【日本航空123便御巣鷹山 飛行機墜落事故で、さんまは、死んでいたはずだった!!】

お金を稼ぐ方法ネット>>お金の名言>>【日本航空123便御巣鷹山 飛行機墜落事故で、さんまは、死んでいたはずだった!!】

【日本航空123便御巣鷹山 飛行機墜落事故で、さんまは、死んでいたはずだった!!】

akasiyasanma

日本航空123便御巣鷹山 飛行機墜落事故で、さんまは、死んでいたはずだった!!

明石家さんまさんは、暗い厳しい幼少、青年時代から這い上がったから、今の、明るさをもっているんですね!

スポンサードリンク

さんまのお兄さんが話す、新しい母から完全無視されて生きていいた、さんまの小さい頃の話を聞いて、そう思いました。

↓↓この動画、間違いなく感動ものですよ~!

【明石家さんま 名言・迷言集~!!さんまさんの笑顔って 「これぞ男の笑顔!!」と言いたくなる位大きくて温かいですね。】の動画はこちら

「中学生くらいの頃は娯楽といえぱ、三枝(文枝)のラジオ『ヤングタウン』でね。
二段ベッドでいつも二人で聞いてたんです。

新しい母には遠慮もしたし、やっぱり反発もあった。

お父さんが再婚したんですね。

「その母が昔、隣の部屋で酒を飲みながら『うちの子はこの子(弟)だけや……』

って言うのが壁伝いに聞こえてきたんですよ。
二人でよう二段ベッドで泣きましたわ。

せやから高文は酒飲む女の人が苦手なんです。
芸能界行くまではほとんど飲まなかったし、

今も本質的に酒は好きじゃないと思います」

そうなんだあ・・・。

明石家さんまさんは、結構派手に、なんの悩みもなく、

美女たちと遊んでるイメージだったけど、間違ってましたね。

明石家さんまさん、辛い日々長かったんですね。

継母はずっとさんまさんを完全無視してて、

まるでさんまがそこにいないかのように、

弟にばかり話しかけていたそうですね。

さんまさんは、それでも継母と仲良くしてもらおう、反応してもらおうと、

毎日毎日必死で面白いことを考えていた。
そのうちに、学校でもそのノリで暮らすようになって、

一躍人気者になり、お笑いの道へ入っていったんですね。

いやあ、あの笑いの仮面の裏には、涙の顔が張り付いていることがわかりました。

スポンサードリンク

明石家さんまさんは、あの日本航空123便墜落事故で死んでいたはずだった!

日本航空JAL123便墜落事故は、1985年8月12日に起きました。犠牲者数520名の大惨事です。

さんまさんは当日、東京のフジテレビで「オレたちひょうきん族」の収録後、

この墜落した飛行機で大阪へ移動し、毎日放送「ヤングタウン」に出演予定だったそうです。

でも、たまたま「ひょうきん」の収録が予定よりも早く終わったために、

123便をキャンセルし、ひとつ前のANA35便に搭乗したんですね。
さんまさんは事故当日の生放送のラジオレギュラー番組では言葉を失ったそうです。

さんまさん、はこの事故をきっかけに、新幹線で行ける所へは飛行機ではなく新幹線を利用するんだそうです。

こんな苦しい幼少、青年時代を経験し、また偶然に墜落事故を免れた経験から、
明石家さんまさんには数々のお金と人生の名言があります。
ご紹介しましょう!

「生きているだけで丸もうけ」

「生きているだけで丸もうけやさしさを持った人は、それ以上の悲しみを持っている」

「結婚はゴールではない! スタート! しかも途中から障害物競争に変わる」
これも意味深ですねえ。大竹しのぶさんとの離婚のダメージが伺えます。

「人を好きなまま死にたい」

「彼女の過去は彼女の歴史なんやからそれを否定すな!」

「人間、どんなに沈んでいても笑うんです」

「いっぺん夢中で生きてみい。毎日が夢中や」

「バラエティに感動の涙はいらんねん!! バラエティは笑わせて涙流させな!!」

「お笑いは争うもんちゃうねん。その人が一番面白いと思ったらそれでええねん」

「やろうとすれば出来んねん、人間みたいなもんは」

「何とも思われないよりは嫌われるほうがマシ、好きに変わる可能性が残っているから」

「正解が一番つまらんのや」

「死ぬときにわくわくしたい」

明石家さんまさん、意外でしたが、苦しい経験から生み出した珠玉の名言の数々、有難うございます!

それにしても、さんまの人生を大きく変えた昭和60年の日本航空123便墜落事故。

30年前の事故当時の状況が明確になってきています。

30年目となる8月12日、フジテレビが、
機内の再現ドラマや当時の映像、

墜落現場での中継などを交えた、

特番「8.12日航機墜落 30回目の夏 生存者が今明かす“32分間の闘い” ボイスレコーダーの“新たな声”」
を、
(午後6時半)を生放送します。

コックピットのやりとりを記録したボイスレコーダーの詳細な解析がされて、「ドーン、ドーン、ドーン」といく衝撃音の回数や、
判読不能だった会話の一部などの「新事実」が明かされます。

日本の航空事故の最大のもものとなった日航機123便の墜落事故は、
昭和60年8月12日におきました。

羽田空港から伊丹空港に向かう飛行中、機体に異常が発生。
機体は制御を失い、32分後に群馬県上野村の「御巣鷹(おすたか)の尾根」に墜落。
乗客乗員524人のうち520人が死亡した大惨事です。

フジテレビは、今までマスコミに公表されていた音源よりも、
より鮮明に記録されたテープを当時の事故調査委員会の関係者から入手したんですね。

テープをフジテレビが独自解析した結果、
これまで聞くことのできなかったコックピットでの約60カ所のやりとりのうち、
約20カ所が初めて聞けるようになったわけです。

突然の機体の深刻な事故に遭いながらも、最後の最後まで生きようと頑張った、
機長や副操縦士たちのコックピット内での必死の会話ややりとりが蘇ったのです。

当時できなかった音の解析が、技術が進化した30年目の現在、できるようになったんですね。

関連記事

【芸能人の収入ランキング&生涯 収入ランキング!テレビを見るのをやめれば、こんな異常な収入は是正されますね!!】の記事はこちら

【明石家さんま、大竹しのぶと偽造離婚!?復縁再婚のタイミングは?】

【明石家さんま、年収15億円!資産100億円!!ネタ5千円で小学生から買う噂!引退はまだまだ先かもね】の記事はこちら

スポンサードリンク

【日本航空123便御巣鷹山 飛行機墜落事故で、さんまは、死んでいたはずだった!!】に関連する記事

人気記事ランキング