アパレルメーカーのショップスタッフの年収・やりがい・本音

お金を稼ぐ方法ネット>>仕事・資格の年収>>アパレルメーカーのショップスタッフの年収・やりがい・本音

アパレルメーカーのショップスタッフの年収・やりがい・本音

アパレルメーカーのショップスタッフ 仕事の月収

ショップスタッフの月収は手取り22万円です。お洋服代はその中から差し引かれるので、お洋服を買えば買うほど給与は少なくなります。
店によって割引率は異なりますが、働いていたショップの価格帯が5,000円から10,000円程度で割引率は50%だったので、月20,000円程度(販売価格では40,000円)購入し、
実質毎月振り込まれる金額は20万円を切っていることが多かったです。お店に立つ為に美容院代、化粧品代、アクセサリー代等含めていくと、働く為の維持費がかかる仕事であるといえます。

スポンサードリンク

アパレルメーカーのショップスタッフ 消える職業?消えない職業?

いまやお洋服はネットで買える時代。接客されるのも嫌という方が多く、zozotownや店舗の通販、カタログ等でお洋服を買われる方も多いのではないでしょうか。
しかし、ショップスタップとして働いた経験から言うと、この職業は消えません。

絶対数、スタッフのアドバイスが欲しい、見てもらいたいというお客様がいらっしゃるからです。
仕事に着ていく服はどう選べばいいか、彼氏の親に会うが印象がいい服はどれか、プライベート着やすい服、痛みにくい服はどれか。
皆さんが不安に思いアドバイスされたいと思うことは、ショップスタップはきちんと理解しています。
ネットが普及しても現実世界に生きていることには変わりないので必ず消えない職業です。

アパレルメーカーのショップスタッフ 将来性・安定性

他の職業同様、実力が表面化される職業です。ノルマがあったショップだったので、誰がどれだけ売ったかすぐわかり、
仕事が出来、顧客が多いスタッフ程ノルマ達成率は上がります。

ショップスタップは基本的に人が足りていません。従って、出来るスタッフであればすぐに店長やその上の立場まで上り詰めることは可能です。
ショップの年齢層にも寄りますが、30代後半の女性も働いており、妊娠出産を経て復帰したスタッフもいます。

しかし、自分の維持費にお金がかかること、シフト性の不安定な時間帯の勤務に結婚、出産を機に辞める方は多かったです。
しかし、そこを乗り越えることが出来れば、安定した将来性のある職業と言えるでしょう。

アパレルメーカーのショップスタッフ 仕事のやりがい

自分の対応次第で相手の喜びがダイレクトに伝わることです。売ろう売ろうと思う日は必ず売れません。今日はノルマ達成できたなという日は無心でお客様のことを思い、お洋服選びに専念出来た日です。ニーズを引き出し、楽しく会話し、お店のお洋服を選んで頂く。気に入って頂ければ、また遊びにきてくださり、買った洋服の感想を聞かせてくださることもある。この喜びは他の職業では得られない喜びです。

アパレルメーカーのショップスタッフ 仕事の良い点

好きなお洋服を販売価格より安価な値段で買え、自分自身がオシャレになれることです。
スタッフ同士着こなしをアドバイスし合うので、髪型からネイル、足先までオシャレになり、自分に自信がつきます。

また接客を通してプライベートでも仲良くなる方もいて、知り合いの輪が広がります。
始めは人見知りでも誰とでも話せるようになりますし、プラス思考な考え方が出来るようになります。
人と毎日笑顔で会話するということは心まで明るくすることが出来るのです。

スポンサードリンク

アパレルメーカーのショップスタッフ 仕事の悪い点

皆さんのお休みの日はほとんどが勤務日だということです。
休日でも休みを取ることは可能ですが、頻繁に取ることは難しいです。

休日に行われるイベントなどに参加することは非常に難しくなり、会社勤務の友人と遊ぶのも難しいです。
またショップスタッフは意外に体力を使います。大量に入荷される服を仕分け、大きな段ボールを捨てに行き、
大きなセールの時には倉庫から服を移動させなければいけません。
夏に秋服を着て高いヒールを履いて、大きな荷物を持つのは非常に大変です。

アパレルメーカーのショップスタッフ 仕事内容

基本的にはお店に立ち、接客することです。
それに伴い、お店を綺麗にして、お洋服の入荷があればお洋服を店頭に出し、お買い上げにつながったらレジを打ちます。
ずっとお客様が入っている状態であればいいのですが、お店に誰も入ってこないということもよくあることです。

そういう時にはスタッフ同士、ロールプレイング接客をし、お互いのスキルを上げ、
お店を活性化させます。またお洋服を畳み直したりし、棒立ちの時間がないようにしています。

アパレルメーカーのショップスタッフ 仕事に必要な資格

特別必要な資格はありません。
しかしあればいい資格は、色彩やコーディネートに関する資格や接客に関する資格があれば、より良い接客がすることが出来ます。
同じ赤でも季節により様々な赤の服が入荷されます。それに合う色合いやトーンも自ずと決まっているので、その知識をもっているのといないのでは大きな違いがあります。
接客もスムーズになりますし、説得力が増します。ただ「似合います」では人の心は動かせないので、
なぜ似合うのか、どう似合うのかをうまく言葉にできるかは知識の量が影響します。

アパレルメーカーのショップスタッフ 仕事に必要なスキル

仕事に必要なスキルは、相手を思いやる気持ちです。
重い荷物を持っていたら、椅子をご用意してこちらに置かれてはとお勧めし、立って靴を履かれようとしている方には座れる場所をご案内し、いかに気づけるかが重要です。
接客の中でもお客様が持っているお洋服に合うようコーディネートを探したり、色んな場面で使えるようご紹介したり、相手を思いやれば自然と言葉が出てくるので思いやる気持ちが一番大切です。

ショップスタッフはただオシャレだけではいけません。接客を通して人間力が試されます。
良いスタッフに恵まれてるときだけではなく、数字を取って行くスタッフ、空気感が合わないスタッフもたくさんいます。
しかし、確実に自分の対応で喜んでくださるお客様がいますし、落ち込んだ時でも無理矢理にでも笑顔で会話すれば自然と心が明るくなっています。
ショップスタップはオシャレと人間力が身につけられる職業です。

スポンサードリンク

アパレルメーカーのショップスタッフの年収・やりがい・本音に関連する記事

人気記事ランキング