俳優の仕事の年収・やりがい・本音

お金を稼ぐ方法ネット>>お金の悲喜>>俳優の仕事の年収・やりがい・本音

俳優の仕事の年収・やりがい・本音

俳優 仕事の年収・月収

俳優は年齢が若くても、人気と実力さえあれば年収が一億を超えることも不可能ではない職業です。実際、若手俳優の代表格、小栗旬も32歳にして年収は2億円と言われています。一時間ドラマの出演料の相場は、主役レベルであれば1本あたり100〜500万円ほどと言われ、連続ドラマともなれば、ワンクール(3ヵ月)だけで何千万円もの収入になることもあります。映画の場合も一本あたりの出演料は100〜500万円ほどです。参考までに、女性に絶大な人気を誇る福山雅治の推定年収は、7億円とも言われ、これは本業の俳優の仕事以外にCM出演料も含まれるものと思われます。またドラマ半沢直樹で一世風靡した堺雅人の推定年収は3億8000万円です。しかし、俳優の仕事は人気商売のため、一度人気が落ちてしまうと年収も落ちてしまうことも。それだけに、先の保障もなく収入も安定しない厳しい世界と言えます。

スポンサードリンク

俳優 消える職業?消えない職業?

90年代のバブル時代、トレンディドラマが流行した頃と比べると、現在はドラマの視聴率は低迷し、制作費も削られていますが、そんな中でもドラマに対する熱い思いを持つ制作陣によって作られた良質なドラマは、高い視聴率を叩き出しています。良質な作品作りには、やはりきちんと演技ができる俳優が必要であり、今後もその傾向は強まるものと予想されます。したがって、俳優が消える職業か消えない職業のどちらかと言えば、「消えない職業」として今後も活躍していくことでしょう。

俳優 将来性・安定性

夢のある仕事ですが、実際に俳優として食べていくためには多くの人が下積み時代にアルバイトを掛け持ちしたりしています。仮に万が一運良く俳優として活躍できるようになったとしても、人気商売であるがゆえ、ずっと高給が得られるという保障や安定もないので、将来性や安定性を考えた場合、不安定な仕事と言わざるを得ません。たとえ、実力と運を兼ね備えた将来性のある俳優でも、生き残るためには日々の研鑽は必要であり、安定とは無縁の、常に努力を求められる職業と言えるでしょう。

俳優 仕事のやりがい・本音

俳優の仕事のやりがいとは、「その芝居を見ている人々の心を動かしたとき」と言われています。自分の演技で、お客さんが涙を流したり、喜んでくれたりするのは、俳優という仕事の一番の醍醐味であるとの本音も聞けました。また、現在ではDVDやブルーレイディスクなど、自分が出演したドラマなどが作品として代々歴史に残るということも、この仕事のやりがいと言えます。

俳優 仕事の良い点

この仕事の良い点とは、みんなで作品を作り上げていくチームの一体感と、作品が完成したときの感動を、作品作りに携わった多くの人と分かち合える点です。俳優という仕事は自分一人だけでは成り立たない仕事です。スタッフや共演者など、多くの人が一つのチームとなり一丸となって取り組むことで、良い作品を作ることができます。作品の完成までには苦労も多いですが、それだけに出来上がったときの喜びは、俳優とスタッフとの垣根を越え、みんなの絆が深まる良いものであると言えるでしょう。

俳優 仕事の悪い点

俳優の仕事の悪い点と言えば、有名になればなるほど、完全にプライベートがなくなることです。とくに人気俳優になれば、芸能レポーターや週刊誌などから追われ、今やツイッターなどで逐一、自分の行動の情報が流出する始末です。俳優としての名声を手に入れる代償に、一般人のような生活ができなくなる悪い点があることを、覚悟しなければ、俳優という仕事は続けることはできないでしょう。

俳優 仕事の内容

俳優の仕事内容とは、映画やテレビ番組、舞台などに出演し、演技をすることです。仕事の内容によって異なりますが、事前に本読み・役作りを行った上、本番前に何度も打ち合わせを重ね、リハーサルを行って本番を迎えます。台本を読んで自分で考えて役作りをすることもありますが、基本的には演出家や監督が持つ作品の意図を理解し、求められていることを演技で表現するのが、この仕事の本質と言えます。

スポンサードリンク

俳優 仕事に必要な資格

俳優になるのには、資格も免許も必要ありません。はじめは劇団や芸能事務所に所属するために、オーディションを受け、研究生になり、そして、基本的なレッスンを受けながら、映画・ドラマのオーディションに挑むことによって初めて、俳優としての一歩を踏み出す資格が得られます。最近ではモデル、歌手、タレント、アイドル、コメディアン、スポーツ選手など、様々な職種から知名度のある人間が俳優業に転向するケースが増えてきているようです。

俳優 仕事に必要なスキル

俳優の仕事をするうえで、絶対に必要なスキルとは、言うまでもなく演技力です。台本を読んで自分なりの解釈をすることができるか、観る人の心に届くような演技ができるかどうかが何よりも重視されます。また、常にたくさんの人のチームワークの中で仕事をしていくことになるので、周りの人に気遣いのできるコミュニケーション能力があることも、俳優としてやっていくために、必要不可欠なスキルです。

俳優 仕事のまとめ

俳優の年収は、人気と実力さえあれば年収が一億を超えることも不可能ではありませんが、保障はないので、常に努力を続ける覚悟が必要です。しかし、自分の演技で多くの人の心を動かし、感動を与え、作品が後世まで残るというのは、俳優という仕事の醍醐味であり、大きなやりがいにも通じるようです。自分で台本を解釈して役作りすることもありますが、基本的には演出家や監督が持つ作品の意図を理解し、求められていることを演技で表現するのが、俳優の仕事です。資格は必要ありませんが、作品作りには多くの人と関わる必要があるので、演技力に加え、周りの人と上手くやっていくためにコミュニケーション能力は不可欠です。

スポンサードリンク

俳優の仕事の年収・やりがい・本音に関連する記事

人気記事ランキング