アキラ100%の収入・年収は800万円。R-1グランプリの優勝賞金は500万円!!

お金を稼ぐ方法ネット>>お金の悲喜>>アキラ100%の収入・年収は800万円。R-1グランプリの優勝賞金は500万円!!

アキラ100%の収入・年収は800万円。R-1グランプリの優勝賞金は500万円!!

2017年のR-1グランプリで優勝し、裸芸で話題となったアキラ100%さんは、元々俳優志望の真面目な青年でした。

アキラ100%さんが芸能を志した経緯、俳優志望からピン芸人への略歴、R-1グランプリでの優勝と現在の仕事・収入、美人と噂されるお嫁さんとの結婚、そして裸芸ではなかなか伝わりにくいその人柄をご紹介します。

スポンサードリンク

1.埼玉県に生まれ俳優志望からお笑いコンビ結成へ

アキラ100%(本名.大橋彰〔おおはし あきら〕)さんは1974年8月15日・埼玉県秩父生まれです。

埼玉県内の公立小中高を卒業し、大学は駿河台大学を卒業しています。

アキラ100%さんといえば裸芸のピン芸人として知られていますが、元々は俳優志望でした。

とはいえ幼い頃から喜劇俳優・チャールズ=チャップリンに憧れていたそうで、コメディには昔から親しみをもっていたようです。

高校時代には演劇部に所属しそこでの活動をきっかけに俳優への憧れを固めます。

そして、大学卒業後に芸能事務所に就職し、椎名桔平さんの付き人として芸能界での活動を始めます。

しかし、付き人時代のアキラ100%さんは、何をやっても上手く行かず、嫌気が指して逃げるように事務所を辞めてしまいました。

もっとも、その後、2005年には大学時代の同級生とお笑いコンビ”タンバリン”を結成し、以後、現在に至るまでお笑い芸人として活動しています。

”タンバリン”では大橋央旺(おおはし あきら)という芸名のボケ担当として活動していましたが、2010年にコンビは解散してしまいました。

ちなみに、アキラ100%さんの裸芸は、実は”タンバリン”時代からのネタで、元々テレビ番組の企画のために宴会芸として考え出されたものだったそうです。

2.ピン芸人として裸芸でブレイクするも活躍の幅は限られる

コンビ解散後はピン芸人に転向し、現在はSMA NEET Projectに所属しています。

ピンに転向してから7年後、2017年のR-1グランプリ(吉本興業が主催するピン芸コンクール)ではついに優勝を果たし、その裸芸「丸腰刑事(まるごしでか)」や「絶対見せないdeSHOW」で一世を風靡しました。

同年には、R-1グランプリでの優勝をきっかけに同年には数々のコメディ、バラエティ、情報番組に出演し、その裸芸を披露しました。

アキラ100%さんの裸芸は必然的に露出を伴うこともあり、若年層には人気がありますが、特に言葉を芸とする落語家を始めとして様々な方面から批判もされます。

しかし、裸芸のイメージが強いアキラ100%さんですが、服を着て行うネタも持っており、2017年以前に出演したR-1グランプリでは服を着てネタを見せています。

もっとも、裸芸のイメージが強いせいか、2017年でもCM出演は1本のみ(しかも服を着ての出演)と、その活動の幅を広げることにはなかなか苦戦しています。

そうとはいえ、2018年1月1日付けで地元・秩父の観光大使に就任するなど、地元の人々には愛されています。

なお、アキラ100%さんはピン芸人としての活動の他、小規模ではあるものの舞台・映画に俳優として出演したり、ビジュアル系エアロビダンサーユニット”Dacco(ダッコ)”にバックダンサーとして参加したりといった活動もしています。

3.アキラ100%の年収は800万?R-1グランプリの優勝賞金はいくら?

今後の活躍が期待されるアキラ100%さんですが、R-1グランプリで優勝した2017年の収入は800万円程度だったようです。

2017年11月26日に放送されたテレビ番組「お笑いワイドショー マルコポロリ」(関西テレビ)中の芸能人親子が語り合うコーナーで、アキラ100%さんの実母が「年収800万くらい」と予想したところ、アキラ100%さんは「いいとこ突いてんじゃないかな」と答えるといったやりとりがされています。

実際のところ、2017年にはR-1グランプリでの優勝を機にアキラ100%さんをテレビで見かける機会も多くなりましたが、レギュラー出演枠はなく、もっぱらゲストやネタ見せの芸人としての出演に限られています。

スポンサードリンク

また、CM出演も1本のみと、その芸風のせいか意外と活躍は限られています。

こうしたことと、2017年R-1グランプリの優勝賞金が500万円であることを考え合わせると、800万円という先の数字は実際かなり収入の実態に近いのかもしれません。

人気芸人としては意外と少ないように感じられる年収ですが、R-1グランプリ2018開催発表会見に出席した際のコメントでは、R-1グランプリで優勝したことでそれまで1万4000円だったバイトの給料が10倍になった、と語っています。

やはりR-1グランプリ優勝は本人にとって大きなチャンスだったようで、このチャンスを無駄にしないために、お茶の間に広く受け入れられるネタ作りが喫緊の課題でしょう。

4.長年に渡る交際の末に美人看護師と結婚

芸人としては遅咲きのアキラ100%さんですが、実は、R-1グランプリで優勝する以前の2015年に7年もの交際を経て看護師の女性と結婚しています。

看護師の中でも、日本で10人しかいない小児移植コーディネーターという特殊な資格を持っており、かなりしっかりとした方であります。

また、下積み時代から裸芸の多いアキラ100%さんの肌荒れを気遣って自らの使う高級美容液を使ってケアしたり、と下積み時代のアキラ100%さんを支えてきました。

アキラ100%さんは、プロポーズの際、お嫁さんに「3年待って欲しい。結果を出すから」と伝えたそうです。

実際にその3年後にR-1グランプリで優勝していることから、R-1グランプリでの優勝もお嫁さんのおかげだったといえるかもしれません。

5.芸風からは想像しにくい真面目で堅実な性格の持ち主?

しっかりとしたお嫁さんに支えられてきたアキラ100%さんは、しかし、うだつの上がらないヒモ男だったわけではありません。

下積み時代はスポーツインストラクターのアルバイトで生計を立てていたそうです。

さらに、元々、小中学校では学級委員や生徒会会長を務めていたといい、”ピン芸人”という現在の職業からは想像しにくい真面目な生徒だったようです。

また、大学では中学社会・公民の教育免許を取得しており、将来を意識した堅実さを感じさせます。

さらに、アキラ100%さんは大学卒業後に所属していた芸能事務所を逃げるように辞めたと言われます。

その理由も、”何をしてもダメな自分に対する自己嫌悪に陥ったため”だったそうで、真面目で責任感を持った人でなければそのような自責の念にかられることはありません。

ちなみに、アキラ100%さんの趣味はスノーボード、テニスと爽やかな体育会系です。

未だお嫁さんとの間にお子さんはいないそうですが、近い将来、真面目・堅実・爽やかな良いパパになるのかもしれません。

年収800万前後と噂されるアキラ100%

アキラ100%さんは元々俳優志望でした。

しかし、当初所属した芸能事務所では上手く行かずお笑いに転向しました。

5年間お笑いコンビで活動していましたが、その後、ピン芸人に転向します。

2015年には美人看護師と結婚し、「3年以内に結果を出す」というプロポーズの約束通り、3年後の2017年にはR-1グランプリで優勝し面目躍如を果たします。

破天荒な裸芸とは裏腹にプライベートでは誠実で真面目な人柄がうかがえるアキラ100%さんの今後の活躍が期待されます。

スポンサードリンク

アキラ100%の収入・年収は800万円。R-1グランプリの優勝賞金は500万円!!に関連する記事

人気記事ランキング