航空管制官の年収・やりがい・本音

お金を稼ぐ方法ネット>>所詮この世は金と愛>>航空管制官の年収・やりがい・本音

航空管制官の年収・やりがい・本音

航空管制官 仕事の年収・月収

航空管制官の仕事の月収は、4年生大学卒業、職歴なしの場合に東京空港事務所(羽田空港)の航空管制官として発令される金額は229,200円、さらに複数の手当てが付きます。
航空管制官は国家公務員としての仕事になるため年収は比較的高めになっており、平均月収は41歳でおよそ42万円、平均年収はおよそ650万円となります。

スポンサードリンク

航空管制官は、消える職業?消えない職業?

航空管制官は今後も消えない職業です。空港の仕事には様々な役割がありますが、パイロットへ離着陸の指示を行う重要な枠割となっており、航空機が安全にフライトするためには必要な職業です。
航空管制官は国家公務員であり、高度な技術と知識を持つ航空管制官が無くなることはありません。航空業界の機械化が進んでも消えない職業となります。

航空管制官 仕事の将来性・安定性

航空管制官の仕事の将来性は高く、国家公務員として働くため安定性のある収入も得られ、問題なく仕事をこなすことができれば定年まで安定して働くことが可能です。
格安航空会社の参入や国際線の増加により、航空管制官の需要も非常に高まってきているため仕事の安定性もあります。こうした背景から航空管制官の将来性には今後も期待できます。

航空管制官 仕事のやりがい・本音

航空管制官の仕事のやりがいは、1年を通して数多くの飛行機が発着しており、空の交通整理を行って事故なく安全に運行できた時にやりがいを感じます。
航空管制官の指示によって飛行機が発着する航空業界では非常に重要な仕事で、今の社会には無くてはならない職業でもあり、乗客が安心して航空機を利用してもらった時にもやりがいを感じます。
しかし、的確な指示を行わないと重大な事故を引き起こす可能性があることも本音で、大きな責任が求められます。

航空管制官 仕事の良い点

航空管制官の仕事の良い点は、国家公務員として働くため安定して定年まで働ける点と、個人の勤務時間は8時間と決まっているため残業もほとんど無い点です。
航空管制官は公務員法に基づいて産休や育休を取得することも可能で、女性も安心して働けることも良い点です。しっかりとした仕事ができればパイロットからも信頼され、チームワークで問題を解決していくことができます。

航空管制官 仕事の悪い点

航空管制官の仕事の悪い点は、航空管制官の指示により航空機が離陸、着陸するため事故を起こさないように注意しなければならない点です。また、パイロットとの通信は英語が使われるため英語力が求められる点です。
航空管制官はパイロットへの指示を行う仕事のため、英語が苦手な人は必死に勉強しなければなりません。また、転勤もあるため働く空港によって勝手が違うなど適応能力も求められることも悪い点です。

スポンサードリンク

航空管制官 仕事の内容

航空管制官の仕事の内容は、国土交通省の国家公務員として空港で働くこととなり、航空機がぶつからないようパイロットに発着の指示を行います。
航空管制官は札幌・東京・福岡・那覇にある「航空交通管制部」と全国の空港が職場となり、航空交通管制部は日本の空域に出入りする航空機の管制を行い、空港では各空港の管轄する空域にいる航空機の管制を行う仕事です。

航空管制官 仕事に必要な資格

航空管制官になるための試験を受験するためには、満21歳から30歳までの年齢制限をクリアして日本国籍を持っている人であれば誰でも受験が可能です。
航空管制官の仕事に必要な資格は3つあり、「飛行場管制」「進入管制」「ターミナルレーダー管制」があります。航空管制官になった後は実地訓練を行い定められた時間の講義を受けて試験に合格しなければなりません
さらに、転勤があると配属先の空港には地域によって求められる技術が異なるため、転勤の度に訓練を受けて試験に合格する必要があります。

航空管制官 仕事に必要なスキル

航空管制官の仕事に必要なスキルは、空間認識能力と記憶力です。航空管制官はレーダーを見ながら航空機の位置を把握して管制を行わなければならず、立体的に位置を把握して指示を与えるスキルが求められます。
航空管制官は責任感や使命感も必要なスキルで、多くの乗客を乗せた航空機を事故なく安全に発着させなければなりません。たくさんの命を預かっている気持ちを忘れずに仕事を行います。

航空管制官 仕事のまとめ

航空管制官の仕事は、国家公務員として航空機が安全に発着できるようパイロットに指示を与える仕事です。また、パイロットへの指示は英語で行われるため英語力が求められます。
航空管制官は全国の空港と航空交通管制部で働くこととなり、それぞれの管轄する空域をレーダーで監視しながら管制を行います。1日の業務時間は8時間と決まっており、残業はほとんどなく24時間のシフト制で業務を行い安全なフライトを支えています。

スポンサードリンク

航空管制官の年収・やりがい・本音に関連する記事

人気記事ランキング