プログラマーは消える職業・無くなる仕事!?

お金を稼ぐ方法ネット>>お金の悲喜>>プログラマーは消える職業・無くなる仕事!?

プログラマーは消える職業・無くなる仕事!?

プログラマーは消える職業・無くなる仕事!?

プログラマーの仕事はヨーロッパでは外注化がどんどん進んでいて、消える職業と言われているそうです。
今は人手不足で花形職業の様なんですが、本当に消えてしまうことになるのでしょうか?

スポンサードリンク


何故、プログラマーの仕事が無くなってしまうと予測されているかというと、システム開発の仕組みが完全に構築されているためだからだそうです。
ただ、システムはPDCAに合わせて進化させ運用する必要がありますね。そのためにはプログラマーが対応するしか無いはずなんですが。
しかもシステム運用にはコミュニケーション力が一番大事ですから、人間(プログラマー)のトータル力が間違いなく必須です。

日本でもヨーロッパのように東アジア等のコストが安い国に、プログラマーの仕事が外注されていくのは自然な流れでしょう。
しかし今のアベノミクスでの円安傾向の持続や外注先の国の経済発展の今後を予測すると2020年にには外注するメリット自体が無くなりそうです。

もちろんプログラミングそのものがAIに任されていくことは想像できます。しかし進化していくシステムを作ろうとすれば、しばらくはプログラムに手を入れ続けることが必須で、どう考えても人間の経験値の高いプログラマーの手は離れられません。

仕事を失って消えていくプログラマーのタイプとは?

ただ、もちろん2020年までに仕事を失って消えていくプログラマーはかなりの数いるとは思います。
仕事が無くなり自然に消えていくプログラマーは、こんなタイプですね。

単純作業だけしているプログラマーには仕事がなくなります。いわゆる下請け的に仕様書に書かれてある順番通りにプログラムを作成するプログラマーです。
ほぼスキルはいらないわけです。誰でも替りを務められる仕事ですから、これは海外への外注がまたたく間に進みそうです。

スポンサードリンク

また、最新の技術に興味を持たず、劣化していくプログラマーにも先はなさそうです。今はやりの仕事は仕事、プライベートはプライベートと割り切るタイプですかね。それでも、仕事に興味を持って勉強を続けていればよいのですが、そういう情熱も失ってしまっている人々です。日々新しい技術が登場するプログラマーの世界では最新技術が1,2年後には陳腐な技術になってしまいますからね。遅かれ早かれ自然淘汰されてしまうでしょう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

役職定年を迎えた55歳の窓際サラリーマンの私はネット副業にチャレンジしました。
その結果、「ほったらかしで稼ぐ仕組み」をつくり月250万円を不労所得のように稼げるようになりました。
そのプロセスを今だけ無料でメルマガの中で公開しています。

5年間500万円を超える情報商材への時間とお金の投資でつかんだ私の知識と経験知を得ていただけます。
ネット副業の核心を無料で知ることができますので、ご興味があればどうぞ登録されてみてください。

→窓際サラリーマンでも出来たネット副業ほったらかし成功法

スポンサードリンク

プログラマーは消える職業・無くなる仕事!?に関連する記事

人気記事ランキング