AppleJapan合同会社の社員の平均年収は600万円。実力主義の社内で昇進昇格を目指すには英語力も必要

お金を稼ぐ方法ネット>>お金の悲喜>>AppleJapan合同会社の社員の平均年収は600万円。実力主義の社内で昇進昇格を目指すには英語力も必要

AppleJapan合同会社の社員の平均年収は600万円。実力主義の社内で昇進昇格を目指すには英語力も必要

iPhoneやiPadなど魅力的な商品を次々と世に送り出してきたApple社は、世界で最も有名な企業の1つです。

そんなAppleの日本法人で働く社員の仕事内容や収入面について、採用状況なども含めて解説します。

 

スポンサードリンク

1.Apple製品の輸入販売・サポートを行う日本法人

パソコン黎明期に起源を持つ米Apple社の歴史は、スティーブ・ジョブズとスティーブ・ウォズニアックがアップルコンピュータを設立した1976年に始まります。

1990年代までのApple社はパソコンのMacintoshに関する事業が中心で、OSの分野では圧倒的なシェアを誇るマイクロソフト社のWindowsの前に苦戦を強いられていました。

1985年に一度社を去ったスティーブ・ジョブズが1996年に復帰したことで、Apple社は業績を大きく回復させていきます。

2000年代以降のApple社が携帯音楽プレーヤーのiPodやスマートフォンのiPhoneなど革新的な商品を次々と発売し、デジタル家電の世界を大きく変えていったのは周知の通りです。

AppleJapan合同会社は1983年に設立された日本法人で、Apple製品の輸入販売やサポートを主な業務としています。

2014年以降は日本にもAppleの開発拠点が設置され、開発業務も新たに加わりました。

2.コーポレートとApple Store・在宅勤務アドバイザーに分かれる社員

AppleJapan合同会社で働く社員は、コーポレート社員とAppleStoreスタッフ、在宅勤務アドバイザーの3種類があります。

コーポレート部門には財務・人事・総務・法務・営業など、一般の企業と共通する職種も少なくありません。

とは言え営業職だけでも検索広告クライアントパートナーや開発エグゼクティブ・プラットフォームスペシャリスト等々、高度なPCスキルとビジネススキルを要する専門的な職種に細かく分かれています。

IT企業に欠かせないエンジニア職の社員もAppleJapanの重要な戦力ですが、アートディレクターに代表されるデザイン部門は社内で特に重視されるポジションです。

コーポレート社員にはこの他にもカスタマーサービス&サポート部門があり、在宅勤務アドバイザーとともにAppleユーザーからの問い合わせに対応しています。

マック・ジーニアスとも呼ばれるApple Storeスタッフは、セールス職とカスタマーサポート職・リーダーシップ職に分かれます。

3.職種によって異なる平均年収

以上のようにAppleJapan合同会社の社員にも多種多様の職種が存在し、給料も職種ごとに違ってきます。

合同会社は株式会社と違って株式市場に上場していないため、社員の平均年収を知る有価証券報告書などのデータがありません。

AppleJapanで働く社員の年収は求人情報などを手がかりにして推測するしかありませんが、平均すれば約600万円という数字が見えてきます。

外資系IT企業の多くが採用しているようにAppleJapanの基本給も年棒制で、毎月支払われるのは決められた年俸の12分の1に相当する額です。

契約社員の在宅勤務アドバイザーでは年俸が360万円程度にとどまりが、在宅勤務アドバイザーを指導するマネージャークラスになると正社員のため年俸も600万円以上に上がります。

家電量販店で販売・営業を担当するAppleShop販売スペシャリストは、正社員でも年俸が400万円前後です。

本社に勤務するコーポレート正社員はどの職種も年俸500万円以上と推定されます。

スポンサードリンク

4.残業と昇給の機会が少ないという評価も

外資系IT企業の中には自由な社風を特徴として、若い社員でも活発に意見が言えるような雰囲気を持つ会社が少なくないものです。

Apple社はカリスマ経営者だった故スティーブ・ジョブズの経営理念に基づく社風を持ち、トップダウン方式の中央集権的な組織運営を社内に徹底させることで魅力的な製品を数多く生み出してきました。

そうした社風は日本法人で働く社員も無縁ではいられませんが、一方でAppleJapanは昇給の機会が決して多くないという情報もあります。

AppleJapanのような外資系IT企業に勤務する社員は全般に残業時間が少ないとも言われており、多くの残業をこなして業績向上を収入アップに結びつけるという日本企業特有の働き方が難しい面もあります。

とは言えコーポレート社員の中にはコミッション制によって給料を増やせる職種が多く、前述の年俸に手当や賞与がプラスされれば年収も一般企業の平均水準を大きく上回るようになるものです。

5.実力主義の社内で昇進昇格を目指すには英語力も必要

Apple製品のファンでブランドイメージにも好感を抱いている人の中には、自分もAppleの一員として働きたいという夢を持つ人も少なくありません。

AppleJapanでは大量の新卒社員を一括採用するのではなく、相応のITスキルを持つ人材を多く中途採用しています。

在宅勤務アドバイザーやApple Storeスタッフなどは未経験者も応募可能ですが、コミュニティースキルの高い人や販売・営業の経験者は優遇されるものです。

そうしたスタッフよりも給与面で有利なコーポレート社員は企画立案やデータ分析などの能力も問われるだけでなく、業務遂行や昇給交渉などの際に英語力も求められてきます。

AppleJapanの一員として働きながら高収入を得ていくには、実力主義の厳しい職場で結果を出せるだけのITスキルに加えてコミュニケーション能力も欠かせないのです。

一人ひとりの役割に応じて報酬も異なるAppleJapan合同会社

多くの人を魅了してきたApple製品のさらなる普及を目指して、AppleJapanの社員は伝道師としての役割も求められます。

担当する部署によって1人1人の役割は異なりますが、どれもAppleブランドにとっては必要な人材です。

そうした社員たちに支えられながら、Apple社は時代をリードし続けているのです。

スポンサードリンク

AppleJapan合同会社の社員の平均年収は600万円。実力主義の社内で昇進昇格を目指すには英語力も必要に関連する記事

人気記事ランキング