点字通訳者の仕事の年収・やりがい・本音

お金を稼ぐ方法ネット>>お金の悲喜>>点字通訳者の仕事の年収・やりがい・本音

点字通訳者の仕事の年収・やりがい・本音

点字通訳者 仕事の年収・月収

点字通訳者の収入は、全国平均に比べてやや低い傾向があります。具体的なデータとしては、年収の平均は約350万円、月収では約24万円と言われています。額面だけで見ると金額的にはそこまで低い水準ではないのですが、平均年齢が約40歳という点から考えると、低いと言わざるをえません。現状ではボランティアとして働く人が多いのも、水準が低い理由の一つでもあるようです。技術職で社会の中でも重要な位置づけの職業なのですが、現状は中々世知辛いものがあります。

スポンサードリンク

点字通訳者の仕事は、消える職業?消えない職業?

視覚障害者の方にとっては、点字通訳者の存在はとても重要なものです。そのため点字通訳者のニーズが今後なくなるとは考えにくいといえます。近年では外国語の自動翻訳と同様、点字の自動翻訳というものの存在もありますが、やばり現状では機械翻訳では不自然な部分が多く、やはり点字通訳者のニーズはいぜんとして消えないでしょう。
そのため、点字通訳者は消えない職業ということができます。ただし、現在ではボランティアとしての点字通訳者が求められている点等から、お金をもらう職業としての点字通訳者は消える職業となり、ボランティアの分野の一つとなる可能性もあります。

点字通訳者 仕事の将来性・安定性

安定性、将来性共に難しい部分があるといえます。
安定性に関してですが、現在では点字の通訳をボランティアに頼っているという難点があります。これは、他の職業に就いている人がボランティア感覚でやらないと収入が期待出来ない……という側面があります。そのため、安定性に関しては難しい部分があるといえます。
将来性に関しても、年収の平均額から考えると中々厳しい物があるといえます。平均年齢から考えると年収額も水準が低く、将来性に関しても厳しい物があると言わざるを得ません。

点字通訳者 仕事のやりがい・本音

点字通訳者の仕事は、書物や街の標識、注意書き等を点字に翻訳し、視覚障害者の方が読めるようにすることです。そのため、『視覚障害者の方の役に立っている』という実感を得やすく、それが大きなやりがいとなっている方も多いようです。
また、点字通訳者の方はボランティアとして働いている方も多くいらっしゃいます。その点が、本音として収入ではなくやりがいや奉仕の精神で働いている方が多い証拠でもあるようです。

点字通訳者 仕事の良い点

点字通訳者の仕事は、いわゆる福祉の範疇の仕事であり、人の役に立つ仕事の一つです。収入ではなくボランティアとして働く人がいるほどに強いやりがいを感じることが出来る仕事なため、自身の仕事にやりがいを求める人、人の役に立ちたい人にとっては良い点といえるでしょう。
また点字通訳者の仕事は、女性にとって結婚や出産の影響の少ない、働きやすい職業ということが出来ます。事前に職場への報告や相談は必要になるケースは有るでしょうが、結婚や出産を期に職場環境が変わるということがあまりなく、女性の方にとっては、良い点といえるでしょう。

スポンサードリンク

点字通訳者 仕事の悪い点

ボランティアとして働く人が多いという事は、逆に考えると収入源としては期待出来ない部分が多いということです。この点は、点字通訳者として生きていきたい人にとっては、悪い点といえるでしょう。
特に点字は専門知識と技術が必要な技術職でもあるのですが、現状ではボランティアの方に頼っている部分も大きいようです。技術や知識を苦労して身につけても、ボランティアとして働くことしか出来ない現状は、点字通訳者としては悪い点と言わざるを得ません。

点字通訳者 仕事の内容

視覚障害者の方は、書物や注意書きなどの文字を読むことが出来ません。そういったものを、視覚障害者の方でも読める様に点字に翻訳するのが、点字通訳者の仕事内容になります。
翻訳するものは多岐にわたります。点字図書館にある書籍や新聞、雑誌などの他に、都道府県や指定都市などの点字広報など様々で、点字通訳者が活躍する場は現在も広がりを見せています。

点字通訳者 仕事に必要な資格

点字通訳者になるのに必要な資格は特にありません。関連する資格として『点字技能士』という資格がありますが、無くても仕事そのものを行う言葉出来ます。
なり方ですが、点字に関する知識と技術を習得する必要があります。これは専門学校やスクール、通信教育講座などで取得することが可能です。
点字技能士の資格は、点字資料製作の経験が3年以上必要なため、まずは技術とスキルを身につけ実務経験を積んだ後にチャレンジする必要があるようです。

点字通訳者 仕事に必要なスキル

まずは、点字に関する知識と技術が必要なスキルといえます。通常の文章を点字に翻訳するため、これらのスキルは必須といえます。特に点字を作成する際に使う点字タイプライターという道具は、使うのにちょっとしたコツのようなものも必要になるようです。そういったスキルも必要なスキルといえます。
また、国語力も必要なスキルと言われています。点字とはいえ文章を書く仕事なので、性格な日本語で正確な文章を書く能力は絶対に必要です。
必要な素養としては、障害者福祉の携わる仕事ということから、視覚障害者に対する理解力と言われています。

点字通訳者の仕事のまとめ

視覚障害者の方にとっては、必要不可欠な仕事といえます。しかしながら現状ではボランティアに頼っている部分も多く、中々現状では厳しい面があるといえます。
現在もまだまだ点字通訳者のニーズはあるのですが、ボランティアで働く人が多い関係上、現在は『ボランティア精神のある人』が必要な素養として挙げられるほどに、収入源としては期待できない部分があります。特殊技術が必要な職種が必要な仕事なのですが、そういった点から考えると、将来性や安定性に関して厳しいと言わざるを得ません。
まとめるとボランティアとしての側面が強い職業といえます。現状では収入をえる職業としてよりも、ボランティア活動の一環として考えておいたほうがよいようです。

スポンサードリンク

点字通訳者の仕事の年収・やりがい・本音に関連する記事

人気記事ランキング