り、自動車整備士の質が低下している。自動車業界は市場規模の縮小、少子高齢化による需要の減少もある。暑い・熱い・寒い・冷たい・痛い・汚い・臭いを我慢しなくてはならない仕事環境が悪い点。深夜残業もざらにあり、仕事量と内容に対して給料が低すぎる。お客様の無理難題にいかにうまく対応するか、日々戦いな点。

自動車整備士の欠員が増えており、時代を担うべき世代が続々退職していくため現場の技術やヤル気の低迷化が進んでいる。最近の若い奴はすぐに辞めるのではなく、若い人財を育てていく環境が無く、技術を持った人への評価や待遇が低いことが問題点。工具とマニュアル、自動車に対する常識と専門知識をネットで調べれば誰でもできる程度の仕事なこと。

町工場に務めると、50代以上の同僚が多く、パワハラが横行しているため、年中人手不足。いつもハローワークで募集をしているが、すぐ辞めてしまう人が多い。.カー用品店に勤務すると、同僚の平均年齢は若く、和気あいあいとした職場環境の場合もある、しかし給料が安く12万円位が相場。タイヤ交換シーズンや車検が多い月は、まともに休憩すら出来ない。

スポンサードリンク

自動車整備工の仕事の内容

自動車整備工の仕事の内容は、不具合がある自動車を整備して安全に走行できるよう修理や整備を行います。また、定期的なメンテナンスや部品の分解清掃など、専門的な知識と技術が必要な作業が多くなります。
自動車整備工の仕事には「点検整備」「緊急整備」「分解整備」の3つあり、ほとんどの場合は自動車整備工場やカーディーラーで働きますが、ガソリンスタンドや塗装業者など、働く環境は増えてきています。

具体的には、新車の1ヶ月、6ヶ月無料点検、12カ月又は6ヶ月の法定点検、メーカー推奨6ヶ月点検、車検整備、一般整備(故障診断、部品交換、オイル交換等の軽整備からエンジン載せ替え等の重整備まで)、用品取り付け(ドラレコ、ナビ、ETCなどの電装品や車高調、タワーバー、エアロパーツ等用品)、ボディーコーテング、ボディー磨き、接客、アドバイス、などその他リコール、一般整備、オイル交換等の軽作業、クラッチ交換等の重整備、工場内の掃除など。

昔は整備だけできれば良かったが、ここ10年くらいから、毎月の売り上げノルマが課せられる。今後、新車の販売台数が減少していく予測があり、会社は整備代の単価(利益率)を上げることを狙っている。そのため、不必要な整備・商品を売り込むことも仕事となる、

クルマ好きなら職業ではなく趣味として、休日に思う存分いじるのが最高だと思う。

自動車整備工の仕事に必要な資格

自動車整備工の仕事に必要な資格は、国家資格である「自動車整備士」です。
自動車整備士の資格を取得するためには、一定期間の実務経験、または国土交通省が定めた養成機関に通い受験資格を得る必要があります。
自動車整備工は3級、もしくは2級自動車整備士の資格を取得することで自動車整備工としての仕事ができ、2級整備士の資格があればほとんどの整備を担当できます。

自動車整備工の仕事に必要なスキル

自動車整備工の仕事に必要なスキルは、重たい部品やタイヤを運ぶための体力と、細かい部品もしっかりと確認する観察力です。
自動車整備工として働くためには自動車を取り扱う技術と知識が必要で、間違った知識のまま整備を行うと自動車事故につながる危険性があります。
また、整備以外にも仕事では接客もあるため、コミュニケーションスキルがあるとより良いでしょう。

自動車整備工の仕事のまとめ

自動車整備工の仕事は、整備が必要な自動車を点検し、不具合があればそれを修理します。自動車事故を未然に防ぐため、正しい知識と技術で自動車を整備しなければなりません。
自動車整備工として働くために、自動車整備士の資格を取得することで取り扱える整備の幅が広がり、様々な整備に対応できるようになります。今後は電気自動車やハイブリットカーなど、コンピューターの知識も求められるようになってきます。

スポンサードリンク

自動車整備工の年収は300万円。電気自動車やハイブリットカーなど、コンピューターの知識も求められるに関連する記事

人気記事ランキング