アートディレクターの仕事の年収・やりがい・本音

お金を稼ぐ方法ネット>>お金の悲喜>>アートディレクターの仕事の年収・やりがい・本音

アートディレクターの仕事の年収・やりがい・本音

art

アートディレクター 仕事の年収・月収

アートディレクターの仕事はクライアントの要望に添って芸術表現を総合演出する仕事です。クライアントは企業やアーティストなど多岐に渡りますが、クライアントが思いつかないような表現方法を編み出し、伝えたいことを具現化するのがアートディレクターの仕事です。特に近年著名なアートディレクターとしては、ユニクロのブランディングを担当した佐藤可士和氏がいます。アートディレクターとして仕事をした場合の年収はおよそ800万円以上と言われています。月収は所属する組織の規模に左右されますし、案件次第のところがありますが、実力のあるアートディレクターであれば高収入も十分にありえます。実力に応じた収入であるため、経験・スキル、人脈に応じて年収が上がる可能性があります。

スポンサードリンク

アートディレクターの仕事は、消える職業?消えない職業?

アートディレクターとひとことで言っても、その範囲は幅広く、たくさんの種類のお仕事があります。アートディレクターはデザイナーやイラストレーターなどクリエーティブ系の人たちを取りまとめるのも仕事のひとつです。出版広告業界がある限り消える職業ではないですが、アートディレクターとして安定して仕事をするにはデザイナーとしての経験が不可欠です。グローバル化が進んでいるので、英語でも仕事ができれば国内だけでなく海外へも活躍の場が広がるでしょう。国際的な案件は多いので、アートディレクターとして実力が認められれば世界中で活躍することが可能です。

アートディレクター 仕事の将来性・安定性

組織に所属するか、独立して仕事をするかは本人次第ですが、アートディレクターとして培ったスキルは国内外で役に立つでしょう。アートディレクターとしての実力があれば、仕事は途切れることなく、将来性・安定性は高いです。ただし、一人前になるまでにある程度の下積み期間が必要と言われています。常に実力を磨き、どこでも通用するようなスキルを身につけることができれば、経験に応じてステップアップすることができます。何らかの大きな案件実績があればアピールでき、次のクライアント獲得などでも有利に働くでしょう。

アートディレクター 仕事のやりがい・本音

アートディレクターの仕事のやりがい・本音は、クリエイティブな仕事ができるところにあります。クライアントと安定的な関係があれば仕事は途切れません。売れっ子であれば過去の実績を見たクライアントからお声がかかる状態です。美的センスが高く、根気強く人をまとめてアイデアを具現化できる、クライアントとのコミュニケーションに情熱を傾けられる人に向いていると言えます。商品を通じて世の中の人に広く自分の作品が愛されるのはアートディレクターの最大の仕事のやりがいと言えるでしょう。オリジナルの作品(=商品)を生みつづけるのは容易ではありませんが、ひとつしかない作品を発表し世に貢献できることはアートディレクターのやりがいといえるでしょう。

アートディレクター 仕事の良い点

アートディレクターの仕事の良い点としては、実力さえあれば世界がどんどん広がる点です。様々な広告や出版物、商品、アーティストに関わることができます。多くの人々の目に触れる作品を創造できるやりがいある仕事です。仕事の一環として芸能人を起用することもあれば、有名人との仕事もあります。必要に応じて海外視察旅行などができるのも、アートディレクターの仕事の良い点と言えるでしょう。世界規模の案件に関われば、海外出張は日常茶飯事、なんてこともありえます。

アートディレクター 仕事の悪い点

アートディレクターの仕事の悪い点は、下積み時代が長く、一人前のアートディレクターになれるかどうかは保証されないという点です。クライアント次第の仕事ですので、もしやりたい仕事があっても、クライアントの要望と合致しなければなかなかそれができないこともあるでしょう。

スポンサードリンク

アートディレクター 仕事の内容

アートディレクターの仕事の内容は、幅広く専門性が必要になってきます。例えばアートディレクターの仕事はジャンルや対象となるオーディエンスによって細分化され、それぞれに異なる専門性が必要です。ひとつの作品を最初から最後まで担当するので、与えられた仕事をクライアントの要望をよくとらえてこなすスキルが必要です。責任感がしっかりある人物かどうか、根気があるかどうかはアートディレクターの仕事をするにあたって重要です。

ートディレクター 仕事に必要な資格

アートディレクターの仕事に絶対必要な資格というものはありませんが、多くのアートディレクターは美大・大学院の専門課程で学び、プロダクトデザインなどのスキルを磨きながら修行をします。広告代理店などでサラリーマンとして採用・配属されることがまず第一関門です。プロダクトデザインや、総合演出などを専門に勉強してきたことをアピールすれば、アートディレクター候補として採用される可能性は高まるかもしれません。アートディレクターとして仕事を得るにはある程度の下積みが必須ですので、はじめは収入が低くてもがんばって勉強させてもらうのが一人前になる近道と言えるでしょう。

アートディレクター 仕事に必要なスキル

アートディレクターの仕事に必要なスキルは、技術力と探求心です。クライアントごとに要望は異なりますし、納期を守ってさまざまなアイデアを具体化しなくてはなりません。ある程度は時間のかかる作業ですので、根気があることは必須でしょう。いずれにせよ、クライアントの求める締切りに合わせ、作品を仕上げる、コミュニケーションがとりやすい、などは必須です。常に新しいスキルを身につけることと、向上心を保つことはアートディレクターの仕事に必要なスキルです。

アートディレクター 仕事のまとめ

アートディレクターの仕事は、クライアントの要望に添った演出を納期までに具体化し提案することです。組織に属する、独立する、形はさまざまながらもアートディレクターという職種は専門性・実力を磨けば安定性が高く将来的に消えない職業と言えるでしょう。やりたい仕事をするためにはまずは下積み時代を乗り越えて、収入を安定させ、クライアントの信頼を得てアートディレクターとして人から認められることが重要です。志を捨てずにがんばりましょう。

スポンサードリンク

アートディレクターの仕事の年収・やりがい・本音に関連する記事

人気記事ランキング