有吉弘行 名言集 年収5億円「結局人間って夢とか希望よりも金なんだ」芸能人正直反省会ゼミ

お金を稼ぐ方法ネット>>お金の名言>>有吉弘行 名言集 年収5億円「結局人間って夢とか希望よりも金なんだ」芸能人正直反省会ゼミ

有吉弘行 名言集 年収5億円「結局人間って夢とか希望よりも金なんだ」芸能人正直反省会ゼミ

ariyosiokane

有吉弘行の名言はドン底から這い上がった中でつかんだ独自の考え

有吉弘行さんは今、人生2回目の頂点にいますね。
1回目は電波少年の時、月収2000万円 年収4億円という大ブレイクしていましたね。伝説企画「ヒッチハイク」から帰国した後です。猿岩石は社会現象にまでなっていました。「白い雲のように」はテレビで流れない日はなかったですね。

でも、電波少年、猿岩石の大ブレイクが終わった時から、約10年間、有吉弘行さんは泣かず飛ばすでした。
数年間、仕事が一本もない時期までありました。

猿岩石の有吉がアルバイトしている!と噂されるのが嫌で、家賃月9万円アパートの中に引きこもり、貯金を取り崩しながら生活していたんですね。
有吉弘行さんの7,000万円あった貯金はあっという間に底をつき、とうとう1日一食にしたそうです。1日250円の食費。なので全部スーパーの見切り品を買っていました。スーパーの見切り品がごちそうだったとは!

仕事が無くなり給料が歩合制になって、ギャラが一桁になりました。
月7~8万のギャラが何ヶ月か続き、そろそろ給料がゼロになるよなぁって思ったときに、
有吉弘行さんは「自殺しょうかな…」ってまで思ったそうです。
「もうこのまま仕事が減っていって、もう上にあがる目はないな、どんどん下がっていく一方だな。行き着く先はホームレスか自殺かしかないよな」
と、自殺まで考えた有吉さん、そこから毒舌キャラで劇的な復活を遂げて、今や、年収5億円を超えています。

今や、冠番組がどんどん増えている有吉弘行さん。
ドン底から這い上がった中でつかんだお金や世間に対する独自の考えが、重みをもち、共感を呼んでいます!

スポンサードリンク

有吉弘行のお金と仕事の名言

・入った金は出すな!それが鉄則です。いつ仕事がなくなるかわからないような今の世の中で、景気よく金なんか遣ってたら自分で自分の首を絞めるようなもんです。自分から進んでどん底生活に落ちていってるようなもんです。残高は心の余絡のバロメーターです。とにかく、入った金は出さない。残高100万円は死守する。それが自分を守ります。

・いざというときのために「逃げ道」を作っておくのって大事ですよね。たとえば勤めてた会社が潰れても、「俺はこっちでも生きられるから」って思えれば慌てなくて済むんで。会社にリストラされたとしても、「いい、いい、俺はこっちの仕事があるからいいんだよ」って気持ちになれるし。

・金せびってても、一応「こうやって金をせびってる僕、面白いでしょ?」って思ってもらおうとはするんです。
でも、目が必死になってるっていう…

・窮すれば、人の金にも手を出すっていう状態になりました。ここで嫌われたら人間関係が…とか一切思わないですから。完全に犯罪者と同じです。

・上島さんとか土田さんとか劇団ひとりとかは金稼いでるのに、「なんで俺に金くれねーんだ!」って思ってました。
「金がない俺が悪いんじゃない、金くれないお前らが悪い」って逆恨みするようになってました。

・ホームレスって怖いよなとか、ホームレスの人間関係も結構難しいって聞くしなとか、炊き出しのメシって喰えるかな?とか心配するようになると、もう完全に精神的に追い詰められます。

・貯金が100万切った時、「よし、俺はもう漫画家になろう」って決心して、漫画道具一式買いました。でも最初に枠線書くところで、書き方わからなくて漫画家への道を断念しました。だから僕、いまだに芸人やってるんです。

・「今の仕事は嫌だから、思い切って転職しよう」とか、「自分で店出そう」とか、今までやったことないものに挑戦しようとすると、たいてい失敗します。今までやってきたことも上手くいかないのに、たいした準備もしないで新しいこと始めてもどうせ失敗するんですよね。

・芸人に一番人気のバイトは飲食系。まかない付だとベストだが、廃棄処分のものやつまみ食いで飢えをしのげます。他にもドリンクバーがあれば隠れてペットボトルに詰めることも。今もどこかで、若手芸人が芸のために知恵を絞って生き抜いているのだ。

・自分の収入とか見せちゃいけないんですよ。普通はミエ張って多めに言ったりしがちですけど、そこはまったく逆です。過小評価されるようにしなきゃいけないんです。本当はもっともらってるけど、「そんなにもらってないです、大変なんですよ」ってところを見せとかないといけないんですよ。収入とかでミエ張る必要は一切ないですよね。そうしないと、結局無駄金遣うことになるんですよ。なんかメシ喰ったり飲みにいったりしても、すぐに「ごちそうさま」って言われて払わなきゃいけないハメに陥ったりとか、無駄に後輩におごらなきゃいけないとか、なんだかんだで出ていく金が増えていくもんなんですよね。そうならないためにも、自分がもらってる収入は絶対に見せないこと。「俺も大変なんだ」ってアピールすることです。

・「寂しいから」って金遣うのが、一番無駄遣いだなって思います。外で飲まなきゃいいんです。寂しいと思わなきゃいいんです。「寂しい、寂しい。って言ってるけど、そんなに寂しくもないよな」ことに早く気付いてほしいです。

・仕事なくなってから変装して外出ると、「お前なんか、誰も相手にしてねーよ!何いつまでスター気取りでいるんだよ!」って言われるんです。そのたびに心の中で「そうじゃないんだ!スター気取りで変装してるんじゃなくて、蔑まれたくないから変装してるんだ!」って、この言い訳が一番辛かったですね。

・どん底に落ちたときに困ったのは、金がないことはもちろんですけど、精神的に辛かったのは、人に蔑まれることです。

・ファンクラブツアーも人気が落ちるにつれてどんどん参加人数も減ってきて、600人とかいたのが最後は30人ぐらいの“親戚御一同ツアー”みたいになって。そうなるともう「何売ってもいいんじゃないの」って、歌をカセットに吹き込んで「生テープ」とかいって、ファンの部屋まわって売りつけたり。

・セコい金儲けもしてました。ファンクラブのツアーのときに、自分でTシャツを作って持って行って、ファンに売りつけたり。後輩にビデオ撮らせて、僕の修行風景を収めた「有吉様の洗脳ビデオ」を作って、それも売りつけたり。

・僕が仕事全然なくてどん底にいたときに何が幸せだったかっていうと、金持ってるヤツから金ぶんどるとか、痛い目に合わせてやるとか、そういうことがすごく楽しかったんですね。病んでます、確実に。

・仕事がなくなって暇なときに、たまに仕事がきたときには、「ここで決めなきゃ!」っていうプレッシャーが大きくて、仕事があんまり楽しめないんですよ。

・本当に忙しいときには、休みが幸せだったりするんですけど、仕事がなくなると、休みが幸せじゃなくなっちゃう。完全に真逆です。仕事も同じですよね。仕事がいっぱいあって忙しくしてるときは、「忙しい忙しい」とか言ってますけど

・3日もメシ喰ってないと、もう食べ物のことしか考えられないんですよ。すると食べ物のことを考えるたびに胃酸が出てきて、それが痛いんです。何も喰ってないから、胃酸がもろに胃を刺激して。で、腹は痛くても腹減ってるからまた食べ物のこと考えて、ますます胃酸が出て痛くなるっていう、空腹地獄。

・世間ではよく、将来とか長い目でものを見ろって言いますけど、どん底にいる時は無理です。長い目で将来のビジョン見ちゃうと、ホームレスやってる自分の姿しか出てこないですから。さらにどん底に突き落とされて、落ち込みます。

・仕事が予定より5分でも早く終わると本当に嬉しい。いつも行く定食屋のゴハンが炊きたてだと興奮する。スーパーで白菜が昨日より安いとエレクトする。俺の幸せってそんな事

・希望も夢も欲も持たなきゃ楽ですよ。自分の限界が見えてくるから。その中で羞恥心とかプライドを捨てられると人生って案外ちょろいことが多いんじゃないですかね。

・後輩に目をかけるぐらいなら先輩にかわいがられろ!
目をかけてた奴がやめちゃったときのショックがデカイんですよね。目をかけるってことは、そいつのために時間かけた分だけ、金かけた分だけ、やめたときのショックが大きいんですよ。時間も金も無駄になっちゃうし。そういうリスクは負わないほうがいいんです。だからもし後輩育てるにしても、1から育てる気はないです。8ぐらいから育てる。8だとあと2育てればいいんで。8からでも10になったときはそれなりに感謝してくれるし、恩も売れるっていう。費用対効果で言えば、それが一番いいですよね。実際、やめちゃうヤツっていっぱいいるんですよ、芸人でもサラリーマンでも。後輩ってアテにならないんですよね、いつやめるかわかんないんで。

・人の金で飲むときは「仕事だ」って思わなきゃいけないんですよ。人に金出してもらってる限りは、「楽しもう」なんて思っちゃいけないんです。

やっぱ金出す限りはどっかで偉そうにしてるんですよ。表には出さなくても。「いいぞ、今日はなんでも言っていいぞ。無礼講だから」って、この無礼講ほど危ないものはないですから。無礼講っていうときほど無礼講じゃないっていう。そこでヘタに文句言おうもんなら、「なんだ、こいつ!」って睨まれますから。会社で自分の立場が悪くなるだけです。そこはちゃんと自分の立場をわきまえて、ひと言も文句なんか言っちゃいけないと思いますね。

嫌いなヤツと飲みにいったら、自分からは何も発信せずに、ニコニコしてただそいつの話を聞いて、適当に相槌打ってます。自分の意見は言わないです。へたに自分の意見言ったりすると、「なんだよ!」になったりするんで。だいたいもともと嫌いなんで、何か言うとトゲがあったりするんですよね。だから自分の意見なんかこれっぽっちも言いません。そいつが言ったことをオウム返ししてりゃいいんですよ。「うんうん、そうだよな、わかるわかる」って言って相槌打ってれば、「お前、わかってんな」ってなるんですよ。

・夢とか希望なんかじゃ明るくなれません。5万円の仕事のほうが確実に大事です。結局人間って夢とか希望よりも金なんだなって思います。

・毒舌にもポリシーがあるんです。悪口は言ってもいいけど陰口はダメ。本人のいないところで毒を吐くことは決して笑いにはつながりません。

・僕は猿岩石が終わって仕事無くなってから、7、8年ぐらい月収一ケタとか、給料ゼロで生きてきました。
自分でも「良く死ななかったよな」と思います。だから今になって、給料が減ったとか、ボーナスがなくなったとか、会社潰れたとか、それぐらいで騒ぐんじゃないって思うんですよ。
「そんなもん、もっと前から準備しておけ!」って思うんです。

いやあ、有吉弘行さん、どんだけヒネてるのお~~~~、でも、ドカンと来る言葉は多いなあ、参考にさせていただきます!!

スポンサードリンク

有吉弘行 名言集 年収5億円「結局人間って夢とか希望よりも金なんだ」芸能人正直反省会ゼミに関連する記事

人気記事ランキング