アロマセラピストの仕事の年収・やりがい・本音

お金を稼ぐ方法ネット>>お金の悲喜>>アロマセラピストの仕事の年収・やりがい・本音

アロマセラピストの仕事の年収・やりがい・本音

aroma

アロマセラピストの仕事の年収・月収

アロマセラピストの仕事の年収や月収は、どこかのサロンで働いているのか、それとも自分で独立してサロンを持っているのかによってずいぶん違ってきます。サロン勤務の場合は給与体系が歩合制や時給制のことが多いので、月収20万円程度、年収300万円程度となります。自分が経営者になった場合は、人気のあるサロンだと月収60万円程度、年収は1000万円近くになる人もいます。

スポンサードリンク

アロマセラピストの仕事は、消える職業?消えない職業?

現代社会は「ストレスの塊の社会」だと言われています。そのためさまざまなセラピーが盛んですが、その中でも香りを使ったアロマセラピーは効果も高く即効性もあるので、人気の高いセラピーとなっています。そのためアロマセラピストの仕事は、今後も世間の人々から必要とされていくので、これからも消えない職業として存在し続けていくでしょう。

アロマセラピストの仕事の将来性・安定性

アロマセラピストの仕事は、多くの人がストレスを抱えている現代社会では絶対に欠かすことのできない職業です。そのためアロマセラピストの仕事の将来性は、非常に高いものと言えます。一方、アロマセラピストの立場は歩合制や時給制の人も多く、やりがいを感じる割には収入が少なく、安定性の面では厳しい一面もある仕事です。

アロマセラピストの仕事のやりがい・本音

アロマセラピストの仕事のやりがいは、何といってもお客様の反応です。疲れた顔で来店されたお客様が、帰る時にはスッキリとした笑顔になったのを見た時にやりがいを感じることができるでしょう。お客様がリピーターになってくれると、やりがいはもっと増えるでしょう。ただそのように顧客の数が安定するまでには、常に不安が付きまというという本音も聞かれます。

アロマセラピストの仕事の良い点

アロマセラピストの仕事の良い点は、何と言っても毎日アロマの香りに囲まれて仕事ができる点です。またオリジナルのブレンドやマッサージを考案するなど、自分の資質の向上を目指すことによってお役様のリピーターが増えるなどの効果が目に見える点も、モチベーションをあげてくれる良い点としてあげられます。さらには独立してサロンを持っている場合は、それが収入につながる点も良い点としてあげられます。

アロマセラピストの仕事の悪い点

アロマセラピストの仕事の悪い点は、お客様中心の仕事なので、次々にお客様が来店されると昼食や休憩をとるための時間が取れないこともある点です。またお客様と身近に接する仕事なので、自分が風邪などを引いた場合には、仕事に差し障りが出てくる場合もあるので、いつも万全な体調管理に気を配らないといけない点も悪い点にあげられます。

スポンサードリンク

アロマセラピストの仕事の内容

アロマセラピストの仕事の内容は、来店したお客様のストレスや疲れをアロマを使った方法で癒してくことです。お客様からの話をよく聞いて、問題解決のための最適な方法を見つけ出し、施術を施していきます。お客様がいない場合は、機材や備品のチェックをしたり、タオル等の洗濯やサロン内の清掃をしたりするなどの雑用をすることもあります。

アロマセラピストの仕事に必要な資格

アロマセラピストの仕事に必要な公的な資格はありませんが、いくつか取得しておくと自分のステイタスの証明になる『AEAJアロマセラピー検定』や『日本アロマセラピー総合医学協会認定資格』などの資格試験がありますので、積極的にそのようなものに挑戦していきましょう。もちろんスクールなどに通って専門的な知識を得る方法もあります。

アロマセラピストの仕事に必要なスキル

アロマセラピストの仕事に必要なスキルは、お客様と身近に接しなければならない仕事なので、相手の気持ちを素早く汲み取る能力でしょう。また、スキルアップすればするほど、よりお客様へのニーズに応えられるようになるので、常に向上心を持ち続けることも必要です。さらには、体力的にも精神的にも強いことも要求されます。

アロマセラピストの仕事のまとめ

ストレス社会と言われる現代は、セラピーのためのさまざまなサロンが数多く展開されており、その中でも香りを使うアロマセラピーは、根強い人気を保っています。ですがたくさんのサロンがある分、その中で生き残っていくことができるのは、質の高いアロマセラピストが所属しているサロンだけであるというのも厳しい現実です。ですから、高いステイタスを持つアロマセラピストを目指しましょう。

スポンサードリンク

アロマセラピストの仕事の年収・やりがい・本音に関連する記事

人気記事ランキング