暗号作成者の仕事の年収・やりがい・本音はコレ

お金を稼ぐ方法ネット>>お金の悲喜>>暗号作成者の仕事の年収・やりがい・本音はコレ

暗号作成者の仕事の年収・やりがい・本音はコレ

暗号作成者の仕事の年収・月収

暗号作成者は主に研究者として大学や企業のラボに所属し、
その年収は400万から700万円(月収30万から50万円)といわれています。

新たな暗号を開発すると特別手当や特許収入も得られます。
しかし日本で暗号作成者として活躍できる場は少なく、

エンジニアとして独立するかIT系企業に雇用されて仕事を得る場合もあり、
労働形態でも年収・月収は変動します。

スポンサードリンク

暗号作成者は消える職業?消えない職業?

ECやクラウドなどが顧客情報を取り扱う際に暗号システムは必須であり、
暗号作成者は現時点で消えない職業の筆頭です。

大手通信企業は積極的に暗号システムの開発を行っており、
暗号作成者の需要も消える様子はありません。

しかし消えることが無いといっても、
暗号を作成できるレベル人材は稀有であり、
ごく少数の成り手のまま消えない職業としてあり続けるでしょう。

暗号作成者の将来性・安定性

暗号作成者として大企業の正規の研究職に就ければ
安定性は十分に得られるでしょう。

研究の仕事の将来性は本人の健康とモチベーション次第です。
暗号作成者には作成の現場以外に、

企業にセキュリティ関連のアドバイスを行うなど暗号理論の応用の需要もあります。
暗号作成に拘らなければ将来性の幅も広がり、
安定性のある企業を選んで就業、取引することも可能です。

暗号作成者仕事のやりがい・本音

暗号作成者の仕事では自身の研究テーマが実現したときにやりがいを感じられます。
社会での実用に耐えうる暗号の開発者となれれば大変な名誉ですが、

暗号作成者の本音は数学・暗号理論の研究はあくまでもライフワークという認識でしょう。
またこの仕事には開発側とクラック(破る)側の勝負のような面があり、
脆弱性の発見とクリアがそれぞれの勝利、やりがいとなります。

暗号作成者仕事の良い点

暗号作成者の仕事の良い点は、
数学・暗号理論の研究を趣味やライフワークとしている人が
それを社会に出ても続けられることです。

また業界の中に身を置くことで情報の入手や技術の応用が容易になることも
暗号作成者にとっての良い点でしょう。

そして自身の作品が世界中で様々な製品やシステムに利用されるなど、
大きな規模に拡大し得ることもこの仕事の魅力の一つです。

暗号作成者仕事の悪い点

暗号作成者の仕事は知識・技術の他にひらめきが必要になる面があります。
自身の思う通りの結果が出ず、プレッシャーやストレスにより
仕事を続ける為のモチベーションが低下しやすいところが悪い点でしょう。

また暗号作成者は社会のセキュリティの根底に携わることが多いので、
公にどんな開発・業務に携わったかを言えないことも、悪い、というより少し辛い点です。

スポンサードリンク

暗号作成者仕事の内容

暗号作成者の仕事の主な内容は、
通信サービス等で実際に使用される暗号理論やシステムの開発、
およびその安全性の検証です。

詳細な内容は各人の立場や研究テーマによって異なるため
明確に定義できませんが、自身の研究だけでなく、

過去の文献を読み直したり、
リアルタイムで飛び交う情報を日々収集することも
暗号作成者にとって欠かせない仕事です。

暗号作成者仕事に必要な資格

暗号作成者の仕事を得るための資格として、
まずは数学や暗号理論の分野の博士号まで取得しておく必要があるでしょう。

暗号作成者は理論の提唱だけではなく、
それをコンピューターで利用するシステムの形で開発することが殆どなので、
エンジニアの技術・知識も仕事上必要になってきます。

また資格が必須ではありませんが、
資料や実務では英語が多用されています。

暗号作成者仕事に必要なスキル

暗号作成者の仕事に必要なスキルは知識・技術面においては膨大なものがあります。
ただ、逆にいえばそれらを「宝の山」だと思える暗号理論への関心、
興味が最も重要になるでしょう。

またこちらもスキルというより資質ですが、
暗号作成者には倫理観が求められます。

仕事上重要な情報を知り得ることがありますが、
それを決して悪用しない強い心の持ち主であることも必要なのです。

スポンサードリンク

暗号作成者の仕事の年収・やりがい・本音はコレに関連する記事

人気記事ランキング