アシスタントテレビディレクターの仕事の年収・やりがい・本音

お金を稼ぐ方法ネット>>お金の悲喜>>アシスタントテレビディレクターの仕事の年収・やりがい・本音

アシスタントテレビディレクターの仕事の年収・やりがい・本音

アシスタントテレビディレクター 仕事の年収・月収

一般的に給料が良いとされるテレビ業界ですが、駆け出しのアシスタントテレビディレクターの平均年収はそれほど高くもなく、250万円〜400万円程度です。しかし、キー局の場合は500万円程度であり、また実力主義の世界なので、努力して実力を発揮すればするほど次第に年収が上がり、数年で1000万円に達する人も稀にいます。

スポンサードリンク

アシスタントテレビディレクター 消える職業?消えない職業?

アシスタントテレビディレクターの仕事は激務のため、すぐ辞める人が多く、テレビの現場では常にアシスタントテレビディレクターの人手不足が続いている状態です。したがって、アシスタントテレビディレクターが消える職業か消えない職業か考えた場合、間違いなく「消えない職業」と言えるでしょう。

アシスタントテレビディレクター 将来性・安定性

アシスタントテレビディレクターの仕事は、下積み期間は厳しいですが、ディレクターになるという目標をもって頑張れば、数年後には必ずディレクターに昇進できるので、将来性のある仕事と言えます。また、テレビは、これからずっと消えることのないメディアなので、アシスタントテレビディレクターの将来性・安定性は、これからも有望であると言えるでしょう。

アシスタントテレビディレクター 仕事のやりがい・本音

アシスタントテレビディレクターに仕事のやりがいや本音を聞いたところ、長い時間をかけて番組を作ってきて、放送する映像が出来上がったときに達成感が味わえるのが嬉しいとの本音が聞けました。また、苦労して製作した番組が無事放送されて、視聴者からの反応が良かったとき、やりがいを感じるそうです。

アシスタントテレビディレクター 仕事の良い点

アシスタントテレビディレクターの仕事の良い点とは、仕事を通して、ディレクターのロケ方法・演出法・編集の技術をディレクターの間近で見ることによって、自分がディレクターになったとき使える技術を、あらかじめ勉強できるという点です。常に仕事で「良いお手本」を間近で見られるのは、他の職種にない良い点と言えるでしょう。

アシスタントテレビディレクター 仕事の悪い点

仕事の悪い点とは、アシスタントテレビディレクターはテレビ業界で一番低い地位のため、全スタッフから要求を突きつけられ、根気・根性・強い精神力がなければ、心身ともにボロボロになり、辞めたくなることが多い点です。不規則な仕事のため、なかなか家に帰れず、会社に泊まるなど、想像以上に激務であることも悪い点と言えるでしょう。

スポンサードリンク

アシスタントテレビディレクター 仕事の内容

アシスタントテレビディレクターの仕事内容とは、ディレクターの手足となって補佐する役回りを担うことです。具体的な仕事内容としては、出演者のほかにカメラマンや照明・音響、大道具・小道具スタッフなど、ディレクターひとりだけでは細かな指示をこなすことができない仕事をサポートすることです。

アシスタントテレビディレクター 仕事に必要な資格

アシスタントテレビディレクターになるには、資格や免許などは必要ありませんが、基本的にテレビ局に就職する必要があるので、四年制大学卒業以上の学歴が求められます。特に東京のキー局では、内定者は六大学レベル以上という実績もあり、できれば難易度の高い学歴の方が有利と言えます。テレビ業界は資格よりも学歴社会であることを忘れないで下さい。

アシスタントテレビディレクター 仕事に必要なスキル

テレビ番組を作るには大勢の人が関わっているので、アシスタントテレビディレクターの仕事に一番必要なスキルとは、コミュニケーション能力と言えます。また、滞りなくテレビ番組を制作し、放送に至らせるために、周りに対して細やかな気配りができるかどうかも、必要なスキルのひとつと言えます。

アシスタントテレビディレクター 仕事のまとめ

駆け出しのアシスタントテレビディレクターの平均年収はそれほど高くもなく、250万円〜400万円程度です。
苦労して製作した番組が無事放送されて、視聴者からの反応が良かったとき、やりがいを感じるそうです
アシスタントテレビディレクターの仕事内容とは、ディレクターの手足となって補佐する役回りを担うことです。
テレビ番組を作るには大勢の人が関わっているので、仕事に一番必要なスキルとは、コミュニケーション能力です。

スポンサードリンク

アシスタントテレビディレクターの仕事の年収・やりがい・本音に関連する記事

人気記事ランキング