作家の仕事の年収・やりがい・本音

お金を稼ぐ方法ネット>>お金の悲喜>>作家の仕事の年収・やりがい・本音

作家の仕事の年収・やりがい・本音

作家 仕事の年収・月収

一口に『作家』と言ってもその仕事の内容は様々ですが、総じて言えるのは、『本人の相当な努力と才能が無い限り、決して高くはならない』ということです。例えば文芸やノンフィンクションの作家の場合は、主な収入源は原稿料と印税となりますが、多くの方が作家の仕事だけではまったく生活が出来ず、別の仕事を本業として持ちながら副業として作家の仕事をしています。
近年ではYoutubeに動画を投稿して広告費で稼ぐ『ユーチューバー』も、広い意味では『映像作家』となりますが、やはり大部分のユーチューバーが別の仕事を本業として持っています。
芸術作家をしている方なども、本人に相当な資産が無い限り、本業として別の仕事に付いている場合がほとんどとなっています。
例外的に、いずれの作家も一般に認知され、大ヒットとなるものを世に送り出した場合は破格な収入を得ることは有りますが、それを手にする作家はほんの一握りです。大部分の作家の平均年収が100万円以下となっており、作家の仕事だけでは生活出来ないのが現状です。

スポンサードリンク

作家 消える職業?消えない職業?

作家は、『人間がなれる最後の職業』と言われています。どのような分野であれ、作家はクリエイティブな職業であり、今後どれだけテクノロジーが進歩しても、コンピューターにクリエイティブな作業は出来ないからです。今後も、決して作家という職業が無くなるということはないでしょう。

作家 将来性・安定性

どのようなジャンルであれ、作家という職業は最も不安定な職業の一つだといえます。基本的に作家は自身の能力と才能が武器の職業です。世の中にそれが受け入れられれば高収入が約束され、そうでなければ日々の生活すらままならない状況が続きます。自身の頑張りや成果がダイレクトに収入や今後の仕事に反映されるといえば聞こえはいいですが、実際にはそうなれる作家はほんの一握りに過ぎず、大部分の作家は副業として創作活動を行っているのが現状です。それだけ不安定で将来性に疑問を抱かざるをえない職業であるといえます。

作家 仕事のやりがい・本音

いずれのジャンルにおいても、作家の仕事は『作品を作る』という事につきます。作家によって作られた作品は世の中に出回ります。それが見る人を感動させる素晴らしいものであるならば、収入となって反映される世界です。
また、ある作家さんは『私が作った小説が世界に残り続けることがやりがい』とも言っています。本人は亡くなっても、本人が生きた証として作品が残り続けるというのは、ある意味ではやりがいとも言えるでしょう。
その裏で、大変な多忙を極める職業であるともいえます。副業として作家をしていれば、その分プライベートな時間が削られることになります。本業として続けていく収入があったとしても、今度はその収入を維持するために、それまで以上の多忙な生活を強いられることになります。
『作家になって大変なことは?』という質問に対し、大部分の作家が『作家という仕事を続けること』だと答えるそうです。それほどまでに多忙で、かつ不安定な職業であるといえます。

作家 仕事の良い点

作家は完全に実力主義の世界ですから、自身の作品が世の中に受け入れられれば、それがダイレクトに収入に反映されます。たとえば文芸作家の方の作品が世の中に受け入れられベストセラーとなったとき、書籍の印税として莫大な収入を得ることになります。同時に他の作品も注目され、さらなる収入アップも期待できます。
つまり、本人の才能や努力によって無限の可能性を秘めているのが作家という仕事であるといえます。

スポンサードリンク

作家 仕事の悪い点

まず第一に、『作家を続けることが困難なほど安定しない職業』であるという点が挙げられます。確かに莫大な収入をもたらす職業ではありますが、それはあくまで本人に実力があった場合の話。大部分の作家が本業として別の仕事を持っていたり、資産家として莫大な資産を持っていたりして、作家を本業として生きている人はほんの一握りです。

また、完全実力主義の世界ゆえ、どれだけ努力しても、その努力が収入に反映されない場合があるという点も挙げられます。いかに心血を注ぎ作成した作品であったとしても、それが世の中に受け入れられ人々を感動させない限り、対価はゼロです。どれだけ時間をかけて作成したとしても、対価で考えるとその努力がまったくの無駄で終わってしまう可能性も往々にして有ります。

作家 仕事の内容

非常に多岐のジャンルに渡る職業ゆえ一概にはいえませんが、作家の仕事は『作品を作りあげる』という事につきます。文芸作家なら文芸作品、映像作家なら映像作品…という具合に、自身の作品を作り、それを世に送り出すことが何より一番大切です。
また、他者に依頼されて作品を作る場合には、他者との打ち合わせも必要になります。どのような作品を作るか、表現するものは何か、何が求められているのか…そういったことを打ち合わせで明確にしていくことになります。
しかしそれは付随する部分であり、あくまで作家の仕事は『作品を作り世に送り出す』コレに尽きると言えます。

作家 仕事に必要な資格

作家になるために必要な資格は特にありません。どのようなものであれ、一つの作品を作り上げそれを世に出したその瞬間から『作家』と名乗ることが出来ます。

作家 仕事に必要なスキル

まず何よりも作家に必要なスキルは『作品を作り上げる能力』です。経験がある方もいらっしゃるとは思いますが、一つの作品を作り上げることは体力的にも精神的にも非常に辛い作業です。それにも負けず、途中で投げ出すことなく、最後まで作品を仕上げるスキルこそが、まず何よりも必要なスキルであるといえます。
同時に、作家を続けていく上で必要なのが、『作品を作り続ける能力』です。作品が世に出回った時、賞賛を持って迎えられるとは限りません。時には非難を浴びることも有るでしょう。場合によっては手厳しい批評を受けることも有ります。それにもめげることなく自身の作品を作り続ける事もまた、作家を続ける上で必要なスキルであるといえます。
他にも、世の流行を敏感に感じ取るスキルや、逆に周囲の情報をすべてシャットアウト出来るスキル、作品のジャンルによっては文章を書くスキルやデザインセンス等も必要になります。この辺りは、自分が作りたいものによってどんなスキルが必要になるかを調べてみるとよいでしょう。

作家の仕事のまとめ

今後、『作家』という職業が無くなるということはありえません。人間が創作活動をやめない限り、作家という職業も存在し続けるでしょう。
しかしながら、『作家』という職業の現実は、決して平穏であるとはいえません。完全実力主義の世界で、日々たくさんの作家たちが、自身の作品をつくり上げることに悩み苦しみ、挫折して辞めていく世界でもあります。
しかしその作品が世の中に受け入れられた時、多大な賞賛と収入として努力が報われるのも、『作家』という職業の現実です。
そして、たくさんの人々を感動させ、場合によっては自身が生きた証として歴史に永遠に残り続ける作品を作り上げた時のやりがいや感動こそ、『作家』という職業を選んだ人だけが味わえる特権であるといえます。

スポンサードリンク

作家の仕事の年収・やりがい・本音に関連する記事

人気記事ランキング