美術教師の給料、年収や月収は?やりがいは自分の指導で生徒の能力が開花し、素晴らしい作品を生み出すこと!

お金を稼ぐ方法ネット>>お金の悲喜>>美術教師の給料、年収や月収は?やりがいは自分の指導で生徒の能力が開花し、素晴らしい作品を生み出すこと!

美術教師の給料、年収や月収は?やりがいは自分の指導で生徒の能力が開花し、素晴らしい作品を生み出すこと!

美術教師 仕事の年収・月収

美術教師の仕事の月収は、公務員として働く場合20万円から30万円、年収はおよそ300万円から500万円となります。さらに、扶養手当、住居手当、通勤手当、ボーナスが働く地域の条例に基づいて支給されます。
美術教師として専門学校や美術教室で仕事をする場合、就職する学校や教室によって年収は異なります。

スポンサードリンク

美術教師は、消える職業?消えない職業?

美術教師は今後も消えない職業ですが、年々採用人数が減ってきているため就職が難しい職業です。
美術教師は1つの学校に1人程度、場合によっては臨時美術教師を雇う学校があったり、別の教師が美術担当として指導することもあります。
2007年以降は団塊の世代が大量に退職し始めることもあり、働く場所によっては採用される確率も高くなります。

美術教師 仕事の将来性・安定性

美術教師の仕事の将来性について、公務員として美術教師の仕事を続けるだけであれば将来性は特に無く、キャリアアップもありません。
自ら作品を作り、個展を開くことで芸術家としての能力が認められる可能性もありますが、学校の校務が時間を圧迫してしまい製作時間が取れないのが現状です。
専門学校や美術教室で働く場合、比較的時間も作りやすく作品製作ができます。個展やコンテスト入賞で有名になれば複数の学校から指導依頼が来ることもあり、安定性のある収入も得られるようになります。

美術教師 仕事のやりがい・本音

美術教師の仕事のやりがいは、指導する生徒に対して芸術を教え、創作活動を通して美術の面白さを伝えることがやりがいになります。
自分の指導で生徒の能力が開花し、素晴らしい作品を生み出すこともあり、そうした思いがけない出会いがあることも美術教師の仕事のやりがいにつながっています。
また、作家としての自分と、指導者としての自分を磨くことができ、創作する面白さを伝えていくことができるのが本音です。

美術教師 仕事の良い点

美術教師の仕事の良い点は、大学時代に学んだ技術をそのまま生かして仕事ができる点です。公立学校の場合は勤務時間が決まっており、仕事に慣れてくると自分の時間も作りやすくなります。
専門学校や美術教室では勤務時間も短くなりやすく、作品製作をしながら仕事をすることも可能です。
美術教師は専門的な立場でもあり、自分の好きなことで仕事ができる点がもっとも良い点です。

美術教師 仕事の悪い点

美術教師の仕事の悪い点は、公立学校に就職した場合、校務が忙しく仕事以外の時間を取れなくなることです。特に部活動の顧問になると、大会などで休日にも出勤しなければならず、作品を作る時間はさらに無くなります。
専門学校や美術教室の場合は勤務時間も短く、作品製作の時間は取れますが、安定した収入を得られにくいことが悪い点です。
美術教師は勤務時間以外の時間を確保することが難しく、作品製作のための時間を確保しにくいことが悪い点です。

美術教師 仕事の内容

美術教師の仕事の内容は、絵画、彫刻、デザインなどを生徒に指導し、美術に関する知識を伝えることです。
学校で働く場合は美術の授業の他、校務として部活動の顧問となったり、課外授業や生活指導などの専門以外の活動も多くなります。
専門学校や美術教室で働く場合は、生徒の作品を評価したり、作品製作を通して自分の技術を教えることも美術教師の仕事です。

スポンサードリンク

美術教師 仕事に必要な資格

美術教師の仕事に必要な資格は、学校で美術教科を教える場合は「教員免許」です。美術教師の資格は大学へ行き、免許取得のカリキュラムがある学校と美術過程のある大学で取得します。
美術教師の資格を取得後、就職したい都道府県の教員採用試験を受けて採用されれば仕事を行えます。
その他、良い絵を書くためのデッサン力や美術の歴史なども学び、生徒に教えることも必要です。

美術教師 仕事に必要なスキル

美術教師の仕事に必要なスキルは、絵を描くためのデッサン力と過去の美術作品に関する知識です。
生徒に美術を教えるためには作画技法やデッサン力が必要で、美術に対する興味や探究心を伝えなければなりません。
美術教師は自ら作品を作るためと、生徒に教えるために最新技術から自分の専門外の知識まで幅広く持つことが必要なスキルとなります。

美術教師 仕事のまとめ

美術教師の仕事は、公務員として学校で働く場合と、専門学校や美術教室で働く場合があります。
中学、高校で美術を教えるためには教員免許が必要で、教員免許取得後に採用試験をパスする必要があります。美術教員は人気があり倍率も高く非常に難しい仕事です。専門学校や美術教室で教える場合はこの限りではなく、デザイン能力やデッサン力が強く求められます。
美術教師は自分で作品を製作する傍ら、仕事として生徒に美術を教えなければならず、個人製作の時間が取りにくいのが現状です。

スポンサードリンク

美術教師の給料、年収や月収は?やりがいは自分の指導で生徒の能力が開花し、素晴らしい作品を生み出すこと!に関連する記事

人気記事ランキング