医師の仕事の年収・やりがい・本音

お金を稼ぐ方法ネット>>所詮この世は金と愛>>医師の仕事の年収・やりがい・本音

医師の仕事の年収・やりがい・本音

医師 仕事の年収・月収
医師の収入は、全体の平均とくらべても抜きん出て高額と言われています。中には非正規の職員として働く医師もいますが、それでも他の職業に比べて収入はかなり高い傾向があります。
具体的なデータを見ると、年収では約1154万円、月収でも約90万円と、ずば抜けています。
これは、医師になるには国家資格でも難関な医師免許が必要な職業である点や、その免許を取得するためにかかる費用が極めて高い点、非情に専門性が高く、人の命を扱うという重責を担う点などが理由です。
医師の仕事は、消える職業?消えない職業?
医師は、人が生活していく上で避けて通ることの出来ない病気や外科を治療し、命を救う職業です。診察や診断、研究といった数々の仕事内容が医師にはありますが、医師の仕事の根本はこれです。
病気や怪我かこの世からなくなるということは絶対にありえないので、結果的に医師の仕事は消えない職業ということが出来ます。今後はコンピュータに取って代わられると主張する人もいますが、少なくとも向こう数十年の間に消える職業となることはないといえるでしょう。
医師 仕事の将来性・安定性
安定性、将来性は共に高いといえます。
安定性に関して言えば、その高い収入が約束されている部分が大きいといえます。特に、仮に一度医師の仕事を離れたとしても、次の仕事を見つけることは比較的容易ですし、アルバイトやパートで働いたとしても、高い収入が期待できます。こういった職業は中々ありません。
将来性に関しても同様に高いといえます。また医師という職業の特徴として、年齢が高くなってくると独立を考える人が多くなるという点があります。そうなれば、本人の努力次第では、更に高い収入を得ることもできます。そのため、将来性もまた高いといえます。
医師 仕事のやりがい・本音
医師の仕事は、人の命を助けるという、ある意味では『究極の人助け』といえる職業です。病院を訪れる患者さんの悩みや苦しみはそれこそ千差万別ですが、持てる知識と技術のすべてを駆使して患者さんを治療し、救うことで、患者さんやその家族から感謝の言葉をいただける場合があります。そういった時、なにより大きいやりがいを感じることが出来る……と答える医師の方は多くいらっしゃいます。
また、患者さんの中には、医師に命を救ってもらったことで、その後の人生が劇的に変わる人もいます。今までと比べると性格が明るくなり、家族や友人との関係が改善されるなど、人の行き方まで変える可能性を秘めているのが、医師という仕事です。それもまた、医師が出来る人助けの一つであり、やりがいであるという本音を持っている方も多くいるようです。
医師 仕事の良い点
何と言っても、その安定した高水準の収入が挙げられます。他の職業に比べて、極めて高水準の収入を得ることが出来ます。これはアルバイトであっても同様で、たとえ非正規の職員として働いていたとしても、かなり安定した収入を得ることが出来ます。これは、良い点とであるといえます。
また一度医師になってしまえば、職に困ることはないというのも良い点です。医師免許さえもっておけば、医師不足の昨今ですから、次の職場を見つけることもそう難しいことではありません。全国どこに引越ても、職に困るということはないでしょう。これもまた、医師という職業の良い点であるといえます。
医師 仕事の悪い点
医師の仕事は人の命をタズ狩る仕事なため、どんなに些細で小さな仕事であっても気を抜くことが許されません。大きな手術の時はもちろんのこと、毎日のなんでもない診察であっても、それが後々重大な結果を招く場合もあります。そのため、決して気を抜くことが出来ません。これは、リラックス出来る環境で仕事を行いたい人にとっては悪い点といえます。
また、医師の仕事は高収入な分、多忙を極めます。そのため、規則正しい生活を送ることが困難になります。特に近年、医師不足が叫ばれている『産婦人科』 や『救急科』で働く臨床医の人たちは、24時間体制で仕事を行っています。そのため睡眠や食事の時間すら満足に取ることが出来ない状態が続く場合もあります。これもまた、悪い点といえるでしょう。
医師 仕事の内容
医師の仕事は大きく分けて、実際に患者さんの治療にあたる『臨床医』と、研究を重ねて病気や怪我の治療方法を解明する『研究医』の2つに分かれています。
臨床医の仕事は、実際に患者さんの病状を確認し、不調の原因を探り当てるところからスタートします。原因が特定されれば、その原因を取り除き、症状を緩和、完治させるための治療を行います。時には他の医療スタッフに的確な指示を行う必要もあります。女性タレントとしても有名な西川史子さんですが、医師免許を持っている彼女は現在も臨床医として病院で勤務をしています。
一方、世の中はまだまだ未知の病気で溢れかえっています。そういった病気の原因を特定し、治療法歩を確立するべく、日々研究を重ねているのが研究医です。こちらは実際に患者さんに触れるケースは少ないですが、それでも研究によって、人々の命を守っていることに変わりはありません。北里大学の創始者としても知られる北里柴三郎さんですが、彼は破傷風やジフテリアの血清療法を生み出しています。
医師 仕事に必要な資格
医師になるには、国家資格である医師免許を取得する必要があります。この医師免許を取得するには、まず医科大学や医学部の有る大学に進学することが絶対条件となっています。
医学部のある大学は国公立、私立問わず入学が極めて困難で、他の大学と異なり6年制です。その6年の中で、医師に必要な技術や知識をまんべんなく、みっちりと学んでいきます。
この6年制の課程を卒業した人や卒業見込みの人だけに、医師国家試験の受験資格が与えられます。合格率は9割と言われていますが、決して難易度が低いわけではなく、それだけみっちりとした勉強が必要になっています。
医師免許を取得した後は、「研修医」として2年間の研修が義務付けられています。その研修がすべて終わると、一人前の医師としてのスタートを切ることが出来ます。
医師 仕事に必要なスキル
スキルや知識、技術に関しては、学校でそれこそみっちりと身に付けるため、特別に必要なスキルというものは特に無いでしょう。
必要な素養としては、使命感というものがあります。命に直接関わる職業であるため、責任感が強く、使命感を持って仕事に臨むことが医師には求められます。
また、近年では医師不足からくる医師の激務も問題視されています。そのため、長時間の激務に耐えられる体力も必要な素養といえるでしょう。
併せて、日進月歩の医療技術を貪欲に吸収していく勉強熱心さというのも、必要な素養であると言われています。
医師の仕事のまとめ
現在では高収入の代名詞ともいえる医師という仕事ですが、その高収入には、専門性が高く、激務で責任が重いという、れっきとした理由があります。
人の命を直接扱う仕事ですから、その責任の重さは他の仕事に比べて比較になりません。一つ間違えると患者さんの命を奪うことにもなりかねないため、大きなプレッシャーの中で、医師の方たちは仕事をしています。
その分やりがいも大きく、患者さんからの感謝の言葉を聞く度に、『またがんばろう』という気が湧き上がるといいます。高収入意外にも、医師の仕事には魅力が詰まっています。
また、医師としての職能を活かして、別の仕事でも成功を収める方もいらっしゃいます。作家の海堂尊さんは、医師としての経験と知識を活かして執筆した『チームバチスタの栄光』という作品が大人気を博しました。それだけ、医師という仕事は知識やスキルの必要な職業で、他の人達の興味も尽きない素晴らしい職業であるとまとめることができるかもしれません。

スポンサードリンク

医師の仕事の年収・やりがい・本音に関連する記事

人気記事ランキング