フライトアテンダントの年収・やりがい・本音

お金を稼ぐ方法ネット>>所詮この世は金と愛>>フライトアテンダントの年収・やりがい・本音

フライトアテンダントの年収・やりがい・本音

フライトアテンダント 仕事の年収・月収

フライトアテンダントの仕事の月収はおよそ25万円から35万円、年収はおよそ400万円から500万円となります。
フライトアテンダントはだんだんと年収が下がってきており、平成13年には平均679万円ほどでした。さらにLCCなどのローコストの航空会社も増えており、価格競争が激しく年収もあまり高くならないのが現状です。

スポンサードリンク

フライアテンダントは、消える職業?消えない職業?

フライトアテンダントは今後も消えない職業ですが、仕事内容は多様化してきています。
大手航空会社のフライトアテンダントはフライト中に乗客へサービスを行いますが、LCCなどのローコスト運営を行う航空会社の場合、地上勤務として乗客の案内や誘導を行うこともあります。
フライトアテンダントは航空会社が存続している限り必要とされるため、今後も消えない職業となります。

フライトアテンダント 仕事の将来性・安定性

フライトアテンダントの仕事の将来性について、グローバル化が進むことで海外へ移動する人も増えてきています。飛行機を使う機会もどんどん増え、フライトアテンダントの仕事も需要が高まり将来性があります。
また、収入面では安定性がありますが、入社直後は契約社員で働く場合が多く、乗務時間中は手当が出るため乗務時間によって収入も変化します。
大手航空会社のANAは、2014年より契約社員の雇用制度を廃止して正社員雇用へと切り替えたため、将来性にも期待できます。

フライトアテンダント 仕事のやりがい・本音

フライトアテンダントの仕事のやりがいは、乗客に合わせた接客を行い求められるサービスを提供できた時にやりがいを感じます。
フライトアテンダントは安全安心を乗客に届けるためにサービスを行いますが、飛行機に乗る人は年齢も国籍も様々に異なります。常に安全確認を行い、無事に目的地まで到着できると非常に大きな達成感とやりがいにつながります。
しかし、フライト中は何が起こるかわからないのが本音で、常に様々な非常事態を想定して置かなければなりません。

フライトアテンダント 仕事の良い点

フライトアテンダントの仕事の良い点は、乗客との距離が近く、きめ細やかなサービスを行って喜んでもらえる点です。単純に飛行機への案内や機内食を配るだけではなく、一人ひとりに向き合って様々なサービスを行います。
フライトアテンダントは日本国内だけでなく、海外へも行くことができ、様々な土地に行くことができるのも良い点です。

フライトアテンダント 仕事の悪い点

フライトアテンダントの仕事の悪い点は、非常に体力を消耗しやすい仕事のため体調管理が重要となる点です。
フライトアテンダントが体調不良では良いサービスを提供することができず、緊急事態の判断力も低下するため危険度が増します。
海外へのフライトの場合、時差があるためさらに体調を崩しやすくなります。日頃の体調管理が非常に大切になることが悪い点です。

スポンサードリンク

フライトアテンダント 仕事の内容

フライトアテンダントの仕事の内容は、旅客機に登場し、乗客の案内や機内サービス、保安管理に関する仕事を行います。
フライトアテンダントは、機内で様々なトラブルが起こった時には迅速な行動で乗客の安全を確保し、避難誘導を行います。また、機長からの指示を乗客に伝えて安全に目的地へ送り届ける仕事でもあります。

フライトアテンダント 仕事に必要な資格

フライトアテンダントの仕事に必要な資格はありませんが、航空会社の就職試験に合格して初めて仕事ができます。しかし、応募資格が決められているものがあるため、条件に満たない人は試験を受けられない場合があります。
外資系の航空会社に就職する場合は英語力が求められるため、TOEIC600点以上、もしくはそれ以上が求められます。

フライトアテンダント 仕事に必要なスキル

フライトアテンダントの仕事に必要なスキルは、高いコミュニケーションスキルと英語力です。近年では中国語や韓国語の語学スキルを持っていると就職にも有利になる可能性があります。
フライトアテンダントは乗客を機内に案内したり、トラブルへの対応を迅速に行う判断力が必要です。また、急病人が出た場合、常に医師がいるわけではないため自分が救急措置を行うなど、医療や看護系のスキルも必要です。

フライトアテンダント 仕事のまとめ

フライトアテンダントの仕事は、旅客機に搭乗する乗客を安全に目的地へと送り届ける仕事です。フライト中は様々なトラブルが予想されるため、柔軟に対応できる判断力が重要となります。海外からの旅行客や小さな子どもへの対応も必要とされます。
フライトアテンダントは日本国内だけでなく、海外へのフライトを担当する場合もあります。英語を使ったコミュニケーションは必須で、高い英語力が求められます。

スポンサードリンク

フライトアテンダントの年収・やりがい・本音に関連する記事

人気記事ランキング