音響スタッフの仕事の年収は600万円位。裏方の仕事だがたくさんのタレントや知識人と出会える!

お金を稼ぐ方法ネット>>お金の悲喜>>音響スタッフの仕事の年収は600万円位。裏方の仕事だがたくさんのタレントや知識人と出会える!

音響スタッフの仕事の年収は600万円位。裏方の仕事だがたくさんのタレントや知識人と出会える!

音響スタッフの仕事の年収・月収

音響スタッフの仕事の年収や月収は、外から見るほど高いものではありません。大学卒業後、入社しても月収20万円程度の事もあります。年齢を重ねて、いくつかポジションが上がったとしても、年収600万円前後くらいです。音響スタッフの仕事の年収や月収は、なかなかシビアです。

スポンサードリンク

音響スタッフは消える職業?消えない職業?

放送業界にしろ、音楽業界にしろ、音が無くては成り立たない世界です。という事で、音響スタッフの仕事は、欠かす事の出来ない重要なポジションであるので、これからも必要とされ、生き残り続けるでしょう。音響スタッフの仕事は、これからも消えない職業として存在し続けるでしょう。

音響スタッフの仕事の将来性・安定性

音響スタッフの仕事は、テレビ業界や音楽業界が無くなってしまわない限り存続しますので、音響スタッフの仕事の将来性は大いにあると言えます。ただ、安定性に関しては、専門性が非常に高い職種なので、その中でのスキルアップをしていかないと、首を切られてしまう可能性も出てきます。音響スタッフの仕事の安定性は、その人の実力によって得られるでしょう。

音響スタッフの仕事のやりがい・本音

音響スタッフの仕事のやりがいとしては、表に出ない裏方の仕事ではありますが、音響スタッフの腕前次第で、番組の音が変わってくるので、そういう点でやりがいを感じる事ができます。また色々なセクション(PA、舞台監督、照明、特効、制作、プロデューサーやディレクター、VTR収録)のスタッフと、ひとつの番組を造り上げて行く過程と達成感は素晴らしい。ただ、プロデューサーが思い描くような音を取るためには、何回も収録したり、編集に時間が掛かったりという労力が大変だという本音もあります。

音響スタッフの仕事の良い点

音響スタッフの仕事の良い点は、テレビ局での仕事になると、たくさんのタレントや知識人と出会える事です。また、自分のスキルを生かせたり、クリエイティブな仕事に携わる事が出来るので、とても楽しく仕事が出来ます。生の舞台やコンサートを間近に見れるのも、音響スタッフの仕事の良い点でしょう。

音響スタッフの仕事の悪い点

音響スタッフの仕事の悪い点は、放送業界も音楽業界も、就業時間が不規則だという点です。 そのうえ、1回の拘束時間が長いという点もあります。テレビでの生放送の場合は放送トラブルが起きないように分岐した回線等の事前チェック等をしておかなれければなりません。仕事上の責任のプレッシャーはかなり大きいです。また、平均的に音響スタッフの仕事の給与が他の職種と比べて低めという点も、音響スタッフの仕事の悪い点に挙げられます。忙しすぎるため、体力的精神的にキツく、新人もすぐ辞めてしまうこと多いようです。

スポンサードリンク

音響スタッフの仕事の内容

音響スタッフの仕事の内容は、舞台やコンサート、映画、テレビなどの上映・作成の際に、音楽関係を担当する事です。重い機材を運びセッティングし、出演者のピンマイクを仕込んだり、マイクを立てたり、ケーブルを直したりなどです。「ミキサー」と呼ばれる事もあります。テレビ 局でのフロア業務は主にセッティングです。放送に必須のワイヤレスマイクを組み立て、念のための予備のマイクを番組セットに合わせた形で用意します。芝居ではライブレコーディングやそのトラックダウンや機材メンテナンス等が主な業務内容です。特に、音楽番組やレコーディングでは、音楽スタッフの仕事の良し悪しが、その音楽の良し悪しにもつながっていくので、音響スタッフの仕事の内容は、重要な意味を持ちます。

音響スタッフの仕事に必要な資格

音響スタッフの仕事に必要な資格はありません。けれども、基礎的な知識を持っていた方がいいので、電気系や音響関係の学部のある大学や専門学校を卒業したり、このような関係の資格を持っていると就職にも有利になります。最近では、コンピューターで作成する音楽もあるので、コンピューター関係の知識も必要でしょう。

音響スタッフの仕事に必要なスキル

音響スタッフの仕事に必要なスキルとしては、音響機器をパソコンで扱う事が多いので、パソコンを使いこなすスキルは必要です。また、配線などの電気系スキル、テレビ映像や音声技術のスキルも必要です。何よりも、時間的にも体力的にもハードな仕事ですので、それに耐えうる精神力も必要でしょう。

音響スタッフの仕事のまとめ

音響スタッフの仕事は、音楽番組や映画、舞台など、あらゆる音響がついてくる物には、必要不可欠の仕事でありながら、あまり待遇面で優遇されているとは言いがたい職業です。でも、番組作成の中で重要なポジションを占めているので、とてもやりがいがある職業と言えるでしょう。

スポンサードリンク

音響スタッフの仕事の年収は600万円位。裏方の仕事だがたくさんのタレントや知識人と出会える!に関連する記事

人気記事ランキング