アプリケーションエンジニアの仕事の年収・やりがい・本音

お金を稼ぐ方法ネット>>お金の悲喜>>アプリケーションエンジニアの仕事の年収・やりがい・本音

アプリケーションエンジニアの仕事の年収・やりがい・本音

アプリケーションエンジニア 仕事の年収・月収

アプリケーションエンジニアの仕事の収入は、IT業界の職種の中でも比較的高い傾向があり、平均で年収450万円、月収では30万円前後と言われています。非常に幅広い知識と経験が必要な職種であることが関係しているようです。
特に近年では、webブラウザ上で操作を行うwebアプリケーションの人気が高まっており、その開発に対応出来るアプリケーションエンジニアの仕事へのニーズが高まっています。

スポンサードリンク

アプリケーションエンジニアの仕事は、消える職業?消えない職業?

職務内容で見た場合、アプリケーションエンジニアという仕事は消えない職業といえます。我々の生活においてパソコンは切っても切り離せないものとなっており、そのパソコンで作業を行う時に利用するソフトを開発するのがアプリケーションエンジニアの仕事ですから、今後も存在し続けるでしょう。
ただし、仕事内容ではなく、呼び名そのものは今後消える可能性はあります。現在米国で主流と言われる『システムアーキテクト』という呼び名が定着しつつあり、以前に存在した資格試験『アプリケーションエンジニア試験』も現在では『システムアーキテクト試験』と呼び名を変えています。そのため呼び名で考えた場合は、アプリケーションエンジニアは消える職業といえるかもしれません。

アプリケーションエンジニア 仕事の将来性・安定性

アプリケーションエンジニアは非常に専門性も高く、またITに関する深い知識と経験が要求されるポジションです。そのため収入も比較的多く、安定性でいえば比較的高い仕事といえます。
仕事の将来性に関しても同様です。特に昨今ではwebアプリケーションの需要が高まっており、同様にそれに対応出来るアプリケーションエンジニアの需要も高まっています。時代の流れとニーズを的確に読み、それに対応出来る知識を身に着けていれば、将来性に関しても非常に高いといえるでしょう。

アプリケーションエンジニア 仕事のやりがい・本音

アプリケーションエンジニアは、開発現場の総括のようなポジションを取ることが多く、また依頼主の要望と実際に必要な機能をすり合わせを行うという重要な仕事です。そのため、非常に責任が大きい仕事になりますが、その分、アプリケーションが完成したときの喜びと、依頼主からの感謝の言葉は大きなやりがいになります。
また、仲間たちと一つのアプリケーションを作り上げるのは、一種のものづくりです。その点にアプリケーションエンジニアの仕事の魅力を感じるという本音もあるようです。

アプリケーションエンジニア 仕事の良い点

アプリケーションエンジニアは、非常にハイレベルな技術を要求される職業です。そのため、この職業についている人は、それだけ知識と経験、実績があると認められている証拠でであり、その分待遇がよい場合がほとんどです。その点を仕事の良い点として挙げる方が多くいらっしゃいます。
また、アプリケーションエンジニアに求められるスキルは、他のIT関連の職種に対しても応用の効く技術です。その点を良い点として挙げる方もいらっしゃいます。

アプリケーションエンジニア 仕事の悪い点

開発中のアプリケーションが完成間近な場合や納期が近づきつつある場合、勤務が多忙を極める場合が多々あります。残業に次ぐ残業、場合によっては休日出勤や徹夜仕事が必要になるときもあるでしょう。これはアプリケーションエンジニアの仕事の悪い点といえます。
また、システムアーキテクト試験は非常に難易度の高い試験で有名です。合格していればその分待遇面で優遇される場合もありますが、合格するまでがかなり大変で、業務未経験ではほぼ合格は不可能と言われています。その点もまた、悪い点といえます。

スポンサードリンク

アプリケーションエンジニア 仕事の内容

ソフト開発に関する幅広い業務を行うのが、アプリケーションエンジニアの仕事内容です。依頼主からの要望とソフトに必要な機能を照らしあわせてシステム設計を行い、開発プロジェクトの責任者としてチームを引っ張ります。完成したらテストを行い、依頼主の元でシステム以降を行るところまでが、アプリケーションエンジニアの範疇になります。
ソフト、ハード、ネットワーク、データベース、プログラミングといった幅広い知識が必要になるのは、このためです。

アプリケーションエンジニア 仕事に必要な資格

アプリケーションエンジニアの仕事に就くために必要な資格は特にありません。
なり方ですが、まずはプログラマやシステムエンジニアとして経験を積み、充分な知識と経験を蓄えた後に『システムアーキテクト試験』にチャレンジするのが一番近道といえます。システムアーキテクト試験は受験資格による制限はありませんが、その非常に高い難易度から実際に実務経験がないと合格は難しいと言われています。その分、企業からの評価も高く、取得していれば待遇面での優遇が期待できます。必ずしも必要ではないようですが、合格していれば、胸を張って『アプリケーションエンジニア』『システムアーキテクト』と名乗ることが出来ます。

アプリケーションエンジニア 仕事に必要なスキル

まず何よりも、ITに関する深い知識が必要となります。特に昨今では、webアプリケーションの需要が高まっています。webアプリケーション開発に必要な技術と知識は、今後を語る上では仕事に外せないスキルとなるでしょう。
また、依頼主やチームのメンバーといった、人の接する機会が多い関係上、コミュニケーション能力も必須といえます。特に、深い知識を分かりやすく論理的に説明出来る説明能力が重点的に必要なようです。
加えて、チームリーダーとしてメンバーを管理し引っ張っていく関係上、リーダーシップも重要なスキルとなってくるでしょう。

アプリケーションエンジニアの仕事のまとめ

アプリケーションエンジニアという職は、今後益々重要度を増してくることでしょう。たとえ呼び名が変わったとしても、その職業は今後もITの華であるといえます。
その分、求められる能力が高く、この仕事に就くには大変な努力が必要ですが、充分な見返りも期待できます。幅広く、かつ深い知識が必要になるのです。
『IT産業のオールラウンダー』とまとめることが出来ます。今後ますます、注目される職業といえるでしょう。

スポンサードリンク

アプリケーションエンジニアの仕事の年収・やりがい・本音に関連する記事

人気記事ランキング