小学校教師の仕事の年収・やりがい・本音はコレ

お金を稼ぐ方法ネット>>お金の悲喜>>小学校教師の仕事の年収・やりがい・本音はコレ

小学校教師の仕事の年収・やりがい・本音はコレ

小学校教師 仕事の年収・月収

小学校教師の仕事の年収は、平均で700万、
月給は42万、年間ボーナスが200万程度になります。

小学校教師の年収は勤務年数を重ねる毎に増えて行き、
40代になると700万を超えると言われています。

地方公務員一般職に該当する小学校教師は、
リストラの心配もなくお給料が安定しており、人気の高い職業になります。
芸能人ではB’zの稲葉浩志さんが、小学校教員免許を所持しています。

スポンサードリンク

小学校教師 消える職業?消えない職業?

少子化の傾向にある今、小学校教師は消える職業?消えない職業?と言う声が聞こえますが、
公務員である小学校教師の仕事が無くなる事はありません。

それどころか、ここ数年では教師不足によって採用人数が増え、
小学校教師になりやすい状況が続いています。

少子化対策もあって、出生率も増えつつあるため、
小学校教師の仕事は消える職業?消えない職業?と心配する必要はありません。

小学校教師 将来性・安定性

勤務年数が増えるほど、
高収入になる小学校教師の将来性は明るいです。

そして、公務員のためリストラもなく待遇の良い小学校教師は、
安定性の面でも安心出来ます。

福利厚生の面でも他の企業に比べて充実しているため、
小学校教師の仕事の将来性や安定性は有望と言えます。

小学校教師 仕事のやりがい・本音

小学校教師の仕事のやりがいは、
人格形成の大切な時期である子供達の教育に関われる事です。

教師は勉強だけではなく、
生徒たちの人間性を養うことが出来る素晴らしい職業です。

やりがいに溢れる小学校教師ですが、
労働時間が長い事が体力的に辛い事も本音です。

残業だけでなく、
家に持ち帰って仕事をこなす教師も少なくありません。

子供の成長を見られることは大きなやりがいですが、
残業代が出ない事に不満を覚える事も小学校教師の仕事の本音になります。

小学校教師 仕事の良い点

小学校教師の仕事の良い点は、福利厚生が充実している所や、
将来のある子供達と間近で関わる事が出来ることです。

他にも、給食があるのでお昼代が安く済んだり、
また学校に通うことが出来る懐かしさなどが、
小学校教師の仕事の良い点として挙げられます。

スポンサードリンク

小学校教師 仕事の悪い点

小学校教師の仕事の悪い点は、時間外勤務が多いことです。

学級担任を受け持つ場合は、
休日出勤をしても代休が取りづらい場合が多いです。

他にも、子供同士のトラブルの対処や、
不満を持つ保護者の対応をしなくてはいけないことが仕事の悪い点に挙げられます。

小学校教師 仕事の内容

小学校教師の仕事の内容は、
担任を受け持つ生徒たちに、
殆どの科目の勉強を教える事です。

そして、勉強以外にも子供たちの個性を伸ばしたり、
一人一人の成長をサポートすることも大切な仕事内容です。

他にも、テストの採点や授業の準備、
遠足の企画など数々の仕事があります。

小学校教師 仕事に必要な資格

小学校教師に必要な資格は、小学校教員免許状です。

教職課程のある大学院、大学、短大などで学び、
その課程を修了することで専修、1種、2種のいずれかの免許状を取得することができます。

他にも、教員資格認定試験を受けて合格することで、
2種免許状という仕事に必要な資格が得られます。

免許状を得た後は、各都道府県で行われる教員採用候補者試験を受けて採用されることで、
小学校の教師として勤務することが出来ます。

小学校教師 仕事に必要なスキル

小学校教師の仕事に必要なスキルは、
教科指導能力や生徒を指導する為の知識です。

そして、子供同士のトラブル時に問題を
迅速に解決するスキルも必要です。

他にも、豊かな人間性や生徒たちへの教育的愛情を持つことが、
小学校教師の仕事に必要なスキルとなります。

スポンサードリンク

小学校教師の仕事の年収・やりがい・本音はコレに関連する記事

人気記事ランキング