あん摩マッサージ指圧師の収入・独立開業すれば年収1000万越えも?

お金を稼ぐ方法ネット>>お金の悲喜>>あん摩マッサージ指圧師の収入・独立開業すれば年収1000万越えも?

あん摩マッサージ指圧師の収入・独立開業すれば年収1000万越えも?

あん摩マッサージ指圧師は、国内で唯一「マッサージ師」を名乗ることが認められたマッサージの仕事です。

「マッサージ」というと、整体、カイロプラクティック、足つぼマッサージや◯◯リラクゼーションなど様々な名称が思い浮かびいまいち違いが分かりにくくなっています。

そうしたマッサージ類似行為とあん摩マッサージ指圧師との違い、仕事内容・働き方、年収と良い点・悪い点をご紹介します。

スポンサードリンク

1.あん摩マッサージ指圧師とは.整体・カイロプラクティックなどとの違い

あん摩マッサージ指圧師は、通称「マッサージ師」とも呼ばれ、その名の通り「マッサージ」を仕事とします。

しかし、「マッサージ」というと「整体」や「カイロプラクティック」果ては「◯◯ボディケア」「リラクゼーション◯◯」など多様な名称の類似行為と混同されがちです。

実は、マッサージを行うことが出来るのは原則として医師に限られています。

しかし、法によって、医師でないにも関わらず例外的にマッサージを行うことを許可されたのが「あん摩マッサージ指圧師」(あん摩マツサージ指圧師、はり師、きゆう師等に関する法律第1条)です。

「あん摩マッサージ指圧師」は「マッサージ」に関する国内唯一の国家資格です。

医師でもあん摩マッサージ指圧師でもない者は「マッサージ」と銘打ってマッサージ類似の施術を仕事として(お金をもらって)することを禁じられています。

そうとはいっても、「あん摩」「マッサージ」「指圧」具体的にどのような施術を意味するのかについて公的に確立した統一見解はなく、規制の潜脱が事実上野放しにされている一因となっています。

2.あん摩マッサージ指圧師の多様な働き方

あん摩マッサージ指圧師は、その名の通り「あん摩」、「マッサージ」そして「指圧」を行います。

それぞれがどのような施術を指すのかについて公的に統一された見解はなくとも、それぞれは独自の歴史的由来を持ち、確立した技術体系を持つ民間療法です。

冒頭でもご紹介したように、あん摩マッサージ指圧にあたる施術を行うためには国家試験を受験する必要があります。

国家資格の受験資格を得るためには、大学・専門学校の養成課程を最低3年間受講する必要があります。

試験合格者は厚生労働省に備え付けられた国家資格者名簿「あん摩マッサージ指圧師名簿」に登録され、あん摩・マッサージ・指圧に関し業務独占が認められます。

そうとはいっても、国家資格取得後すぐに独立開業するケースはもちろん稀です。

あん摩マッサージ指圧・鍼灸治療を行う専門治療院、病院・医院(整形外科・理学療法科・リハビリテーション科など)、在宅リハビリサービス事業会社、スポーツクラブ(スポーツトレーナー・スポーツリハビリテーション)や介護福祉施設などに就職し数年間修行を積むことが一般的な進路です。

なお、街中では「鍼灸マッサージ」という言葉もよく見かけます。

あん摩マッサージ指圧師の資格取得者は、同じく民間療法である鍼(はり)・灸(きゅう)師の国家資格も同時に取得することが多く、両資格を持つ者が「鍼灸マッサージ師」と呼ばれています。

3.独立開業すれば年収1000万越えも?

多くのあん摩マッサージ指圧師は、国家資格取得後、すぐに独立開業するのではなく、まず、専門治療院や病院・医院に就職して経験を積みます。

その場合、月収15万円~20万円・年収300万円~400万円が一般的です。他に、指名制をとっている治療院などであれば、基本給に歩合給を足した額を給与として受け取っているケースも多くなります。

安定した経済生活をおくるのには十分な収入にも思えますが、公務員のように勤続年数が増すごとに収入が増していくわけではありません。

そのため多くのあん摩マッサージ師は最終的に独立開業を目指すようです。独立開業後の年収は経営者により様々ですが、成功すれば1000万円を超えるケースもあります。小資金で開業できて仕入れや在庫がなくため、独立はしやすいです。

また実働5~6時間の残業なしの定時営業(10時~20時位)で、単価設定次第では月商100万円も十分越えられます。開業から十年ほどすると店舗併用住宅を建てられるので家賃が無くなるのも良い点です。

あん摩マッサージ師は、類似業者を合計すると、コンビニよりも多い位です。それだけ需要があります。慢性痛を抱えた患者さんは、湿布と鎮痛剤が処方されるだけの医療に不満を持っています。患者さんの愚痴や苦労話を聞いてあげながら、あん摩マッサージをすることは癒やしともなります。非常識な患者さんや傲慢だったり尊大な人の施術を我慢してまでする必要もありません。人間関係のストレスが無いのも最高です。

ただ、成功することは必ずしも容易ではありません。

というのも、本来「マッサージ」を仕事に出来るのはあん摩マッサージ指圧師に限られるにも関わらず、規制が野放しとなり「◯◯マッサージ」「◯◯リラクゼーション」といった業種が乱立し、実質的に過当競争となっているためです。

しかし、近年では、介護業界を中心にあん摩マッサージ指圧師の新たな業態が開拓されており、活躍の場は広がっています。

そうでなくても、雇用されて働く限り、厳密な意味での「マッサージ師」かはさておき、マッサージ師への需要は多く、今後も働く機会・儲ける機会の拡大が期待できる仕事といえます。

スポンサードリンク

4.あん摩マッサージ指圧師のメリット

「マッサージ」業界自体の競争は激しいとはいえ、特に病院や介護の現場で有資格者が重宝されることにみられるように、「マッサージ」に関する唯一の国家資格であるあん摩マッサージ指圧師の専門知識と技量に対する信頼は厚いものです。

また、近年では活躍の場が拡がっていることもあり、資格を持っていればそれほど就職の機会に困るということもないでしょう。

あん摩マッサージ指圧師として独立開業は困難かもしれませんが、雇用条件の良い就業先を見つけることが出来れば経済的にはそれなりに安定した豊かな生活を送ることが出来る仕事といえます。

また、文字通り”手に職”を身に付けることで、経済的な安定だけでなく、自らの技量によって人の健康を支える大きなやりがいを得ることができる仕事ともいえます。顧客の身体の症状が改善されると、感謝されるます。指名で予約電話が来るのは、自分が頼られている実感があり、とても誇りに思います。

5.あん摩マッサージ指圧師のデメリット

しかし、あん摩マッサージ指圧師や業界の将来性については必ずしも予断を許すものではありません。

あん摩、マッサージや指圧は、実を言えば終戦直後「非科学的で不潔」だとして原則として一切禁止しようとする動きもありました。

しかし、業界関係者の猛烈な抗議も功を奏し、触覚に優れた視覚障害者の労働福祉政策として、「あん摩マッサージ指圧師」という制度が誕生した経緯があります。

そうした経緯にも関わらず、マッサージ類似の施術行為が野放しになっている実態からも明らかなように、政府はあん摩マッサージ指圧師の業務独占に対して必ずしも好意的ではありませんでした。

こうした業界事情からは、必ずしも将来性が安定した仕事とはいえないのかもしれません。

「マッサージ」に関する国内唯一の国家資格、あん摩マッサージ指圧師

あん摩マッサージ指圧師は国家資格で唯一「マッサージ師」を名乗ることを許された仕事であり、その名の通りあん摩などマッサージによる施術で人々の健康維持を担います。

マッサージ類似行為によって厳しい競争にさらされてはいますが、雇用されて働く限りはそれなりに安定した経済的機会に恵まれ、また、活躍の場も増えつつあります。

しかし、今後、規制がどのように運用されていくかにより大きくその命運を左右される可能性があります。

スポンサードリンク

あん摩マッサージ指圧師の収入・独立開業すれば年収1000万越えも?に関連する記事

人気記事ランキング