アナウンサーの仕事の年収・やりがい・本音はコレ

お金を稼ぐ方法ネット>>お金の悲喜>>アナウンサーの仕事の年収・やりがい・本音はコレ

アナウンサーの仕事の年収・やりがい・本音はコレ

anaun

アナウンサー 仕事の年収・月収

アナウンサーの仕事の年収・月収はやはり高めです。
新卒の場合は月収25万円ほど、年収にして300万円から400万円と言われています。

アナウンサーとしての年数を重ねると1000万円近く、
またはそれ以上の年収が望めます。

人気のあるアナウンサーが局からフリーに転身することがありますが、
そうすると億の収入も夢ではありません。

スポンサードリンク

アナウンサー 消える職業?消えない職業?

アナウンサーは今後も消えない職業でしょう。
現在若者のテレビ離れが進み、若者のみならず全体的な視聴率も減少気味になっているので、
その現状から言えば消える職業と思われるかもしれません。

しかし視聴率は確かに芳しくありませんが、メディアの多様化によるものが大きく、
このままテレビ自体がなくなってしまうことはないでしょう。

そのためアナウンサーも消えない職業と言えそうです。

アナウンサー 将来性・安定性

アナウンサーの将来性・安定性については現状維持が続く可能性が大きいです。
アナウンサーの仕事である報道は基本的にテレビの放送の内の一定量を占めています。

その量が大幅に増減することは考えられにくく、
将来性・安定性ともにあるでしょう。

また、安定性で言えばテレビ局は休暇や福利厚生が充実しているようです。

アナウンサー 仕事のやりがい・本音

アナウンサーの仕事のやりがい・本音は、
多くの人々に日本や世界で起こっている出来事を明確にわかりやすく伝えられることです。

テレビやラジオはほかのメディアとは異なり、
電源をつけておくだけで音声としてたくさんの情報を得ることができます。

そのお手伝いができるアナウンサーは非常にやりがいのある仕事です。

アナウンサー 仕事の良い点

アナウンサーの仕事の良い点はテレビ局などで多くの人に出会える点です。
さまざまな人と接することによって表現の幅が広がったり視野が広がったりすることは大変良いことです。

いわゆる人間力の広がりが期待できるところがアナウンサーの良い点でしょう。

スポンサードリンク

アナウンサー 仕事の悪い点

アナウンサーの仕事の悪い点は、生活が不規則になってしまい体調を崩しやすいことです。
しかしだからといって、体調を崩すわけにはいかないのがアナウンサーの大変なところでしょう。

のどのケアはもちろん大切ですし、
カメラ越しに皆の前に姿を見せる仕事なので、健康な姿でなければなりません。

アナウンサー 仕事の内容

アナウンサーの仕事内容は第一に報道です。

ニュースの原稿を間違いなくはっきりと読み上げることはもちろん、
ただ読むのではなくてニュースの内容によって表情や声色を変えたり、抑揚をつけて読んだりすることも求められます。

コメントを求められる場合もあります。
ほかにも最近はスポーツの実況やバラエティ番組の出演も増えており、
その場に相応しい臨機応変なふるまいも重要です。

アナウンサー 仕事に必要な資格

アナウンサーの仕事に必要な資格はありませんし、とっておいて有利なものも特にありません。ただ、「アナウンス検定」や「漢字検定」などは力試しとして受けてみると良い資格です。しかし資格よりはやはりアナウンサースクールなどに通った方がアナウンサーへの道は開けるでしょう。

アナウンサー 仕事に必要なスキル

アナウンサーの仕事に必要なスキルは多岐にわたりますが、
まずは滑舌良く正しい発音で、そして適切な速さで話せることが重要です。

声のトーンも同じく重要ですし、日頃から意識していなければ身につくものではありません。
さらにジャンルを問わず幅広く知識を深め、そのことに関して明確な考えを持っておくことも必要でしょう。

スポンサードリンク

アナウンサーの仕事の年収・やりがい・本音はコレに関連する記事

人気記事ランキング