アメリカ軍兵士の年収・やりがい・本音

お金を稼ぐ方法ネット>>お金の悲喜>>アメリカ軍兵士の年収・やりがい・本音

アメリカ軍兵士の年収・やりがい・本音

amerivagun

アメリカ軍兵士の年収・月収

アメリカ軍兵士の月収は階級によって異なり、一番位の高い大将になるとおよそ月収243万円、一番位が低くなると月収18万円と大きな差があります。
年収に直すとおよそ最大3000万円から最低250万円と10倍以上もの収入差があります。
ネイビーシールズという特殊部隊では危険手当としておよそ2万4千円、差し迫った危険に対して2万3千円が支給されます。さらにパラシュート降下、爆破行為、ダイビングの任務で2万4千円ほどが支給されます。

スポンサードリンク

アメリカ軍兵士は消える職業?消えない職業?

アメリカ軍兵士は国が存続する限り残り続ける職業です。アメリカがこの世から消えることがほぼない以上、消えない職業の典型でしょう。
まず大前提として国家を守るための組織であり、敵からの攻撃を防いだり敵を殲滅する軍事的な目的があります。
アメリカ軍は徴兵ではなく志願して入るもので、国のために働きたい人のほか、手厚い金銭的保証があるので移民にも人気があります。
世界各国に駐留しており、戦闘が始まると戦地に向かって戦います。いつ戦闘が行われるかは分からないため、常に人員を補充して訓練をする必要があるからです。

アメリカ軍兵士の将来性・安定性

アメリカ軍は国から支援を受けるため非常に安定した収入があります。
しかし、戦闘による負傷や精神的な障害など、身体にかかる負担は大きくPTSD(心的外傷後ストレス障害)となって除隊する人もいます。
軍を引退してからも手厚い保証が用意されており、医療費の助成や年金も用意されています。
退役軍人はその後、民間企業に再就職することが多く、戦闘技術を生かして民間の軍事会社や警備会社で働くこともあります。

アメリカ軍兵士の仕事のやりがい・本音

アメリカ軍の仕事のやりがいは国を守るために働けることです。
毎日を平和にくらしている裏では、外敵からの攻撃を防ぎ、抑制するための軍隊が存在していることの意義が大きくなります。
大切な家族を守り、しいては国民を守ることにもつながる兵士の仕事はとてもやりがいがあります。
2015年に行われたアメリカのCareerBlissというキャリア情報サイトが行った調査では、やりがいのある仕事のランキングで軍隊が3位になる結果が出ており、誰かを守ることのできる仕事が注目されています。

アメリカ軍兵士の仕事の良い点

アメリカ軍兵士の良い点は国による手厚いサポートがあることです。
収入面では国が4000万ドル以上、およそ50億円もの軍事予算を持っており、兵士の給与や医療関連の補助、退役軍人の年金支給を行っています。
外国籍の兵士には退役後に市民権を与えられたり、高校から軍に志願し、3年ほど入隊した場合には大学への奨学金が支給されるなどの金銭的サポートも充実しています。
退役後には民間企業への再就職をサポートしてくれるので安心です。

アメリカ軍兵士の仕事の悪い点

アメリカ軍兵士の悪い点は、非常時には戦闘へ参加する必要があり命の危険があることです。
国を守るために敵国で戦闘を行ったり、侵入した外敵と戦う必要があります。爆発物の取り扱いやパラシュートを使った降下などき、危険な作業が非常に多くなります。
激戦地から帰還した兵士がPTSDとなり何年も精神的に苦しんでいる事例もあることから、精神的な負担がとても大きくなるのが悪い点です。

スポンサードリンク

アメリカ軍兵士の仕事の内容

アメリカ軍兵士の仕事は、陸海空の常駐軍の他に国境警備を行う「アメリカ沿岸警備隊」、対外戦争を目的とする「アメリカ海兵隊」が存在します。
戦闘以外には、軍事物資の輸送する「輸送軍」、核兵器、宇宙軍、サイバー軍をまとめた「戦略軍」、特殊作戦を行う「特殊作戦軍」、世界各国の管轄地域ごとに分かれるアジア担当、北米担当などがあります。
主に外敵から国を守る仕事と、敵地へ行って作戦を行う対外的な仕事があります。

アメリカ軍兵士の仕事に必要な資格

アメリカ軍兵士になるためには、アメリカに居住する18歳から26歳、学力試験で一定の点数以上を取ること、さらに体力テストに合格すると入隊できます。
アメリカ人以外の外国籍も志願することができ、グリーンカード保持者、違法移民や一時就労ビザの人も対象となっています。
入隊は志願制となっているため、以上の資格を持った人がアメリカ軍兵士になることができます。

アメリカ軍兵士の仕事に必要なスキル

アメリカ軍兵士に必要なスキルは、訓練に耐えられる強靭な肉体と、あらゆる場面で仕事を遂行する精神力です。
特に精神面の問題が多くなってきており、何年も訓練を受けた兵士でも戦闘によって精神障害となるケースがあります。
戦闘ともなると常に緊張感をもって行動し、配属先によっては過酷な訓練を行う場合もあります。その他機械整備を行う整備士や医療に関する看護師など、専門的なスキルが必要とされています。

アメリカ軍兵士の仕事まとめ

アメリカ軍兵士は国を守るための仕事であり誇れる仕事です。入隊するためには志願と資格が必要で、体力的にも精神的にも厳しい仕事でもあります。
また、国からの金銭的なサポートも充実しており、学生に対しては奨学金を提供するなど若い世代も積極的に受け入れています。
非常時には戦地に赴き実際に戦闘を行うこともあり、命の危険がある仕事なので常に緊張感を持って仕事をする必要があります。

スポンサードリンク

アメリカ軍兵士の年収・やりがい・本音に関連する記事

人気記事ランキング